産後うつ病かな?と感じたら「エジンバラ産後うつ病質問票」を試してみて!

スポンサーリンク

質問表を書く女性
出産後、退院してからの生活は想像以上に大変なものです。入院中はおだやかな気持ちでいられたママも、家事に育児にと忙しい生活を送っているうちに、疲れがたまり、意味もなく泣けてきたりすることも。「何だか変だな?気持ちが落ち着かないな」と思ったら、「エジンバラ産後うつ病質問票」を試してみましょう。落ち込んだ気持ちをどうするのか、対策が見えてくるかもしれません。

産院から退院後、何だか気分がすぐれない

「産後うつ」は、慣れない育児を一生懸命しようとするあまり、プレッシャーや不安に押しつぶされてしまうママなどに見られ、治療せずに放っておくと虐待や育児放棄などにつながってしまうケースもあります。そうならないように、自身の小さなSOSに気づくことができるといいですね。

育児、家事・・・「しなくてはいけない」ことが多い?

退院した直後や、里帰りから戻ってすぐなど、慣れない子育てをしながら、家事をこなさなければいけなくなった時に、がんばりすぎるママは「すべてしなくてはいけない」と、自分を追い詰めてしまいます。程よく手を抜けて、気分転換が上手なママならよいのですが、完璧を目指しすぎるママはどんどん疲れがたまっていってしまいます。

涙が止まらない、体が動かないなどありませんか?

がんばりすぎる毎日を過ごすうちに、急に涙が流れてきたり、赤ちゃんやパパに感情的に怒鳴ってしまったり、なぜか体が動かせなくなったりと、自分でもなぜそうなってしまったのか分からない状態になることがあります。「おかしいな」と思い始めたら、パパや友人など周囲の人間が率先してママの話を聞いてあげるようにしましょう。

疲れすぎて「産後うつ」になっているかもしれません

話し相手がいなかったり、誰かに話してもすっきりしなかったりした場合は、毎日の生活に疲れすぎて「産後うつ」になっているかもしれません。「エジンバラ産後うつ病質問票」は、現在、産後うつの傾向があるかどうかを見るための質問票です。いきなり心療内科などにかかるのは不安が大きいと思いますので、まずは「エジンバラ産後うつ病質問票」を試してみましょう。

合わせて読みたい

誰もが産後うつになる恐れアリ?国が費用助成する産後うつ検診を受けるメリット
誰もが産後うつになる恐れアリ?国が費用助成する産後うつ検診を受けるメリット
出産したママが、育児の不安やストレスなどによって、心と体が不安定な状態になってしまう「産後うつ」の予防のため、2017年度から厚生労...

「エジンバラ産後うつ病質問票」とは?

1987年にイギリスで開発された「エジンバラ産後うつ病質問票」は、ママの産後うつの兆候を調べるためのテストです。信頼度が高く、現在では世界各国で採用されています。「産後うつ」の可能性があるといわれる点数は、日本では「9点以上」とされています。

「産後うつ」かどうかを見極める10の質問

「エジンバラ産後うつ病質問票」は、「うつの傾向」や「育児への不安」、「不眠」に関する10の質問から成り立っているスクリーニングテストです。これらの質問に、「いつもと同様にできた」、「あまりできなかった」、「明らかにできなかった」、「全くできなかった」などの回答が選択肢として用意されています。それぞれの回答に、0~3点の点数が割り振られ、合計点を出します。

質問票に回答するための注意点は?

質問票には正直に回答しなければ、正しい結果が出ません。したがって、プライバシーが守られる誰もいない空間で十分にリラックスし、正直に質問票に回答できる状態を用意しましょう。赤ちゃんのことが気になり気が散ってしまうこともあるので、その場合は信頼できる人に赤ちゃんを預けておきましょう。一方、回答する際に、昔の気持ちと今の気持ちで食い違っているためどう回答すればよいか分からない場合は、直近で7日間の自分の気持ちを参考にしましょう。

実施するタイミングはいつがいいのか?

産後うつを発症する人のうち多くの人が、産後1カ月以降に発症しているそうです。そのため、産後1カ月以降で様子がおかしければその時が質問票を実施するタイミングといえます。インターネットで自己診断ができるサイトなどもありますが、医師や助産師、保健師によって行われる場合の方が、より信用度が高い結果が出るでしょう。

合わせて読みたい

診療費無料に?産後うつへの健診費助成が増額される理由と助成の受け方
診療費無料に?産後うつへの健診費助成が増額される理由と助成の受け方
2017年、産後うつに対する健診費助成の増額が決定しました。そこで、なぜ今になって健診費助成が行われるようになったのか、助成を受ける...
30代後半。家族構成は夫、長女8歳、次女6歳です。職歴はIT系企業でのWEBサイト制作、製造業企業でのECサイト運営補佐を経験。ライター以外にも、夫の仕事を在宅で手伝っていますので、あまり家事をする時間がありません。子どもたちには、自分のことはなるべく自分で出来る様に教えています。ただ、お勉強については、いっしょに出来る様に時間を確保しています。子どもたちには毎日の生活とお勉強で、考える力をしっかりと身につけて欲しいと思っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
産後うつ病かな?と感じたら「エジンバラ産後うつ病質問票」を試してみて!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る