産後の膀胱炎の原因・症状・治療法まとめ

良ければシェアをお願いします。

おなかを触る女性

一般に、女性は男性より膀胱炎になりやすいといわれています。理由は尿道の短さによって大腸菌などの細菌が膀胱内へ侵入しやすいからです。また、妊娠、出産による体内の大きな変化にも原因があるようです。ここでは産後に膀胱炎になりやすい理由と症状、治療法などについてご紹介します。

スポンサーリンク

膀胱炎について

細菌

膀胱炎は、尿道からの細菌感染によって膀胱の働きがうまくいかなくなる病気です。膀胱炎の原因は細菌感染であり、細菌の感染は、細菌が尿道から膀胱に侵入してくることで起こります。もともと膀胱内の尿には少量の細菌が存在しており、また膀胱は細菌への抵抗力があります。

しかし疲労やストレスなどで抵抗力が弱くなると、細菌に感染しやすくなり、膀胱内の細菌が増殖することで膀胱炎になってしまうことがあるのです。膀胱炎の原因となる細菌には、ブドウ球菌や大腸菌、セラチア菌、プロテウス、肺炎桿菌、腸球菌などが見られ、その中でも大腸菌が原因菌の80%前後を占めるといわれています。

合わせて読みたい

産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法
出産を経験したことのある人であれば、産後、以前の体型へ中々戻らないというストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるため、水分や脂肪を蓄えやすいよう体質が変化しています。一般的に10kg近く体重が増加しますが、その時に起こる現象が骨盤の歪みです。この骨盤...

膀胱炎の症状

腹痛

おもな症状として、頻尿、排尿痛、残尿感、尿が白っぽく濁る、尿に血が混じる、などがあります。初期は自覚症状がないことがありますが、放置すると排尿時に激痛がするなどの症状が出るようになります。さらに悪化すると、腎盂腎炎(じんうじんえん)を引き起こしてしまうこともあります。ちなみに腎盂腎炎の症状には、発熱や吐き気、腰や背中の痛みなどがあります。

膀胱炎の診断基準

問診の結果、膀胱炎の疑いがあるとされた場合、まずは尿検査をします。膀胱炎の場合、タンパクや潜血反応に反応が出てきます。膀胱炎の検査の採尿する時の注意点は、中間尿を採取することです。中間尿とは尿が出始めてから、少したってから出る尿のことを指します。

出はじめの尿には膣などの白血球や細菌が混入しやすく、間違って膀胱炎と診断されてしまう場合がありますので、出始めの尿は採取せず、中間尿を採尿しましょう。

合わせて読みたい

奇跡の食材チアシード!驚くべき22の栄養素と3つの効果
近年、物珍しい飲み物や食べ物がスーパーなどでも気軽に購入できるようになりました。その中の1つと言ってもいい食材、チアシードも飲み物としてスーパーなどでよく見かけます。最初に見たときの印象は、あまりの見た目に恐れをなしていましたが、その栄養価や効果を知ったとき、見た目に寄らないとはまさにこのことで...

産後に膀胱炎になる原因

産後ママ

産後は、一時的ですが出産時の負担で膀胱の神経が麻ひしやすくなるため尿が出にくくなり、尿がつねに膀胱内に溜まっている状態になりやすくなってしまいます。また、分娩時の会陰の裂傷や切開による痛みでお腹に力を入れられず、そのために排尿をがまんしてしまい、尿が膀胱に長時間溜まった状態になってしまうことも一因に挙げられます。

そしてしばらくの間、子宮の内側や膣の傷口などから粘膜や血液などの分泌物が排泄されます。これを悪露(おろ)といい、個人差はあるものの悪露は産後3~4日くらいまで大量に出た後、次第に少なくなり1~2カ月でなくなります。この悪露や、出産時に傷ついた外陰部のケアをおろそかにするとそこから細菌が入り込んで繁殖し、それが尿道口から侵入して膀胱炎になりやすくなるケースもあります。

また、赤ちゃんのお世話などで忙しく、ついついトイレに行くのをがまんしてしまうと膀胱内に尿が長く留まり細菌が繁殖してしまいます。このことが、産後ママに膀胱炎が多い原因の一つとなっています。

産後の膀胱炎の治療法は?

問診

膀胱炎にかかってしまった場合、出産後、まだ入院中であれば医師に相談して抗菌薬を処方してもらいましょう。市販薬については自己判断で服用せず、必ず出産した病院や産院の担当医に相談してください。

ママが服薬すると母乳を飲む赤ちゃんに影響が出ると思いがちですが、ママの血液中の薬の成分は、母乳になるまでに非常に薄くなります。ですから、赤ちゃんに影響することはほぼありません。とはいえ自己判断は危険ですから、膀胱炎の薬を飲む際は必ず医師の診察を受けてからにしましょう。

合わせて読みたい

【レシピ付き】産後ママが喜ぶ3つの食材と食事メニュー
産後のママの悩みと言えば何があるでしょう。例えば「赤ちゃんのために、良い母乳をあげたい」、「妊娠中にたるんだ体を引き締めたい」などと思うこともあるはずです。こうした悩みを解決する方法として食事に気をつけることがあげられます。そこで、産後のママが摂った方が良い食材や、その食材を使ったメニューについ...

産後の膀胱炎の予防について

尿検査

膀胱炎の予防法はおもに以下を心がけるといいでしょう。

  • しっかり水分補給をする(1日あたり1.5~2L)
  • 体を温める(腹巻をする・靴下を履くなど)
  • カフェインの多い飲み物やアルコールを摂りすぎない
  • 冷たいものを飲みすぎない
  • がまんせず、こまめにトイレに行く
  • おりものシートを活用して陰部を清潔にする
  • セックスの後は早めに排尿する
  • セックスの前後はシャワーを浴びてやさしく陰部を洗う

そのほかにも食事や睡眠をしっかりとり、規則正しい生活を心がけることも大事です。寝不足や体調不良を感じたら、赤ちゃんが寝ているときは一緒にお昼寝するなど、こまめに休憩を取ることも大切です。そして産後は膀胱炎になりやすいことを意識し、水分補給と排尿をこまめに行い、できるだけ膀胱に尿が長時間溜まらないよう心がけてください。尿が出にくいときは、下腹部を押すと出やすくなるようです。

おわりに

産後にかかった膀胱炎は一度治ったと思っても、油断をすれば出産と育児で体力が低下している状態のうえ、抵抗力が弱いせいですぐに再発する恐れがあります。ここでご紹介した予防法を心がけるなどして日常生活の中でも再発防止に努めましょう。もしかしたらまた膀胱炎かも、と思い当たる症状が出たら自力で治そうとせずに必ず医師に相談してください。

ピックアップ

育児に専念!育児休業給付金の計算方法と条件
育児休業を考えているものの、その間の金銭面での不安から、なかなか踏み切れないという方もいらっしゃるかもしれません。確かに、育児休業の間は、企業から給与をもらうことができません。ですが、きちんとした手続きを踏めば、育児休業中に「育児休業給付金」が支給されることはご存知でしょうか。 ここでは、「育...
カンジダって性感染症なの?症状や治療法など知識まとめ
膣の病気にはさまざまな種類があり、カンジダもその1つです。疲れていたり免疫力が低下していたりするとかかりやすい病気と言われていますが、クラミジアなどのように性行為で感染することはあるのでしょうか。ここではカンジダが性感染症なのかどうかについて触れながら、その症状や原因、治療法などカンジダの基礎知...
共働きの旦那さん必見!上手な家事分担のコツ
共働きの家庭というのは年々増加傾向にあり、2016年7月12日の厚生労働省の発表によると、2008年に1,000万世帯を超えて以降、現在もさらに増え続けているとのことです。この背景には女性の社会進出や不景気という社会情勢があり、これからも増加し続けることでしょう。 そこで問題になるのが家庭内に...
購読はいいねが便利です!
産後の膀胱炎の原因・症状・治療法まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

出産後の悩みについて・・・あわせて読みたい

産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法
出産を経験したことのある人であれば、産後、以前の体型へ中々戻らないというストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるため、水分や脂肪を蓄えやすいよう体質が変化しています。一般的に10kg近く体重が増加しますが、その時に起こる現象が骨盤の歪みです。この骨盤...
産後ダイエットはいつからはじめるといい?目安体重は?
一般的に、女性は出産後体重が10キロ程度増加すると言われています。妊娠、出産は女性の身体にかかる負担が大きいため、様々な変化を引き起こしてしまい、体質などが変わってしまうことがありますが、体重の増加もそのひとつと考えられています。 妊娠・出産によって変わってしまった体型や体重を気にして、産後ダ...
産後の悪露はいつまで続く?出血量や匂いはどう?
初めて出産する方にとって、産後の出血“悪露(おろ)”は、どのように対処すればいいのか気になることでしょう。悪露は、産後の子宮をもとに戻す大切な機能ですが、正しい状態を知ることや、事前の準備などが重要となります。 特に、悪露の状態を知っておくことで、母体の回復や隠れた病気などを発見でき...
妊娠中にできた正中線は産後に消えるの? その方法は?
「正中線」とは、本来「体の中央を、頭から足先までまっすぐに降りていく線」を指す言葉です。しかしこれが「妊娠中の症状」と結び付けられると、また違った意味を持ってきます。今まで見たことのないものなので、不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな「妊娠中の正中線」に着目してお話して...
産後の女性はなぜ性欲がなくなるの?原因とメカニズムを解明
産後に性欲減退が起きてしまって、悩んでしまう女性もいらっしゃるようです。夫との夜の営みがなくなって、不安を感じている人も多いでしょう。しかし産後すぐは、休む暇もなく育児で目まぐるしい毎日を送ることになります。可愛い赤ちゃんを一生懸命育てていると、どうしても性行為をする気になれないものです。性欲減...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る