産後の高血圧の原因・症状・対策・予防法

良ければシェアをお願いします。

気分が悪い女性

産後トラブルの1つは、「産後高血圧」です。放置しておくと高血圧が治らなかったり、脳卒中や動脈硬化、心不全や腎不全など、深刻な症状を引き起こしたりする場合もあるため、早期に適切な治療や対策を行う必要があります。また、「産後高血圧」にならないように予防することも大切です。ここでは、産後の高血圧の原因・症状・対策・予防法をまとめました。

スポンサーリンク

産後の高血圧が起こる原因

肩こり

通常、「妊娠中高血圧」は出産後には改善されます。しかし、症状が重かった場合などは、回復が遅れることもあります。場合によっては、産後12週間を過ぎてからも高血圧の状態が続くケースもあるのです。

また出産後、慣れない育児や生活の変化のために大きなストレスや疲労がたまってしまうことがあります。そのため自律神経が乱れ、高血圧を引き起こす場合もあります。遺伝や肥満、生活習慣など、もともとあった高血圧の要因が、出産を機に現れる「本態性高血圧症」のケースもあります。

「二次性高血圧症」は、他の病気によって引き起こされている高血圧です。甲状腺機能副腎皮質ホルモン分泌の異常、高カルシウム血症や腎臓の疾患が原因になっている場合があります。甲状腺機能亢進症(バセドウ病)も、高血圧を引き起こします。

合わせて読みたい

妊娠中毒症とも呼ばれる「妊娠高血圧症候群」の症状・原因・予防
妊娠高血圧症候群は妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧がみられる場合、もしくは高血圧に蛋白尿を伴う場合に診断される病気です。"症候群"という名前から分かるように、ひとつの症状が現れる疾患ではありません。関連性のあるいくつかの病的症状が現れ、重症になると母子共に危険な状態に陥ることがありま...

具体的な症状は?

頭がいたい女性

高血圧は、無症状であったり、一般的な体調不良と似た症状がでたりするため、見分けるのが困難です。一般的には、頭痛や動悸、めまいやむくみ、しびれや夜間の頻尿などの症状があります。高血圧か判断するためには、血圧値を測定しなければなりません。

最高血圧(心臓収縮時)が140mmHg以上か、最低血圧(心臓拡張時)が90mmHg以上の場合、もしくは両方ともにこの数値を上回る場合に高血圧と診断されます。

さらに、最高血圧が160mmHg以上で最低血圧が100mmHg以上の場合に「中度高血圧」、最高血圧が180mmHg以上で最低血圧が110mmHg以上の場合には「重度高血圧」と診断されます。血圧はかわりやすいため、時間をおいて2回以上測定するとよいでしょう。

また、病院で測定する場合には、ストレスや緊張から、血圧が一時的に上がったり下がったりする「白衣高血圧」や「仮面高血圧」になることがあります。普段から自分の血圧値を把握しておくこと、落ち着いた状態で測定することなどが大切です。家庭で血圧を測定できるなら、できれば朝の時間帯、例えば朝食の前後に測定するとよいでしょう。

血圧が高い状態が続いたり、めまいやむくみなどの症状が続く場合には、安易に考えたり放置したりせずに、早めに医師に相談することも大切です。

合わせて読みたい

産後の甲状腺異常の症状・原因・検査・治療法
無事に出産を終えても、さまざまな要因によって体調不良を感じる方が多いようです。出産と産後の育児で、単純に疲れてしまうケースもあります。しかし、「体重が大きく変化するようになった」「髪が抜けやすくなった」など、疲れ以外の症状を訴える人もいます。もしかしたら、それは「甲状腺異常」が原因になってい...

対策は生活習慣や食習慣の改善が中心

正しい食生活

まずは、高血圧の程度と原因を探る必要があります。「二次性高血圧」の場合には、高血圧を引き起こしている病気を特定し、治療しなければなりません。重度の高血圧の場合には、降圧剤(血圧を下げる)が使われます。しかし、降圧剤は赤ちゃんへの悪影響があるため、母乳を与えることができなくなります。

軽度で降圧剤を使用しない場合には、生活習慣や食習慣の改善が主な治療法になります。例えば、ナトリウムの摂取を控えることが大切です。ナトリウムは、塩、しょっぱい食品や、、加工食品に多く含まれています。そのため塩分の摂取量を抑えることで、血圧を下げる効果が期待できます。

また、カリウムを多く摂取するように心がけましょう。カリウムは、イモ類や海草、納豆などに多く含まれています。カリウムは水に溶けやすいため、生食やスープなど、栄養を逃がさない方法で調理しましょう。糖類や油脂類の過剰な摂取を控えたり、喫煙や飲酒を控えたりすることも効果的です。ストレスや疲れが高血圧の原因になっている場合には、休んだりリラックスしたりできる環境を作ることも大切です。

赤ちゃんのお世話や家事など、ついあれもこれも完ぺきにこなそうと頑張ってしまいがちですが、赤ちゃんのお世話は始まったばかりです。まずはお母さんの体調を整えることを優先させましょう。

ふだんからの予防も重要

太り気味は女性

肥満や偏食などの生活習慣や、遺伝などによる高血圧の要因があるなら、妊娠・出産を機に食習慣や生活習慣を見直しましょう。産後高血圧のリスクを下げるだけでなく、産後ダイエットやその後の健康にもよい影響を及ぼします。

塩分や糖類、油脂類を控え、野菜や果物を多く摂取するように心がけましょう。高たんぱく・低脂肪の食事が理想です。喫煙や飲酒を控え、適度な運動を心がけてください。赤ちゃんと一緒に散歩をしたり、スーパーまで歩いてみたり、無理のない範囲で、体を動かすことを習慣にしましょう。

疲れやストレスを抱え込まずに、ときには家族に甘えることも大切です。休める時間にはしっかり休む、どんなに忙しくてもリラックスできる時間を作ることも助けになります。お風呂で体を温めるなど、寝る前に落ち着いた環境を作り、できるだけ睡眠の質を高めるようにするのもよいでしょう。

おわりに

いかがでしたか?「産後高血圧」は、早期発見・治療がとても大切です。体調がおかしいと感じたら、すぐに医師に相談しましょう。また、生活習慣や食習慣を見直し、予防をすることも大切です。できるだけリラックスできる環境で子育てを始められるように、家族にも協力してもらいましょう。

ピックアップ

産後ダイエットはいつから始める?理想的な体重の目安は?
無事に出産できてホッとひと安心したのも束の間、多くのママにとって日々の育児とともに悩みの種となるのが、産後ダイエットです。出産してからいつ頃から始めればよいのか、また理想的な体重減少の目安を知っておきましょう。 出産後、いつからダイエットするべき? 妊娠中は胎盤から分泌されるホルモン...
産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法
出産を経験したことのある人であれば、産後、以前の体型へ中々戻らないというストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるため、水分や脂肪を蓄えやすいよう体質が変化しています。一般的に10kg近く体重が増加しますが、その時に起こる現象が骨盤の歪みです。この骨盤...
産後に便秘になる原因は?4つの解消法をご紹介!
妊娠出産に関わらず、便秘で悩む人は多いもの。特に女性は男性に比べて便秘になりやすいと言われています。母乳中は便秘薬を飲むのにも抵抗がある人は多いはず。そんなママたちのために今回は日々の生活で取り入れられる解消法をご紹介いたします! そもそも、どうして産後に便秘になるのか? まずは、「そも...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
産後の高血圧の原因・症状・対策・予防法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る