男性にも高齢出産のリスクが!?男性の出産適齢期について

良ければシェアをお願いします。

遠くを見つめる男性

一般的に高齢出産とは、女性が35歳以上で出産することを指します。高齢出産には様々なリスクが伴うとされていますが、これまでは多くの場合、その原因は女性にあると言われてきました。

しかし最近になり、高齢出産のリスクには男性も関係していることが分かってきました。今回は男性の高齢出産リスク、そして男性の出産適齢期について考えてみましょう。

スポンサーリンク

女性が高齢である場合のリスク

女性

まず、女性が高齢の場合、出産においてどのようなリスクがあるのでしょうか。

ひとつは、赤ちゃんを産む女性自身の身体的なリスクです。その中で多いのが、妊娠高血圧症候群です。この主な症状は高血圧、蛋白尿、むくみです。これらの症状が酷い場合、胎児だけでなく母体の命にも関わってくる深刻な状況になってしまいます。による出産に踏み切るケースも少なくなく、母体に大きな負担がかかってしまうのです。

生まれてくる赤ちゃんに関わるリスクがあります。主なものとして、先天異常の発症率が高くなることが挙げられます。先天異常とは出生時から認められる生態学的異常(奇形など)や、機能的異常のことを言います。これらの中で最もよく知られているのがダウン症候群です。

それではなぜ、女性が高齢で出産する場合にこうしたリスクが高まるのでしょうか?それは卵子の老化」が大きく影響していると言われています。男性が持つ精子は射精のたびに新たに作られるので、精子自体が徐々に老化していくことはありません。一方、卵子は女性として生まれた後すぐに作られ、それ以降は新たに作られることはありません。

驚くべきことに、卵子は生殖機能がない幼少期から減少を始めます。卵子は時間の経過とともに、つまり加齢にともなってその数を減らしていくのです。これが卵子の老化のメカニズムです。

合わせて読みたい

高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活に取り組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢出産とは、日本産科婦人科学会によると35歳以上で出産することを指し、流産や早産、難産の確率が上がるリスクがあると言われています。ですが一方で、若返り効果や精神的...

男性が高齢である場合のリスク

男性

対して、男性が高齢である場合、生まれてくる赤ちゃんにおいてどのようなリスクがあるのでしょうか。

女性が高齢の場合、生まれてくる赤ちゃんにおけるリスクとして、先天異常の発症率が高まるとお話しました。前述したように精子は射精のたびに作られ、老化することがないので、男性が高齢の場合でも、生まれてくる赤ちゃんには影響がないとこれまでは考えられてきました。

しかし近年、アメリカの医科大学研究者による報告で、男性が高齢の場合にも女性と同様、生まれてくる赤ちゃんにはリスクがともなうとの見方が示されました。それによると、男性が高齢の場合、赤ちゃんの頭蓋骨や顔面、手足に奇形の現れる「アペール症候群」や、他者とのコミュニケーション能力に障害が生じる「脳機能障害の自閉症」などの先天性の病気のほか、出生後に統合失調症を発症する確率が高まると報告されています。さらに、「男性が40歳以上になるとその確率は格段に上がり、30代の男性と比較するとその確率は約6倍にも及ぶ」とも言われています。

残念ながら、現状では詳しいメカニズムについて解明されていないのですが、精子の劣化が大きく関係しているとする説が有力なようです。この報告により、男性にも出産適齢期があるということが話題となりました。男性は高齢になると性欲が減退し、定期的な射精が滞りがちになります。長い間射精しなければ、体内の精子は劣化していきます。妊娠を想定した性交の前に、長い間射精していない場合は一度射精をしておき、新鮮な精子でのを心がけることが必要です。

合わせて読みたい

適齢期の出産とは違う高齢出産のリスクとは!?
平均出産年齢は、平均初婚年齢があがるにしたがって上昇していっています。これは初婚年齢が上がっているので、ある意味当然のことです。また、医療技術も発展していっていますし、ライフスタイルの多様化や共働きなどが影響を与えているため、昔に比べて高齢での出産も一つの選択肢となっています。 ただ、高齢出産...

男性が高齢である場合、女の子が産まれやすい?

女の子

男性が高齢である場合、生まれてくる赤ちゃんにおいて重大なリスクが生じるとお話しましたが、もうひとつの説があることをご存知でしょうか。

それは、「男性が高齢であると、生まれてくる赤ちゃんは女の子である確率が高くなる」というものです。生まれてくる赤ちゃんの性別を決める鍵を握っているのは精子です。精子には出生する赤ちゃんが男の子になる性染色体を持つものと、女の子になる性染色体を持つものがあります。このことからも、生まれてくる赤ちゃんが男の子か女の子であるかは精子に委ねられていることが分かります。

男性が一定の年齢を過ぎると、赤ちゃんが男の子になる性染色体を持つ精子の数が減少し始めるため、女の子が生まれる確率が高くなるというデータが確認されています。これが「男性が高齢であると、生まれてくる赤ちゃんは女の子である確率が高くなる」ということのメカニズムです。

おわりに

かつては出産適齢期という言葉は女性にしか当てはまらないものでした。しかし現在では、少しずつではありますが、男性の出産適齢期という考え方も出てきました。男女それぞれの高齢出産にその違いはありますが、生まれてくる赤ちゃんにリスクがあることは変わりません。

ご紹介したように、近年、男性が高齢である場合のリスクに関する研究結果が次々と報告されています。女性と男性の高齢出産のリスクに関する知識を頭に置き、出産適齢期を意識したライフプランニングを夫婦間で行ってみてはいかがでしょうか。

ピックアップ

不妊の原因は女性だけ?精子と年齢の関係
「赤ちゃんがほしいな」と思ってはいるけれど、なかなか妊娠できない…とお悩みの方は多くいらっしゃるかと思います。出産をするのは女性ですから、つい「妊娠」となると女性に注目してしまいますが、不妊の原因は男性にもあるのです。男性の場合、「無精子症」や「乏精子症」などの病気が不妊の原因として挙げられます...
高齢出産とダウン症の相関関係とは
「子どもを授かる喜びに年齢は関係ない」とはいえ、高齢出産となれば、様々なリスクの確率が上がるという不安もあるでしょう。そのひとつに、「ダウン症」になるというリスクが挙げられます。ここでは、高齢出産とダウン症の関係性について解説していきたいと思います。ダウン症になる原因、その確率、治療法や出生...

https://tamagoo.jp/give-birth/late-child-bearing-twins-probability/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
男性にも高齢出産のリスクが!?男性の出産適齢期について
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

高齢出産・高年初産の悩みについて・・・あわせて読みたい

高齢出産だと双子の確率が上がるって本当?
高齢出産だと双子の確率が上がると言われていますが本当のところはどうなのでしょうか。高齢出産とは、35歳を過ぎてからの初産のことを言います。厚生労働省の人口動態調査によると、日本の出生総数は減少しているのに対して、双子以上の多胎児の出生数は横ばい状態を維持し、約40年間で2倍近くなっています。...
高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活に取り組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢出産とは、日本産科婦人科学会によると35歳以上で出産することを指し、流産や早産、難産の確率が上がるリスクがあると言われています。ですが一方で、若返り効果や精神的...
40代で出産した人も?高齢出産を経験した芸能人まとめ
女性にとって、仕事や私生活、身体の健康状態を考えると、出産する年齢はとても気になるところ。一般的に、35歳以上の出産は高齢出産と呼ばれ、母体と子どもの身体にとって、リスクが生じる可能性が高いといわれています。 しかし、世の中には高齢出産をしても母子ともに健康で、社会復帰まで果たしている方がいる...
年々上がる初産の平均年齢!40代でも妊娠できる人の特徴
昨今は晩婚化の影響で初産の平均年齢も上昇しています。かつては30代以上の女性が出産することは危険と言われていましたが、最近は珍しくなくなり、40代で初産を迎える人も少なくありません。しかし、高齢になると妊娠することが難しくなるうえ、出産にも様々なリスクがともないます。40代でも妊娠し、出産で...
適齢期の出産とは違う高齢出産のリスクとは!?
平均出産年齢は、平均初婚年齢があがるにしたがって上昇していっています。これは初婚年齢が上がっているので、ある意味当然のことです。また、医療技術も発展していっていますし、ライフスタイルの多様化や共働きなどが影響を与えているため、昔に比べて高齢での出産も一つの選択肢となっています。 ただ、高齢出産...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る