気になる!陣痛の平均時間は?初産婦と経産婦の違いも?

陣痛中の妊婦
出産は1日がかりともいわれますが、実際どのくらい陣痛に耐えなければならないのでしょうか?避けられないとわかっていても、事前に陣痛にかかる時間がわかると出産の心づもりができるでしょう。ここでは初産婦と経産婦にわけて陣痛にかかる平均時間を紹介しています。そろそろ赤ちゃんに会えると楽しみにしている方は、出産準備としてぜひこの記事を参考にしてください。

陣痛から出産までにかかる時間とは

時計を持つ妊婦
出産が具体的に何時間かかるのかはわかりませんが、初めて出産する方よりは一度出産したことがある方が早く終わります。ただし、なかには赤ちゃんが産まれず長い時間陣痛に耐えなければならなくなる場合があるため注意が必要です。

初産は半日から1日がかりの大仕事

お産が始まるタイミングは10分おきに規則的な陣痛が始まったときです。初めて子どもを産む場合、分娩時間は11~15時間ほどかかります。陣痛の間隔が10分より長い場合はお産としてカウントされないので、実際はもっと長い間おなかの張りを感じることになるでしょう。

二人目以降は早く産まれる傾向がある

二人目の出産の場合陣痛時間は6~8時間とされ、初産婦より短くなる傾向があります。なお二人目以降は早く赤ちゃんが産まれる、というと妊娠週数が最初よりも早くなるようにも感じられますが、赤ちゃんがおなかにいる期間が必ず早まるということはありません。また、経産婦は産道が柔らかくなるまでの時間が短くなる傾向があるものの、必ず楽なお産になる、前の出産から○年間あいているので初産と同じくらい大変といった話にも明確な根拠はないようです。

赤ちゃんが産まれない!遷延分娩とは

陣痛が弱い場合や赤ちゃんが大きすぎる場合など、さまざまな原因でいつまでも分娩が進まないことがあります。これは遷延分娩(せんえんぶんべん)といい、初産婦で30時間以上、経産婦で15時間以上たっても赤ちゃんが産まれてこない状況です。後述する分娩の時期にわけていうと遷延分娩が起こる確率は全分娩のなかで数パーセント(第1期3~4%、第2期約8%)です。母子ともに体力が低下し危険が及ぶため遷延分娩と判断された後は、陣痛促進剤や、吸引など状況に応じて対応されます。特に自然分娩が難しいと判断された場合は帝王切開になることもあります。

合わせて読みたい

ついに出産スタート!陣痛を乗り切るための九つの方法
ついに出産スタート!陣痛を乗り切るための九つの方法
陣痛が始まると初産の妊婦さんは、分からないことだらけで不安と緊張で胸がいっぱいになりますよね。中には、陣痛がひどくて何も考え...

ここからが陣痛のスタート~分娩第1期~

陣痛第一期
分娩は第1期から三期にわけて考えられており、分娩のうち子宮口が全開になるまでの最も長い期間が分娩第1期です。初産婦では10~12時間、経産婦では5~6時間かかります。陣痛は厳しいですが、おなかの張りが耐えられないほど強くなるのはおよそ1分未満です。腰をさすってもらうなどしてできるだけリラックスして過ごしましょう。

子宮の収縮が始まり陣痛に気づく~準備期~

赤ちゃんが産道に入ってくる段階でおなか全体が収縮するような感じになります。子宮口の開きは0~3cmです。陣痛は10分間隔で、30~40秒おなかが張ります。そろそろ入院をするタイミングです。

分娩(ぶんべん)台の上で陣痛と戦う~開口期~

赤ちゃんが降りてきて子宮の下の方に痛みを感じやすくなります。子宮口の開きは4~7cmです。陣痛は3~5分間隔で、40~60秒おなかが張ります。本格的に分娩が始まって来たと感じ、呼吸法などでいきみ逃がしが必要になってくる頃です。

強い陣痛で下半身全体が痛む~極期~

赤ちゃんの頭が見えてくる時期で陣痛が最もつらく感じ下腹部や腰が非常に痛むことがあります。子宮口の開きは8~10cmです。陣痛は1~2分で、40~60秒程度おなかが張ります。子宮口が全開(10cm)になる前にいきむと会陰(えいん)が裂けてしまうので、おなかに力を入れるタイミングは医師や助産師の指示に従いましょう。また、苦しくなると呼吸が乱れてしまうので、おなかの張りが来そうだと感じたらできるだけ深く息を吸うのがおすすめです。

合わせて読みたい

https://mng.tamagoo.jp/give-birth/how-to-release-labor-pains/

陣痛の終わりまであと少し!出産2期と3期


分娩の第1期までに子宮口が全開になります。第2期で赤ちゃんが産まれ、第3期で胎盤が排出されます。お産のクライマックスとして非常に厳しい時期ですが、陣痛時間の峠は越えています。

分娩にかかる時間について~分娩第2期~

子宮口が前回になり赤ちゃんが一番狭い場所を降りてくる期間が分娩の第2期です。初産婦では1~2時間、経産婦では30分~1時間かかります。およそ2分周期で陣痛がきて、1分ほどおなかが痛むので、赤ちゃんもママも一番苦しい時期です。赤ちゃんにへその緒を通して酸素を送れるように、できるだけ体をリラックスさせしっかり呼吸をすることが大切です。

分娩にかかる時間について~分娩第3期~

分娩第2期の最後で赤ちゃんが産まれます。ママは一仕事終わったタイミングでほっとしていることでしょう。分娩の第3期は不要になった胎盤が体から出るまでの期間です。初産婦では15~30分、経産婦では10分~20分かかります。強烈な陣痛は第2期で終了し、第3期ではほとんど腹圧がかかりません。自然な呼吸のまま赤ちゃんを眺めたりしながら過ごすことができます。

胎盤が出た後には後陣痛が数日起こる

赤ちゃんを産むまでには何時間もの間陣痛に耐えていましたが、出産後にも子宮がもとの大きさに戻る過程で不規則におなかが痛みます。これは後陣痛(こうじんつう)と呼ばれ、ひどい生理痛のような痛みが産後2、3日続きます。授乳中に出るホルモンの影響で授乳中にはおなかが痛くなりやすいです。また、一般的には子宮の伸び縮みする力が強い経産婦の方が強い痛みを感じやすい傾向があります。なお後陣痛は帝王切開の場合も同様に起こります。

おわりに

陣痛が起きている時間は初産婦で11~15時間ほど、経産婦で6~8時間ほどです。厳しい時間ではありますが、ママだけでなく赤ちゃんもがんばっている時間ですので酸素をたくさん送ってリラックスして出産に臨みましょう。

ピックアップ

分娩(ぶんべん)まで後少し!陣痛室で待機するときに必要なものと心構え
分娩(ぶんべん)まで後少し!陣痛室で待機するときに必要なものと心構え
定期的な本陣痛がはじまってから実際に分娩(ぶんべん)に至るまでには、まだ長い道のりが待っています。この陣痛がはじまってから分娩台に上がる...
おしるしから陣痛、出産まで。流れや経過時間を予習しよう
おしるしから陣痛、出産まで。流れや経過時間を予習しよう
妊娠が分かってから、ママやパパは新しい命に出会う瞬間を楽しみにしている事でしょう。おなかが大きくなって臨月に入ると、もう出産は目の前...
その日は突然やってくる!破水から出産までお産の流れを確認
その日は突然やってくる!破水から出産までお産の流れを確認
破水は陣痛と同様にお産が始まる重要なサインです。破水が起こってすぐに出産が始まる場合もありますが、そうでなく時間がかかる人もいます。 ...
30代後半のママライターで夫、5歳娘、3歳娘、2歳息子の5人家族です。セットメーカーで技術者として10年ほど勤務していましたが、出産と夫の転勤が重なり退職。実家から遠く離れた土地で生活しています。子育てのポリシーは毎日が面白ネタです。大変なこともありますが、日々ボケと突っ込みで乗り切っています。また、できるだけ家族が揃う時間が作ってコミュニケーションを大切にしています。よろしくお願いします!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
気になる!陣痛の平均時間は?初産婦と経産婦の違いも?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る