産後のホルモンバランスを整える四つの方法

豆乳を飲む女性

出産後、ママの体にはさまざまな変化が起こります。その原因は、出産や育児によってホルモンバランスが乱れていることにあります。体調を順調に回復させるには、ホルモンバランスを整えることが重要です。

ここでは、産後にホルモンバランスが乱れる原因と症状、また、ホルモンバランスを整える四つの方法をご紹介します。

産後にホルモンバランスが乱れる理由と症状

赤ちゃんとママ

妊娠中には、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンの働きが活発になっていますが、産後には急激に減少します。かわりに、プロラクチンという、母乳の分泌を促し排卵を抑制させるホルモンが増えます。

また、産後には生活のリズムが急激にかわります。まだ出産の疲れがとれておらず、慣れない育児でストレスや不安を抱える場合もありますから、体には大きな負担がかかります。この生活の変化と、女性ホルモンの急激な減少が、産後にホルモンバランスが乱れる主な原因です。抜け毛や肌荒れ、頭痛などの症状の他に、いらいらしたり悲しくなったり、精神的に不安定な状態になることもあります。

合わせて読みたい

産褥(さんじょく)期のママの正しい過ごし方について
産褥(さんじょく)期のママの正しい過ごし方について
初産の方にとって、出産後の生活は想像することしかできなくて不安に思うことがたくさんありますよね。出産後はもちろん育児が待っていますが...

産後のホルモンバランスを整える方法はこちら!

朝食

1.規則正しい生活を心がける

ホルモンバランスを整えるために、規則正しい生活をするように心がけましょう。夜間の授乳などで、つい生活習慣が乱れがちですが、はやめに早寝早起きの習慣を身につけるとよいです。徐々に、起床の時間をはやめていきましょう。

起きたらカーテンを開けたり、午前中に外に出たりして、朝日を浴びるようにすることも効果的です。睡眠不足が続いているなら、赤ちゃんがお昼寝している間に、一緒にお昼寝をしてみてください。毎日できるだけ同じ時間に食事をとるように心がけると、生活リズムを整えやすくなります。赤ちゃんのときから規則正しい生活をすることは、将来子どもが健全な生活習慣を身につける役にも立つでしょう。

2.健康的な食事をとる

栄養バランスのよい健康的な食事をとるように心がけましょう。減ってしまった女性ホルモンを補うために、納豆や豆腐などの大豆イソフラボンを積極的にとり入れるとよいでしょう。調理が簡単で、太る心配もしないですむ優秀食材です。

また、「ビタミンB6」も、ホルモンバランスを整えるのに欠かせません。ビタミンB6は、バナナやマグロ、大豆製品などに含まれています。そして、女性ホルモンを作る卵巣の働きを劣化させないために、「たんぱく質」もしっかり摂取してください。肉や魚、卵などに多く含まれています。貧血だとどうしても疲れやすくなってしまいます。レバーやマグロ、ひじきなどを食べて、「鉄分」を摂取するようにも心がけましょう。

母乳育児中なら、塩分・脂肪分の多い食事は避けましょう。乳腺が詰まる原因になります。一つの成分の過剰摂取にならないように、さまざまな食材をバランスよく食べることが大切です。赤ちゃんのお世話で忙しい時期ですが、意識して健康によい食材を選ぶようにしましょう。

33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
産後のホルモンバランスを整える四つの方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る