良ければシェアをお願いします。

産後の骨盤矯正で以前の体を取り戻そう!歪みの原因や矯正方法まとめ

良ければシェアをお願いします。

お腹をおさえる女性

出産はママにとって大きなゴールですが、産後に元の体型、体重に戻らず悩んでいる女性も多くみられます。産後の体型崩れは骨盤の歪みが大きな原因で、体型が戻らないだけでなく肩こりや腰痛、2人目不妊を引き起こすこともあります。

出産が原因で大きく歪んだ骨盤は、正しい知識でケアする必要があります。ここでは、出産で骨盤が歪む原因と矯正方法について詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

妊娠による骨盤の開きが主な原因、妊娠前からの骨盤の歪みも大きく影響

お腹をおさえる女性のイラスト

妊娠による骨盤の歪みの原因は、出産に向けて大きく骨盤が開いたことです。妊娠すると、女性の体にはリラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは産道を確保するために骨盤の骨を結合している靭帯を伸ばし、開きやすくする効果があります。

このホルモンは、産後は分泌されなくなるため、開いていた骨盤は左右交互に縮んで徐々に元の位置に戻っていきます。このとき骨盤は正常な位置へと戻ろうとしますが、妊娠前や妊娠中に体の左右バランスが崩れていると元の位置に戻りきらないまま靭帯が固まってしまいます。

産後に骨盤が元の位置に戻らないと、骨盤周辺の血流が悪くなってしまいます。それにより、脂肪が燃焼しにくく太りやすい体質になってしまうのです。また、内臓が支えられず下がってくるため皮下脂肪が溜まり、下腹がポッコリ出る場合も多いです。更に、腰痛やむくみ、などのトラブルを引き起こすケースもあります。

合わせて読みたい

産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法
出産を経験したことのある人であれば、産後、以前の体型へ中々戻らないというストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるため、水分や脂肪を蓄えやすいよう体質が変化しています。一般的に10kg近く体重が増加しますが、その時に起こる現象が骨盤の歪みです。この骨盤...

早ければいいという訳ではない??産後の骨盤矯正に適した時期

レントゲンをもつ医師

産後の骨盤矯正に適した時期は、産後2~6ヶ月の間が一般的とされています。産後1ヶ月は後陣痛があったり、悪露が出たりして体に出産の影響が残っている状態です。焦って産後すぐに締め上げてしまうと、本来は骨盤の中に収まっている膀胱や子宮、直腸が引き上げられて尿漏れや脱子宮脱になることがあります。

産後の1ヶ月健診で医師から問題なしと診断されてから、本格的な骨盤矯正をスタートさせるといいでしょう。しかし、もしも産後の腰痛や恥骨痛が辛い場合は我慢してはいけません。症状によっては産後1ヶ月ごろから整体院などで施術してもらえる場合があるため、まずは相談してみましょう。

産後6ヶ月を過ぎると骨盤が閉じた状態で固まってしまうため、これ以降の矯正は難しくなってきます。ママの体調を考えながら、なるべくそれまでに骨盤矯正やリフォームに取り組むようにしましょう。

自宅で行う骨盤矯正!!リフォームインナーと骨盤エクササイズで隙間時間を活用

骨盤ベルト

骨盤矯正の方法は自分で行うものとプロの手を借りるものがあり、産後の体調や生活リズムに合わせて取り組みやすい方法で行います。自宅で行うケアは2つ、リフォームインナーや骨盤ベルトを着用することと骨盤エクササイズを行うことです。

リフォームインナーは種類が豊富で、産後すぐに使用できるものから2~6ヶ月頃まで状態に合わせて数パターンの使い方ができるものまであります。ニッパーや骨盤ベルト、ショーツなど、産後すぐに使用できるものは、緩やかに子宮部分をサポートします。

悪露が落ち着く頃には、お腹の引き締めをスタートさせるウエストニッパー、外出できる頃にはリフォームガードルを使用します。産後の時期に応じて毎日着用するだけの簡単ケアですが、使い方や時期を間違えるとトラブルの原因にもなります。助産師さんの指導を仰いで上手に活用するといいでしょう。

骨盤エクササイズは簡単な体操ばかりなので、忙しい子育ての隙間時間を上手く活用して取り組むことができます。

  1. 骨盤回しは両足を肩幅に開き、手を腰に当てて右に10回、左に10回と腰を回します。上半身と足は動かさず、腰だけを回すことがコツです。左右両方を1セットとして、1日5~10セット行うようにしましょう。
  2. 次に骨盤突き出しエクササイズは、仰向きに寝て手を両脇の横に置きます。膝を立てて、骨盤を天井に突き出すように上げて1分間キープします。
  3. その後ゆっくりと元の状態に戻り、床と骨盤が離れないように足を伸ばします。これを1日3回繰り返しましょう。

リフォームインナーも骨盤エクササイズも、効果を実感できるのは産後6ヶ月ほど経ってからになります。毎日少しずつ、疲れを感じない程度に取り入れることが大切です。

合わせて読みたい

【レシピ付き】産後ママが喜ぶ3つの食材と食事メニュー
産後のママの悩みと言えば何があるでしょう。例えば「赤ちゃんのために、良い母乳をあげたい」、「妊娠中にたるんだ体を引き締めたい」などと思うこともあるはずです。こうした悩みを解決する方法として食事に気をつけることがあげられます。そこで、産後のママが摂った方が良い食材や、その食材を使ったメニューについ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
産後の骨盤矯正で以前の体を取り戻そう!歪みの原因や矯正方法まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る