これは破水なの?破水、尿もれ、おりものの違いを知っておこう

良ければシェアをお願いします。

これは破水なの?破水、尿もれ、おりものの違いを知っておこう

妊娠中はもうすぐ赤ちゃんに会える喜びと、目まぐるしく変わる体の変化にいろいろ戸惑うことも多いですよね。特に出産が初めての妊婦さんは不安もたくさんあると思います。特に、の妊婦さんは、水っぽいおりものがたくさん出ると、破水なのかおりものなのか区別もつきにくかったりします。そこで今回はある程度自分で破水なのか、尿もれなのか、おりものなのかを判断するコツをお教えしますので、どうぞ参考になさってください。

スポンサーリンク

妊娠中に起こる体の変化ってどんなもの?

妊娠中は妊婦さんの体は大きく変化します。つわり、体重増加に伴う妊娠線の現れ、腰痛、眠気、便秘などは、どこかで聞いたり、実際に経験された方も多いのではないのでしょうか。実はほかにも妊婦さんの体の中ではいろいろなことが起こっているんです。

妊娠初期の母体に起こる体の変化

妊娠初期は、腰痛、眠気、下痢、微熱、倦怠感、頭痛、肌荒れ、腹部膨満感、頻尿、吐き気、臭いに敏感になる、生理前なのに少量の出血があった、おりものの変化などいろいろな体の変化が起きます。これらの症状は妊娠継続のためのホルモンバランスの変化から起きることがほとんどです。また、あまりに症状が重い場合には休養をしっかりとることが重要です。

妊娠中期の母体に起こる体の変化

妊娠中期はとも呼ばれていますね。流産等のリスクも減少します。妊婦さん、赤ちゃんともに比較的リラックスして過ごせる期間なのではないでしょうか。このころには、おなかの張り、乳房のサイズアップ、妊娠線が現れ始めます。胎動によって赤ちゃんとの簡単なコミュニケーションもできるようになってきます。

妊娠後期の母体に起こる体の変化

おなかもどんどん大きくなりはじめ、出産への不安と期待が入り混じる時期ですね。子宮への血液供給量の増加、腹部の圧迫から、動悸、むくみ、便秘、おなかの張り、おりものの増加などに悩まされることがあります。また、体重も増加し、体重コントロールも重要になってきます。

合わせて読みたい

破水から陣痛!初めての出産で知っておきたい破水の原因
初めての出産を迎えるにあたり、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。特に妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ますます気になってくるのが「破水」や「陣痛」といった出産のサイン。場合によっては突然破水してしまい、パニックに陥ってしまうといったケースも多く見られます。 そこで今回は、初めての出産...

あなたは知ってる?おりものとは一体何?

実は案外おりものということばを使ってはいるものの、おりものとは何から構成されていて、どうしてでるのか知らない人も多いのではないでしょうか。おりものにも心配のいらないおりものと心配なおりものがあります。

おりものの中に含まれている成分

おりものは体から分泌される液体です。子宮内膜子宮頚管、膣壁、汗腺、皮脂腺から分泌されたもの、古い細胞が剥がれ落ちたものが混ざり合っています。少し粘性がありますが、それは子宮頚管から分泌される粘液によるものです。

また、おりものが白っぽい色をしていることがありますが、もとからおりものが白かったわけではなく、膣からの分泌液がおりものを白くしています。膣内に常在する細菌が膣内を常に一定の酸性度に保っているので、おりものも酸性です。

意外と知らない、おりものがでる仕組み

おりものは膣内を常に有害な細菌から守るため、常に一定量のおりものが分泌されています。さらに女性の体は、一定の周期で女性ホルモンの影響を受けているので、おりものの分泌にも影響を受けています。

女性ホルモンの一種エストロゲンの分泌の増加に伴い、おりものの量も増えます。排卵が近いとおりものが多いという方が多いのではないでしょうか。おりものの臭い、色、性状には個人差がありますが、悪臭、異常な色、下腹部痛、かゆみなどの不快な症状がある場合には、病気が隠れている場合もあります。早めに医療機関を受診しましょう。

妊娠中のおりものって心配なの?

一般的に妊娠中は体の中の赤ちゃんを有害な細菌から守るためにおりものの量は増加します。妊娠初期のおりものには時折茶色っぽいおりものが出ることがあります。でも、ほとんどの場合は赤ちゃんの成長に伴う微量な出血で心配ありません。

鮮血が混じったおりもの、悪臭や性状がおかしい、下腹部痛などを伴う場合には速やかに専門医に相談しましょう。おりものは、女性の体のバロメータとも呼ばれています。日頃からチェックする習慣をつけると良いですね

合わせて読みたい

おりものの変化を敏感に察知!妊娠を見分ける4つの兆候
妊娠すると、おりものに変化が見られることが多いです。そのため、おりものがいつもと違うことで妊娠に気づいたという方はたくさんいます。しかし、おりものは女性にとってデリケートなことですから、誰かに相談したり聞いたりすることはなかなか難しいでしょう。そこで今回は、おりもので妊娠を見分ける4つの兆候につ...

破水?尿もれ?それともおりもの?

妊娠中はわからないことだらけで、不安はつきものですよね。今日はそんな不安を和らげる破水、尿もれ、おりものの見分け方をご紹介いたします。出産直前の破水は赤ちゃんを感染から守るためにも早め目に病院へ行く必要があります。

出産前に破水について少し勉強しよう!

破水は赤ちゃんを包んでいる膜が破けて、羊水が体外へと流れる現象のことをいいます。出産前に破水が起こることもあれば、出産時に破水が起こる場合があります。通常では、子宮口が全開になり陣痛と破水が同時に起こることがほとんどです。

出てくる羊水の量には個人差があり、無臭の場合から臭いがきつい場合もあります。膜が破れるような感覚からご自分で破水であると気づかれる妊婦さんもおられますが、量が少ないと尿もれと区別しにくい場合もあります。

おりものと破水の見分け方を知っておこう!

妊娠後期になってくるとエストロゲンの分泌もさらに増え、おりものの量も増します。個人差はあるものの、水っぽいおりものが多量にでると、破水と見分けがつきにくい場合もあります。

普段から自分のおりものを観察し、いつもと臭いや色が異なる場合は破水かもしれません。また、羊水のほうが、ちょろちょろと流れ続けたり、ドバっと出る傾向があります

尿もれと破水の見分け方を知ろう!

尿もれと破水の簡単な見分け方はまず、臭いを嗅いでみることです。尿もれでしたら尿のアンモニア臭がするはずです。さらに、尿もれの場合にはご自分である程度コントロールすることができます。しかし、破水の場合は自分の意志にかかわらず羊水が膣から外に流れ出てきます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。日頃から自分のおりものを観察することが早く異常に気付くためにも大切なんですね。破水かどうか迷った場合には、その匂いや自分の意志でコントロールすることができるものかどうか注意深く確認してみましょう。また、判断が難しい場合には病院に行くようにしてください。

ピックアップ

いつ陣痛が始まっても安心!陣痛タクシーは妊婦の強い味方
出産予定日が近づいてくると、もうすぐ赤ちゃんに会える喜びをかみしめるとともに、出産への不安を抱く方が多いのではないでしょうか。最も大きな不安要素が「陣痛」で、特に初産婦の場合は陣痛自体どのようなものなのか見当もつかないため、一人でいる時に陣痛が来たらどうすればいいのか、迅速に病院までたどり着...
前駆陣痛から本陣痛に変わるまでの期間
妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ナーバスになる妊婦さんはたくさんいます。特に陣痛に関して意識する方が多く、陣痛にちゃんと気づくことができるか、痛みはどのくらいなのかと不安を感じるものです。陣痛と一口に言っても、前駆陣痛・本陣痛と段階があるため、わかりづらく不安要素になってしまいがちです。 ...
陣痛ってどんな痛み!?3つの陣痛の兆候について
「痛い、痛い」と聞いてはいても、実際に体験していない人にとっては未知数である陣痛の痛み。実を言うと出産は、生まれてくる赤ちゃんによって全く異なる経過をたどるもので、陣痛の痛みもそれぞれです。それでも、多くの人から聞く共通した痛みの表現はあります。赤ちゃんは欲しいけど、陣痛が怖いという人に向け、陣...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
これは破水なの?破水、尿もれ、おりものの違いを知っておこう
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

出産前の悩みについて・・・あわせて読みたい

出産予定日に産まれる確率とは?出産予定日の計算方法
妊娠すると真っ先に気になる出産予定日、いつ生まれてくるのかワクワクドキドキし、楽しみになります。しかし、「2週間早く生まれた」、「予定日を過ぎてもなかなか生まれてこなかった」と予測通りに生まれたという話はあまり聞きません。 今回は、予定日をどのように計算し、出産の確率はどのように導き出すのか、...
前駆陣痛から本陣痛に変わるまでの期間
妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ナーバスになる妊婦さんはたくさんいます。特に陣痛に関して意識する方が多く、陣痛にちゃんと気づくことができるか、痛みはどのくらいなのかと不安を感じるものです。陣痛と一口に言っても、前駆陣痛・本陣痛と段階があるため、わかりづらく不安要素になってしまいがちです。 ...
知っておくと得する3つの出産費用節約術
出産にかかる費用がどのくらいなのか検討はつきますか?実は妊娠から出産までにかかる費用は決して少なくありません。妊活中からきちんと計画を立てておかないと、後々困ってしまうことがあります。 今回は知っておくと得する出産費用と、その節約術を紹介していきます。 必要な費用を整理する 出産までに...
出産をするのはいつがいいの!?2つの観点から検証
妊活をするにあたって、赤ちゃんが生まれてくる時期が何月になるのかを気にしたことはありますか?それぞれの生まれ月によって、子育ての方法や自治体などから受けられる保障や支援制度、学年ごとでの発育の違いなど、色々と変わってきます。 今回は、誕生月別で分かれるそれぞれの特徴を、大きく2つの観点でご紹介...
出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金
出産にかかる費用はどのくらい必要か把握されていますか?主に分娩費と入院費を合わせたものが出産費用とされますが、全国的な平均額は約40万~50万の間です。 1人の赤ちゃんを産むのに出産時だけで、これほどの大金が必要となります。妊娠~出産までということを考えたら、さらに金額は大きくなりますよね。 ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る