自然妊娠するにはどうしたらいい?高齢不妊を打破する方法

良ければシェアをお願いします。

妊婦

「子どもが欲しいけど高齢で自信がない」、「高齢の不妊治療はお金がかかる」など、高齢不妊で悩んでいる女性はたくさんいることでしょう。ここでは、高齢不妊を打破し、自然妊娠する方法をご紹介していきます。なぜ高齢になると妊娠しにくくなるのか、まずその原因をお伝えします。そして、「高齢だから」と諦めている方に、自然妊娠できる方法をお伝えしていきましょう。

スポンサーリンク

高齢不妊はどうして起きる?

砂時計

(1)卵子の老化

高齢不妊の最大の原因とされているのが、卵子の老化です。卵巣内の卵母細胞(卵子の元となる細胞)は、30歳を過ぎてから減少しはじめ、37歳~42歳にかけて急激なスピードで減少すると言われています。20代の頃と比べると、約1/10になるとされています。

さらに、老化によって卵子の染色体異常の数が増えるというリスクもあります。卵子が正常に発達しなかったり、卵子の生命力が低下したり、流産する確率も高まるのが、35歳以降です。

合わせて読みたい

ダウン症になる確率と原因、その予防策とは
ダウン症は医学的には「ダウン症候群」と呼ばれる、先天的な疾患です。今のところ治療方法がないため、赤ちゃんを授かった多くのお母さんが不安になる病気の一つです。一般的には高齢出産や栄養不足がダウン症の原因といわれています。 多くの人がダウン症を「知的障害」が主な症状ととらえているようですが、生まれ...

(2)生理不順

生理が年に数回しかない、生理周期が一定ではない(長すぎる、もしくは短すぎる)という方は、妊娠しにくい体質である可能性が高いでしょう。生理不順を放置してしまうと、卵巣機能が低下し、不妊症の原因になることがあります。
重度の生理不順になると、ホルモンの分泌が少なくなり、若年性の更年期障害に苦しむ可能性もあります。

(3)子宮内膜が薄くなる

子宮内膜が平均値より薄い場合も、不妊の原因とされています。高齢になるにつれ、子宮内膜の老化も進み、子宮内膜が薄くなるケースがあるようです。
一般的に、排卵後の子宮内膜の厚さは8mm以上あることが理想とされます。妊娠に必要な厚さは最低6mmで、それ以下の場合は不妊の可能性が高いと判断できます。

(4)その他の体の不調

冷えや肩こり、腰・手足の痛み、むくみ、低血圧などの症状がある方は要注意です。年齢を重ねると、代謝が落ちやすくなったり、筋肉が落ちやすくなったり、血行不良になったりと、体のコンディションが整わなくなる傾向が見られます。
体の機能が低下すると、元気な子どもを授かる力が衰えてしまいます。

高齢不妊を回避し、自然妊娠する方法とは?

細胞

(1)卵子の老化を防止する

体内のミトコンドリアの働きを活発にすることで、細胞の酸化や老化を抑制できると言われています。ミトコンドリアの数を増やし、活発な活動をする卵細胞を生成できれば、質の高い卵子を育成することが可能です。
ミトコンドリアは食生活の乱れ、運動不足、ストレス、喫煙によって減少することが分かっています。栄養のある食事、適度な運動、ストレス解消を心がけることで、高齢不妊を回避し、自然妊娠する可能性を高めることができます。

(2)生理周期を正常に

生理不順のままだと、自然妊娠は難しいでしょう。妊娠の可能性はありますが、より確率を上げるためには、正常な生理周期になることが大切です。

改善するためには、ストレスを溜めないこと、生活習慣を見直すことが必要です。マカというペルーの高原野菜には、ミネラルなどホルモンバランスを整えてくれる栄養が豊富に含まれており、有効とされています。食事に取り入れたり、サプリメントを試してみたり、できることから始めてみましょう。

(3)子宮内膜を厚くする

子宮内膜が薄いと、妊娠しにくいことが分かっています。正常な子宮内膜と比べて、酸化ストレスが多くみられる傾向があることが原因です。ビタミンEビタミンCは、活性酸素を抑える抗酸化作用があることで知られています。食事やサプリメントなどで取り入れてみましょう。

また、食材ではザクロがポリフェノールを多く含み、強い抗酸化作用があります。ザクロを使った料理やジュースなど、手軽に取り入れてみてください。

(4)腸内環境を整える

様々な体の不調が不妊の原因になることは、前述した通りです。体調不良の原因は色々ありますが、老化は見えるところだけでなく、目で見えない臓器でも進んでいます。腸は、全身の老化防止のカギを握った臓器です。免疫力にも大きな影響を与えるため、高齢不妊に悩む方は、腸内環境を整え、正常な状態にしておくことがポイントになってきます。

肉類の食べ過ぎや野菜不足、過度の飲酒や喫煙は、腸に悪影響を与えます。ストレスを溜めたり、運動が不足したりと、生活習慣が悪い場合も腸の老化が進むとされています。腸内フローラを増やすことで、腸内環境は整えることができます。ヨーグルトやサプリメントなど、成分が多く含まれたものを取り入れてみましょう。

合わせて読みたい

不妊の原因は女性だけ?精子と年齢の関係
「赤ちゃんがほしいな」と思ってはいるけれど、なかなか妊娠できない…とお悩みの方は多くいらっしゃるかと思います。出産をするのは女性ですから、つい「妊娠」となると女性に注目してしまいますが、不妊の原因は男性にもあるのです。男性の場合、「無精子症」や「乏精子症」などの病気が不妊の原因として挙げられます...

お手軽マッサージと運動を習慣に

マッサージ

適度な運動は高齢不妊に効果的であり、自然妊娠の可能性も高まります。ここでは、手軽にできる妊活マッサージと運動をご紹介していきます。

【胸腺マッサージ】

胸腺を強化するマッサージを習慣化することで、高齢不妊を打破できる可能性があります。胸腺をマッサージすることで、黄体ホルモン不足やホルモンバランスの乱れを正常に整えることができると言われています。やり方は簡単です。「胸腺の上の胸骨を、毎日40回軽く叩く」だけです。40回を1セットとして、朝昼晩3セット行いましょう。最初は胸腺をなでるだけでもOKです。20秒くらいなでて、深呼吸をします。

有酸素運動

適度な運動とストレス発散が、不妊に効果的ということはお分かりいただけたと思います。有酸素運動は、体調を良好にするだけでなく、ストレス解消にも効果的です。
1日20分程度のウォーキング、1時間程の水中ウォーキング、ヨガなどの有酸素運動は、高齢の自然妊娠に効果的と考えられています。

おわりに

いかがでしたか。高齢不妊に悩む方向けに、自然妊娠する方法をご紹介してきました。卵子の老化を抑止するために、適度な運動と質の高い食事を摂り、自然妊娠を成功させましょう!

ピックアップ

適齢期の出産とは違う高齢出産のリスクとは!?
平均出産年齢は、平均初婚年齢があがるにしたがって上昇していっています。これは初婚年齢が上がっているので、ある意味当然のことです。また、医療技術も発展していっていますし、ライフスタイルの多様化や共働きなどが影響を与えているため、昔に比べて高齢での出産も一つの選択肢となっています。 ただ、高齢出産...
高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活に取り組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢出産とは、日本産科婦人科学会によると35歳以上で出産することを指し、流産や早産、難産の確率が上がるリスクがあると言われています。ですが一方で、若返り効果や精神的...

https://tamagoo.jp/ninkatsu/maca-supplements-10-election/

購読はいいねが便利です!
自然妊娠するにはどうしたらいい?高齢不妊を打破する方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

高齢出産・高年初産の悩みについて・・・あわせて読みたい

高齢出産だと双子の確率が上がるって本当?
高齢出産だと双子の確率が上がると言われていますが本当のところはどうなのでしょうか。高齢出産とは、35歳を過ぎてからの初産のことを言います。厚生労働省の人口動態調査によると、日本の出生総数は減少しているのに対して、双子以上の多胎児の出生数は横ばい状態を維持し、約40年間で2倍近くなっています。...
高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活に取り組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢出産とは、日本産科婦人科学会によると35歳以上で出産することを指し、流産や早産、難産の確率が上がるリスクがあると言われています。ですが一方で、若返り効果や精神的...
40代で出産した人も?高齢出産を経験した芸能人まとめ
女性にとって、仕事や私生活、身体の健康状態を考えると、出産する年齢はとても気になるところ。一般的に、35歳以上の出産は高齢出産と呼ばれ、母体と子どもの身体にとって、リスクが生じる可能性が高いといわれています。 しかし、世の中には高齢出産をしても母子ともに健康で、社会復帰まで果たしている方がいる...
年々上がる初産の平均年齢!40代でも妊娠できる人の特徴
昨今は晩婚化の影響で初産の平均年齢も上昇しています。かつては30代以上の女性が出産することは危険と言われていましたが、最近は珍しくなくなり、40代で初産を迎える人も少なくありません。しかし、高齢になると妊娠することが難しくなるうえ、出産にも様々なリスクがともないます。40代でも妊娠し、出産で...
適齢期の出産とは違う高齢出産のリスクとは!?
平均出産年齢は、平均初婚年齢があがるにしたがって上昇していっています。これは初婚年齢が上がっているので、ある意味当然のことです。また、医療技術も発展していっていますし、ライフスタイルの多様化や共働きなどが影響を与えているため、昔に比べて高齢での出産も一つの選択肢となっています。 ただ、高齢出産...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る