【医師監修】産後のぼうこう炎の原因・症状・治療法まとめ

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html


おなかを触る女性

一般に、女性は男性よりぼうこう炎になりやすいといわれています。理由は尿道の短さによって大腸菌などの細菌がぼうこう内へ侵入しやすいからです。また妊娠や出産といった、体内の大きな変化にも原因があるようです。ここでは産後にぼうこう炎になりやすい理由と症状、治療法などについてご紹介します。

ぼうこう炎について

細菌

ぼうこう炎は、尿道からの細菌感染によってぼうこうに炎症が起きる病気です。ぼうこう炎の原因は主に細菌感染であり、細菌の感染は、細菌が尿道からぼうこうに侵入してくることで起こります。
もともとぼうこう内の尿には少量の細菌が存在しており、ぼうこうは細菌への抵抗力があります。また、一定時間ごとに移入することで常にそれらの細菌を洗い流しているので、通常は一定数以上に細菌が増えることはありません。
しかし、疲労やストレスなどで抵抗力が弱くなると、細菌に感染しやすくなり、ぼうこう内の細菌が増殖することでぼうこう炎になってしまうことがあるのです。ぼうこう炎の原因となる細菌には、ブドウ球菌や大腸菌、セラチア菌、プロテウス、肺炎桿(かん)菌、腸球菌などが見られ、その中でも大腸菌が原因菌の80%前後を占めるといわれています。

ぼうこう炎の症状

腹痛

主な症状として、頻尿、排尿痛、残尿感、尿が白っぽく濁る、尿に血が混じる、などがあります。初期は自覚症状がないことがありますが、放置すると排尿時に激痛がするなどの症状が出るようになります。さらに悪化すると、腎盂腎炎(じんうじんえん)を引き起こしてしまうこともあります。ちなみに腎盂腎炎の症状には、発熱や吐き気、腰や背中の痛みなどがあります。

ぼうこう炎の診断基準

問診の結果、ぼうこう炎の疑いがあるとされた場合、まずは尿検査をします。ぼうこう炎の場合、タンパクや潜血反応(糞便によって少量の出血を検出する検査)に反応が出てきます。ぼうこう炎の検査の採尿するときの注意点は、中間尿を採取することです。中間尿とは尿が出始めてから、少したってから出る尿のことを指します。
出はじめの尿には膣(ちつ)などの白血球や細菌が混入しやすく、間違ってぼうこう炎と診断されてしまう場合がありますので、出はじめの尿は採取せず、中間尿を採尿しましょう。

合わせて読みたい

産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる三つの方法
産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる三つの方法
出産を経験したことのある人であれば、産後、以前の体形へなかなか戻らないというストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、赤...

産後にぼうこう炎になる原因

産後ママ

産後は、一時的ですが出産時の負担でぼうこうの神経が麻ひしやすくなるため尿が出にくくなり、尿が常にぼうこう内にたまっている状態になりやすくなってしまいます。また、分娩(ぶんべん)時の会陰の裂傷や切開による痛みでおなかに力を入れられず、そのために排尿をがまんしてしまい、尿がぼうこうに長時間たまった状態になってしまうことも一因に挙げられます。

そしてしばらくの間、子宮の内側や膣(ちつ)の傷口などから粘膜や血液などの分泌物が排出されます。これを悪露(おろ)といい、個人差はあるものの悪露は産後3~4日くらいまで大量に出た後、次第に少なくなり1~2カ月でなくなります。この悪露や、出産時に傷ついた外陰部のケアをおろそかにするとそこから細菌が入り込んで繁殖し、それが尿道口から侵入してぼうこう炎になりやすくなるケースもあります。

また、赤ちゃんのお世話などで忙しく、ついついトイレにいくのをがまんしてしまうとぼうこう内に尿が長くとどまり細菌が繁殖してしまいます。このことが、産後ママにぼうこう炎が多い原因の一つとなっています。

産後のぼうこう炎の治療法は?

問診

ぼうこう炎にかかってしまった場合、出産後、まだ入院中であれば医師に相談して抗菌薬を処方してもらいましょう。市販薬については自己判断で服用せず、必ず出産した病院や産院の担当医に相談してください。
ママが服薬すると母乳を飲む赤ちゃんに影響が出ると思いがちですが、ママの血液中にある薬の成分は、母乳になるまでに非常に薄くなります。ですから、赤ちゃんに影響することはほぼありません。とはいえ自己判断は危険ですから、ぼうこう炎の薬を飲む際は必ず医師の診察を受けてからにしましょう。

合わせて読みたい

【統合】【レシピ付き】産後ママが喜ぶ三つの食材と食事メニュー
【統合】【レシピ付き】産後ママが喜ぶ三つの食材と食事メニュー
産後のママの悩みと言えば何があるでしょう。例えば「赤ちゃんのために、よい母乳をあげたい」、「妊娠中にたるんだ体を引き締めたい」などと思う...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】産後のぼうこう炎の原因・症状・治療法まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る