良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんのために飲酒はストップ!胎児性アルコール症候群の症状や特徴・治療法まとめ

ワイン

お腹の中にいる赤ちゃんは、胎盤を通してお母さんから栄養を受け取っています。お母さんがお菓子を食べればその栄養、タバコを吸えばその影響が赤ちゃんにも伝わります。つまり、お母さんがお酒を飲む=赤ちゃんがお酒を飲むということになるのです。今回は妊娠中の方が飲酒することにより、発症してしまう胎児性アルコール症候群についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

胎児性アルコール症候群について

カクテル

胎児性アルコール症候群とは、初めにも少し触れたように妊娠中にアルコールを摂取することにより、胎児に発症する先天性の病気です。胎児性アルコール・スペクトラム(Fetal Alcohol Spectrum Disorders)と呼ばれることもあります。奇形の赤ちゃんが生まれたり、などにより低体重の赤ちゃんが生まれたりする可能性があります。脳に障害を持って生まれてきてしまうこともあるようです。

妊娠中にアルコールを摂取した方のうち、3割が子どもに胎児性アルコール症候群が見られたとされています。この病気はアルコールの摂取量と発症率が比例するとされており、妊娠中にお酒を飲めば飲むほど赤ちゃんが胎児性アルコール症候群にかかっている可能性が高いということになります。

胎児性アルコール症候群の症状

手

1.発育の遅れ

先に述べたように、妊娠中にアルコールを摂取すると早産や流産、死産の確率が高まります。そのため生まれてきた赤ちゃんは未発達なことが多く、脳や中枢神経に障害を持っていることがあります。健康な赤ちゃんに比べて身体が5~10%小さいことや成長のスピードが遅いことなどが挙げられます。

2.中枢神経系への障害

胎児性アルコール症候群の赤ちゃんは身体や顔に奇形の症状が見られることがありますが、それらは程度によって改善することができます。しかし、見た目への影響は改善されることがありますが、ADHDなどの神経系の病気を発症することがあります。ADHDとは注意欠陥、多動性、衝動性などのある障害で、「集中すること」「じっとしていること」ができず、急に叫んだり、物を叩いたりすることがあります。

胎児性アルコール症候群の特徴

指

胎児性アルコール症候群患者において、もっとも著しくあらわれる特徴は顔つきです。頭が小さい「小頭症(しょうとうしょう)」といわれる症状が現れ、顔全体が平たく、目が小さく、鼻も低いことが多いとされています。また、唇が薄く、噛み合わせの悪さにより下あごが大きく発達することもあるとされています。耳の位置が低く、反り返っているという点も特徴の一つとして挙げられるでしょう。

顔つき以外の特徴としては、出生時の低身長や低体重、ADHDの症状が現れる(不注意、多動性、衝動性)、学習障害などがあるとされています。顔つきや身長体重については成長と共に改善されることもあります。ADHDやうつ病などの精神的障害は成人後も残ることがあるとされています。

合わせて読みたい

胎児アルコール症候群の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
胎児性アルコール症候群とは、妊娠中に飲酒をしてアルコールを摂取することによって胎児に起こる先天性疾患のことです。お母さんの食べたものはそのまま赤ちゃんに伝わります。そのため母体がお酒を摂取した場合、胎児もお酒を呑んだことと同じになるのです。 アメリカでは00.2~0.2%、フラ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃんのために飲酒はストップ!胎児性アルコール症候群の症状や特徴・治療法まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る