厳密に定められている高齢出産の定義とは

スポンサーリンク

高齢夫婦

みなさんは「高齢出産」という言葉を聞いたことがありますか?
聞いたことがあるという方や、または日常の中で「高齢出産」という言葉を使っている方の中にも、「言葉は知っているが、実は定義をよく分かっていない」という方がいらっしゃるかもしれません。ひとくちに「高齢出産」と言っても一体何歳からを指すのでしょうか。今回は高齢出産の定義についてお話したいと思います。

社会や価値観の変化が晩婚化や出産高齢化に影響?

独身

「高齢出産」という言葉が昔よりよく聞かれるようになるほど、出産年齢は全体に上がってきています。そこには昨今の晩婚化が影響していると考えられています。まずは、晩婚化とそれにともなう出産年齢が高齢化した原因を考えてみましょう。

近年、日本では晩婚化が進んでいる理由のひとつとして、女性の社会進出が挙げられるでしょう。働く女性が増えたことにより、社会構造は大きく変わりました。ひと昔前までは「男は仕事、女は家庭」という図式が当たり前でした。しかし、現代では社会で活躍する女性が増え、かつてのように経済的な部分で男性に依存する女性は昔に比べると少なくなりました。

また、現代人の価値観の変化も晩婚化の要因のひとつと言えるでしょう。男女とも、自分のやりたいことや仕事を優先する自由な生き方を求める人が増え、独身生活を満喫する人が増えています。また生涯独身を貫く人もまた増えきました。一方、こちらも男女ともですが、若年層の雇用状況や経済状況が以前よりも厳しいものとなり、結婚したくてもできない、という方も増えているようです。

総務省の調査による生涯未婚率は1990年に「男性5.6%、女性3.9%」でしたが、2010年には「男性18.9%、女性9.7%」と、その変化は顕著になっています。結婚自体に対する考え方が時代とともに変わり、その影響を受け晩婚化が進んでいると言えるでしょう。
晩婚化し、初婚年齢が上がるのにともなって、初産年齢も上昇傾向にあり、その結果高齢出産が増えてきているのです。

合わせて読みたい

適齢期の出産とは違う高齢出産のリスクとは!?
平均出産年齢は、平均初婚年齢があがるにしたがって上昇していっています。これは初婚年齢が上がっているので、ある意味当然のことです。また、医...

高齢出産の定義は一般的に「35歳以上での出産」

アラファーの女性

では、本題です。高齢出産の定義についてみていきましょう。前述したように現代では高齢で出産する人が増えていますが、「高齢出産」とは何歳以上で出産することを指すのでしょうか。実は、高齢出産の厳密な定義はありません。しかしながら統計上または医学上、おおむね「35歳以上での出産」の場合、「高齢出産」と呼ばれます。似たような言葉で「高齢初産」という言葉があります。
こちらは日本産科婦人会により「35歳以上の初産婦」と定義されています。

1993年以前は「30歳以上の初産婦」と定義されていましたが、30歳以上の初産婦が増えたことやWHO(世界保健機関)をはじめ海外の国々でも同じ定義がされているといった理由から、35歳にまで引き上げられました。

合わせて読みたい

高齢出産(高年初産)に関するQ&A 教えて!たまgoo!
日本産科婦人科学会によれば高齢出産とは、35歳以上の初産婦(高齢出産(高年初産))とされています。ライフスタイルの変化や、晩...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
厳密に定められている高齢出産の定義とは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る