【医師監修】産褥熱(さんじょくねつ)の症状・原因・治療・入院の必要性

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


産褥熱の症状
初めてママさんになった方は、「産褥熱(さんじょくねつ)」という単語自体を初めて聞いたということもあるかもしれませんね。産後は出産の疲れや慣れない育児が始まることへの不安やストレスがたまり、心身ともに不安定な状態になります。産褥熱とはそんな産後に発熱してしまう症状のことです。今回は産褥熱とはどういう症状なのかということを中心に細かくみていきましょう。

産褥熱とは?

産後直後
産褥熱とは産後に発熱する症状のことです。正確には分娩後24時間以降、産後10日以内に2日以上にわたって38度以上の熱が出ることです。現代ではあまりありませんが、医療技術が発展していなかった時代には死に至るような重大な症状でした。高熱以外にも悪寒や腹痛などの症状も併発します。特徴は38度以上という点で、微熱な場合は別の症状である可能性も考えられます。産後6~8週間を産褥期と呼ぶことからこの名がつけられています。

産褥熱の症状は?

産褥熱の症状は熱だけではなく、いくつか挙げられます。以下、ひとつずつ症状をみていきましょう。

1.悪露(おろ)の停滞

「悪露」とは出産により剝がれ落ちた子宮内膜や胎盤、産道の傷口から出る分泌液のことです。産後1カ月ほど続くとされています。これは膣から出てくるのですが、体内に留まってしまうことで悪露停滞が発生します。子宮の収縮が正常に行われていないことが原因と考えられており、悪露が出てきたとしてもひどい悪臭が伴います。

2.産褥子宮内膜炎

産褥熱を発症すると多くの場合、産褥子宮内膜炎を引き起こします。悪露停滞により子宮内の細菌が増殖することが原因とされています。分娩3~5日に発症することが一般的で、子宮の圧痛、下腹部の痛み、倦怠(けんたい)感、悪寒、食欲不振、頭痛、悪臭のする悪露などの症状がみられます。

3.産褥潰瘍

産褥潰瘍とは外陰部や膣にできた傷口に細菌感染することによって発症します。一部が腫れたり、痛みを感じたりします。

4.産褥子宮付属器炎(さんじょくしきゅうふぞくきえん)

子宮内膜炎から併発される症状です。感染が子宮から卵巣や卵管に広がっている状態です。子宮内膜炎の数日後に再び発熱し、下腹部の痛みや嘔吐(おうと)といった症状がみられます。発症確率は比較的低いですが子宮内膜炎を患っている場合、0%とはいえませんので注意が必要です。

5.産褥骨盤腹膜炎(さんじょくこつばんふくまくえん)

子宮内膜炎や付属器炎、骨盤結合識炎から派生する可能性のある症状です。骨盤内に細菌が感染することで発症します。軽症の場合は下腹部の痛みや圧痛、胸のむかつき、吐き気などを引き起こします。重症化すると分娩から3~4日後に悪寒を伴う39~40度の高熱が出ます。さらに腹部全体に強い痛みを感じるようになります。

6.産褥敗血症(さんじょくはいけつしょう)

傷口から細菌が血流内に入り込み全身が細菌感染している、産褥熱の中でも最も危険な症状です。震えを伴う39~40度の高熱が生じ、数日後に多臓器不全やショック状態に陥ることがあります。最悪の事態を引き起こす可能性もあるため、早めの受診を心がけましょう。

7.子宮筋層炎(しきゅうきんそうえん)

子宮内膜炎から派生した症状です。細菌感染による炎症が筋層まで広がった状態です。39~40度の熱を発症します。この点は産褥骨盤腹膜炎や産褥敗血症と似ていますが、寒気や下腹部の痛みがあることが特徴です。

産褥熱になる原因は?

産褥熱の原因は分娩により産道などにできた傷が細菌感染することで発症します。主な菌は大腸菌といわれています。傷は妊娠中の内診や会陰切開、止血処理などを行った際にできるものです。細菌感染の原因は外部感染と内部感染があり、外部感染は医師の手や手術の道具に何らかの原因で細菌が付着していることによるものだと考えられています。外部感染は帝王切開が行われた後の産褥熱の原因として挙げられます。内部感染とは他の臓器の炎症から感染することです。外陰部や膀胱、膣からの上行性子宮内感染が一番多い原因と考えられています。

合わせて読みたい

産後ダイエットはいつから始める?理想的な体重の目安は?
産後ダイエットはいつから始める?理想的な体重の目安は?
無事に出産できてホッと安心したのもつかの間、多くのママにとって日々の育児とともに悩みの種となるのが、産後ダイエットです。出産してからいつ...

産褥熱の治療法は?

熱の診察
産後1週間に熱を出すことは一般的に起こることです。しかし、38度以上の熱が2日以上続いた場合には病院へ行く必要があります。基本的には薬物療法や点滴治療などを施されます。熱が出たからといって焦りすぎる必要はありませんが、2日以上高熱が引かない場合には自己流の治療ではなく、病院を頼りましょう。

合わせて読みたい

【医師監修】常位胎盤早期剥離の診断基準・症状・原因・治療・入院の必要性
【医師監修】常位胎盤早期剥離の診断基準・症状・原因・治療・入院の必要性
妊娠中の方でも、常位胎盤早期剥離という病気を耳にしたことがないという方が多いかもしれません。妊娠中というのは、体の中で毎日たくさんの...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】産褥熱(さんじょくねつ)の症状・原因・治療・入院の必要性
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る