良ければシェアをお願いします。

赤ちゃん自由自在!産道を通るときは一体どんな風なのか知っておこう!

生まれたばかりの赤ちゃん

出産が近づくと、楽しみもありますが、少し不安な気持ちもありますよね。それが初めての出産となるとなおさらです。赤ちゃんは、どうやって狭い産道を通って出てくるのでしょうか。どんな風なのか知っておくことで、心の準備もでき、心構えができるかもしれませんね。赤ちゃんがどのように産道を通ってくるのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お産直前!その時、赤ちゃんは?

陣痛が始まる前は、どんな痛みなのか、いつ始まるのかドキドキしますよね。陣痛が始まる前は、赤ちゃんはどんな状態なのでしょうか。出産が近づくと赤ちゃんは出る準備を始め、ママのお腹の下の方へ移動していきます。出産前の兆候や、陣痛前の赤ちゃんの状態についてまとめてみました。

ママからのプレゼント!産道を通る時にもらうもの

ママのお腹の中にいるときには、赤ちゃんは全くの無菌状態で、産道を通るときに初めて菌と出会うことになります。狭い産道を通り抜ける際に、鼻や口からママの菌をもらうのです。ママの腸内環境が受け継がれるということですね。帝王切開の場合は、手術器具や、医師・看護師などからも菌をもらうので、自然分娩とはまた違った腸内環境になりますね。

赤ちゃんの旅が始まる!出産が近づいたサインとは

出産が近づくと、・陣痛などのサインが出てきます。子宮口が開くことによって卵膜と子宮壁の間に隙間ができ、それにより起こった少量の出血がおしるし(産徴)です。破水は卵膜が破れた時に起こり、羊水が膣から外へ流れ出てくることを指します。お産が始まる際に、子宮筋が収縮し赤ちゃんを押し出そうとすることで起こる痛みが陣痛です。

赤ちゃんは陣痛が始まる前から準備している

一般的に出産が近づくと、胎動が減ると言われています。通常、赤ちゃんは頭を下にして生まれてきます。出産が近づくと、赤ちゃんは少しずつ下がってきて、体をママに対して横向きにして、骨盤にはまる位置に近づいてきます。陣痛が起こる前、赤ちゃんはこのようにして生まれる準備をして、陣痛が起こるのを待っているのですね。

合わせて読みたい

分娩まであと少し!陣痛室で待機するときに必要なものと心構え
定期的な本陣痛がはじまってから実際に分娩に至るまでには、まだ長い道のりが待っています。この陣痛がはじまってから分娩台に上がるまでの間に、妊婦さんが待機している部屋を「陣痛室」と言います。今回は、陣痛室とはどんなところなのかをはじめ、陣痛室で待機するときに必要なものと心構えについてご紹介していきま...

いよいよ陣痛が始まった!どう降りてくるの

陣痛が始まり、いよいよ赤ちゃんとの対面が近づいてきました。早くから、無理にいきんでしまうと、赤ちゃんが上手に回旋することができないので注意しましょう。陣痛が起こってから、産道を通る赤ちゃんの様子をまとめてみました。

陣痛の始まり!赤ちゃんが骨盤の中へ

陣痛が始まると、骨盤の中へ頭が入ってきます。ママの骨盤の入り口は横長で、その形に合うように赤ちゃんは頭から下がってくるのです。胸の方に顎を引き、頭頂部が先頭になるようにして、入ってきます。この頃になると、破水が起こることがあります。赤ちゃんの頭が、骨盤の入り口と一致したときにそこで固定されるのです。

陣痛が進んで、赤ちゃんが回転を開始

ママのお背中に顔が向くように、後ろ向きに徐々に、回転を開始します。骨盤の中の形は、入り口付近は横に長い楕円形で、真ん中になると円形、そして出口では縦に長い楕円形となっています。この形に合わせて赤ちゃんは90度向きを変え回旋を始めます。この時、赤ちゃんはママの背中の方に顔が向くように回転しているのです。

更に、向きを変えて降りてくる!

赤ちゃんが、頭を骨盤の外に出し始める時には、さらに後ろ向きに体の向きを変えてきます。後頭部がママの体の前方(恥骨側)になるように体をよじるように回旋します。頭の次に幅がある肩を外に出すために、骨盤の中を移動しながら、産道を降りてくるのです。骨盤から、頭が抜けるまで、あともう一歩です。上手にいきんで、赤ちゃんがうまく降りてこられるようにしましょう。

出典:www.kohjin.ne.jp

合わせて読みたい

出産するにはまだ早いぞー!陣痛のいきみ逃し方法は呼吸法?ツボ押し?
初めてのお産は不安だらけですが、事前に準備していれば、ぶっつけ本番のお産とはすいぶん違ったお産になるはずです。陣痛のエピソードはあふれていますが、いきみやいきみ逃しについて、あまり取り上げられていないため、知らずにお産に臨んでしまい戸惑ったママもいるかもしれません。そこで今回はいきみ逃しの方...
2歳9ヵ月の男の子と、4ヶ月の女の子のママ。本業は音楽で、演奏活動や指導をしています。食事にこだわり子どもと一緒に料理やお菓子、パン作りを楽しみながら食育にも目を向けています。上の子が早産で小さく生まれたので、心配も多いですが毎日楽しく過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃん自由自在!産道を通るときは一体どんな風なのか知っておこう!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る