高齢出産だったら出生前診断は受けるべき?慎重に検討しよう

良ければシェアをお願いします。

診断

昔に比べると女性が結婚する年齢が高くなり、高齢出産をする妊婦さんが年々増加しています。妊婦さんの年齢が上がるにつれて、脳や身体に生まれつき障害をもった赤ちゃんが産まれてくる確率や赤ちゃんが奇形になる先天異常が発生する確率が高まってくることはよく知られています。日本産婦人科学会の調査によると、妊婦さんの年齢が25~30歳の場合1.8%、35~40歳の場合2%、40歳を超えると2.3%の確率で先天異常が起こるとされています。

このような中で注目されているのが出生前診断です。出生前診断とは、胎児に先天性の病気や奇形、染色体異常がないかどうかを調べる検査のことを言います。今回は、高齢出産時の出生前診断についてご紹介します。

スポンサーリンク

出生前診断にはどのようなものがあるか

エコー検査

主に行われているのは、以下5種類の検査です。

  • NT超音波検査(胎児超音波スクリーニング検査
  • 母体血清マーカーテスト
  • 羊水
  • 絨毛検査
  • NIPT新型出生前診断

このなかでも35歳以上の高齢出産の場合に行うことができるのが、「NIPT新型出生前診断」です。これは母体の血液を20ccほど注射器で採取し、母体の血液中に含まれる微量の赤ちゃんの細胞の遺伝子情報から先天異常がないかを調べる検査で、2013年から実施されています。血液を採取するだけなので、羊水検査や絨毛検査のように母体を針で傷つけてのリスクを高めてしまうという問題もありません。母体への負担を大幅に減らすことができます。

また、同じように母体の血液を調べる「母体血清マーカー」に比べて診断精度が高く、80~90%の確率で胎児の先天性異常を予見することができます。

合わせて読みたい

40代で出産した人も?高齢出産を経験した芸能人まとめ
女性にとって、仕事や私生活、身体の健康状態を考えると、出産する年齢はとても気になるところ。一般的に、35歳以上の出産は高齢出産と呼ばれ、母体と子どもの身体にとって、リスクが生じる可能性が高いといわれています。 しかし、世の中には高齢出産をしても母子ともに健康で、社会復帰まで果たしている方がいる...

出生前診断のメリット・デメリット

妊婦と女医

メリットはさまざまな準備ができること

出生前診断には賛否両論ありますが、メリットとしてまず、検査で陰性となれば生まれてくる赤ちゃんに対する心配が和らぐということがあります。

また、陽性の結果が出て先天性の病気や染色体異常をもった赤ちゃんが産まれる可能性が高いと診断された場合も、「それでも産みたい」と決心することが可能なので出産前に心の準備ができることになります。また出産後に備え、障がいについて学んだり、育児資金の計画を立てたりしてことができます。

そして、ごくまれにですが先天性異常を母親の胎内で治療することもできます。さらに、重い障害があることが確実と診断され中絶をした場合でも、次の妊娠での可能性も調べることができます。

デメリットは精神的な負担

出生前診断のデメリットとしては、検査結果が陽性であった場合、産むか産まないかという葛藤が出てしまうことです。悩んだ末に、赤ちゃんをあきらめるという選択をする場合もあるでしょう。そうした場合、「障がいがあるという理由で命を人工的に排除してよいのか」という倫理的な問題に苦しめられることになるかもしれません。

また、検査で陽性となった場合、妊娠している間ずっと「産まれてくる赤ちゃんに障害があったらどうしよう」と不安にかられて過ごすことになるかもしれません。さらに、羊水検査など検査の種類によっては流産のリスクもあるため、絶対に安全とは言えません。

出生前診断は保険適用外

お金を数える女性

出生前診断は自由診療のため保険が適用されません。「NIPT新型出生前診断」を行った場合、一般的に事前のカウンセリングも含めると20万円前後の費用がかかります。

他の検査に比べて倍以上の金額であり、同様に血液を採取する母体血清マーカー検査にかかる費用の約7倍にもなります。また、検査の結果陽性と出ると羊水検査などによる確認検査が必要となってくるため、検査料が高額になり、経済的負担もかなり大きくなります。

さらに、すべての産婦人科で新出生前診断ができるわけではなく、日本医学会から正式に認定を受けた総合病院や大学病院を受診する必要があるため、遠方に住んでいる場合は交通費も負担となります。

合わせて読みたい

自然妊娠するにはどうしたらいい?高齢不妊を打破する方法
「子どもが欲しいけど高齢で自信がない」、「高齢の不妊治療はお金がかかる」など、高齢不妊で悩んでいる女性はたくさんいることでしょう。ここでは、高齢不妊を打破し、自然妊娠する方法をご紹介していきます。なぜ高齢になると妊娠しにくくなるのか、まずその原因をお伝えします。そして、「高齢だから」と諦めている...

検査対象の条件は他にもある

夫婦

「NIPT新型出生前診断」は、妊婦さんが35歳以上の高齢であることの他にも検査対象の条件があります。夫婦どちらかに染色体異常があり、胎児が先天性疾患をもっている可能性が高い場合や、過去に先天性疾患のある赤ちゃんを妊娠・出産した経験がある場合も検査対象になります。

また、この検査は妊娠10~18週頃の時期でなければ受けることができません。妊娠期間が長くなるにつれて母体の血液に含まれる赤ちゃんの細胞や遺伝子情報の濃度が薄くなってしまい、検査の精度が下がってしまうからです。そして、結果が出るまでに2週間くらいかかります。

さらに、精度が高いからと言って、新出生前診断によって胎児のすべての先天異常を発見できるわけではありません。また、検査結果が陰性と出たとしても100%赤ちゃんに先天異常がないという保証はありません。そうした点も理解しておきましょう。

おわりに

出生前診断を受けるか否かを決めるのは妊婦さんの自由意志です。賛否両論はありますが、どちらがよいと決められるものではありません。

最近では出生前診断に関するカウンセリングを受けられる施設も増えてきました。夫婦や家族に加えて専門家とも相談し、検査に対する考えを自分なりに整理して、検査結果を受け入れることが大切と言えるでしょう。赤ちゃんの問題は夫婦・家族の問題です。・家族でよく話し合い、検査のメリットとデメリットをよく理解したうえで、検査をするかしないか、慎重に考えていってほしいです。

ピックアップ

高齢出産だと双子の確率が上がるって本当?
高齢出産だと双子の確率が上がると言われていますが本当のところはどうなのでしょうか。高齢出産とは、35歳を過ぎてからの初産のことを言います。厚生労働省の人口動態調査によると、日本の出生総数は減少しているのに対して、双子以上の多胎児の出生数は横ばい状態を維持し、約40年間で2倍近くなっています。...
高齢出産とダウン症の相関関係とは
「子どもを授かる喜びに年齢は関係ない」とはいえ、高齢出産となれば、様々なリスクの確率が上がるという不安もあるでしょう。そのひとつに、「ダウン症」になるというリスクが挙げられます。ここでは、高齢出産とダウン症の関係性について解説していきたいと思います。ダウン症になる原因、その確率、治療法や出生...

https://tamagoo.jp/give-birth/risk-of-elderly-birth/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
高齢出産だったら出生前診断は受けるべき?慎重に検討しよう
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

高齢出産・高年初産の悩みについて・・・あわせて読みたい

高齢出産だと双子の確率が上がるって本当?
高齢出産だと双子の確率が上がると言われていますが本当のところはどうなのでしょうか。高齢出産とは、35歳を過ぎてからの初産のことを言います。厚生労働省の人口動態調査によると、日本の出生総数は減少しているのに対して、双子以上の多胎児の出生数は横ばい状態を維持し、約40年間で2倍近くなっています。...
高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活に取り組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢出産とは、日本産科婦人科学会によると35歳以上で出産することを指し、流産や早産、難産の確率が上がるリスクがあると言われています。ですが一方で、若返り効果や精神的...
40代で出産した人も?高齢出産を経験した芸能人まとめ
女性にとって、仕事や私生活、身体の健康状態を考えると、出産する年齢はとても気になるところ。一般的に、35歳以上の出産は高齢出産と呼ばれ、母体と子どもの身体にとって、リスクが生じる可能性が高いといわれています。 しかし、世の中には高齢出産をしても母子ともに健康で、社会復帰まで果たしている方がいる...
年々上がる初産の平均年齢!40代でも妊娠できる人の特徴
昨今は晩婚化の影響で初産の平均年齢も上昇しています。かつては30代以上の女性が出産することは危険と言われていましたが、最近は珍しくなくなり、40代で初産を迎える人も少なくありません。しかし、高齢になると妊娠することが難しくなるうえ、出産にも様々なリスクがともないます。40代でも妊娠し、出産で...
適齢期の出産とは違う高齢出産のリスクとは!?
平均出産年齢は、平均初婚年齢があがるにしたがって上昇していっています。これは初婚年齢が上がっているので、ある意味当然のことです。また、医療技術も発展していっていますし、ライフスタイルの多様化や共働きなどが影響を与えているため、昔に比べて高齢での出産も一つの選択肢となっています。 ただ、高齢出産...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る