【医師監修】かわいい名前だけど不思議な病「不思議の国アリス症候群」ってどんな症状?

監修医師プロフィール:山中岳先生の写真山中岳 先生

平成8年医師免許取得 東京医科大学病院小児科。

子供の心身の成長に向き合う現場を20年以上経験する医師。経験に加え、日本小児科学会専門医・指導医、日本小児神経学会専門医・指導医、日本てんかん学会専門医・指導医、と数多くの資格を所持。日々、てんかんや熱性けいれんなどのけいれん性疾患、頭痛、発達の遅れ、脳性麻痺など、主に神経疾患のお子さんの診察を行っています。

http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/shoni/staff/294.html


不思議の国のアリス症候群
不思議の国のアリス症候群というものは「もの」がゆがんで見えたり「もの」の大きさが違って見えたりという症状があります。かわいらしい名称の病気ですが、子どもに多く見受けられる病気です。本人にとっては訴えが理解されずつらい思いをすることも。ここでは不思議の国のアリス症候群とはどんなものなのかについて解説します。子どもの悩みに寄り添って気づいてあげられるようにこの症状について事前に知っておきましょう。

不思議の国のアリス症候群って何?

驚く子ども
不思議の国のアリス症候群といってもどういう症状なのかピンとこない方がほとんどでしょう。ここでは不思議の国のアリス症候群についての症状やどんな人に多いのかについてご紹介します。

不思議の国のアリスの世界観に似た症状

ルイス・キャロルの児童文学「不思議の国のアリス」では、主人公のアリスが「飲んで」と書かれた瓶の中身を飲むと体が小さくなり、「食べて」と書かれたケーキを食べると体が大きくなってしまうというシーンがあります。不思議の国のアリス症候群とはアリスと同じように自分の体が大きくなったり小さくなったりするように感じられる不思議な症状なのです。

ものの見え方に違和感が出るのが主な症状

不思議の国のアリス症候群には一見信じられないような不思議な症状があります。本人にとっても、ものの見え方に違和感を覚えます。例えば、壁におばけが見えるなどと訴え怖がることもあります。

  • 夜布団に入ると自分の体が小さくなったり大きくなったりするような感覚がある
  • ものの形がゆがんで見える
  • 壁に人の顔が見える
  • 背が高いはずの大人が自分よりも小さく見える
  • ママの顔が異常に大きく見える
  • 相手の顔が緑などに変色して見える

子どもや芸術家に多いとされている

不思議の国のアリス症候群は幼児から10歳くらいまでの小学生に多くみられます。医学的な病名ではあるもの、報告事例が少なくあまり知られていません。

しかし芸術家の中には不思議の国のアリス症候群とうまく付き合っていたのではないかと言われている人たちがいます。

  • ピカソ
  • 芥川龍之介
  • 樋口一葉
  • ジョナサン・スウィフト(ガリバー旅行記の作者)

上記の人たちは独特なものの見方で後世に名を残しています。彼らの作品では、ものの大小や形を大きくゆがませた表現が魅力的に描かれています。

合わせて読みたい

子どもへの愛情が不足?愛情遮断症候群はどんな症状なのか?
子どもへの愛情が不足?愛情遮断症候群はどんな症状なのか?
産まれたばかりの赤ちゃんは小さくてかわいらしくてかよわくて…見ているだけで幸せな気分になれますよね。親は子どもに十分な愛情を与え、守り育...

不思議の国のアリス症候群の原因とは

原因を考える
不思議の国のアリス症候群の原因ははっきりとはわかっていません。しかし不思議の国のアリス症候群は一過性となる場合がほとんどで、時間がたてば落ち着いてくると考えられています。ここでは不思議の国のアリス症候群が起こる原因とされる三つ原因についてご紹介します。

エプスタイン・バーウイルス感染によるもの

不思議の国のアリス症候群はEpstein-Barr (エプスタイン・バー) ウイルスに感染したことが原因で、中枢神経の炎症を起こしているという説があります。これはヘルペスウイルスの一種で、3歳までに8割の子どもが感染すると言われているほど、ごくありふれたものです。通常感染しても全く症状が現れなかったり軽い風邪で済んだりします。しかし場合によっては重症化し、発熱やリンパの腫れなどと共に不思議の国のアリス症候群の症状が出ることがあります。

てんかんの発作によるもの

てんかんとはいろいろな要因で起こる慢性の脳疾患です。発作が起こる部位によっては視覚や聴覚、自律神経に異常を起こします。そのため、不思議の国のアリス症候群のようにものの見え方の異常を起こすのは、てんかんの発作と関連しているのではないかといわれているのです。

片頭痛によるもの

不思議の国のアリス症候群は片頭痛の起こる少し前に発生することもあることが知られています。ズキズキと頭の1カ所が痛むほか、吐き気がしたり、音や光に敏感になったりする特徴があります。特にストレスや気圧の変化、首や肩のコリなどで脳が過度に緊張すると起こりやすいと考えられています。

合わせて読みたい

【医師監修】ADHDの症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
【医師監修】ADHDの症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
ADHDとは日本名で「注意欠陥多動性障害」と言います。英名では「Attention-Deficit/Hyperactivity ...
30代後半のママライターで夫、5歳娘、3歳娘、2歳息子の5人家族です。セットメーカーで技術者として10年ほど勤務していましたが、出産と夫の転勤が重なり退職。実家から遠く離れた土地で生活しています。子育てのポリシーは毎日が面白ネタです。大変なこともありますが、日々ボケと突っ込みで乗り切っています。また、できるだけ家族が揃う時間が作ってコミュニケーションを大切にしています。よろしくお願いします!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】かわいい名前だけど不思議な病「不思議の国アリス症候群」ってどんな症状?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る