良ければシェアをお願いします。

高齢出産でも母乳で育てられる!気を付けたい3つのポイント

高齢出産でも母乳で育てられる!気を付けたい3つのポイント

高齢出産だと母乳が出にくいと聞いたことがありますか?メディアにそのような心配や不安を相談する声も上がっていますが、母乳の出る量と年齢は大きな関係はないのです。

大事なのは母体の健康。母乳育児を目指したい場合はぜひ、ご自身の健康や生活を大事にしましょう。ここでは母乳育児を望む高齢出産のママさんのお役に立てるポイントを紹介します。

スポンサーリンク

なぜ、「高齢出産だと母乳が出にくい」?

「高齢出産だと母乳が出にくい」と言われるようになったのは、おそらく、年齢を重ねると乳腺の機能が低下するという、いわば生物として逆らえない現実からだと考えられます。

確かに、20代のママさんと比較してしまえば乳腺の機能は低下していることは否定できないでしょう。

要因は乳腺の機能の低下だけじゃない

女性は年齢を重ねると、ストレスの影響を受けやすくなる人が多いので、それにより母乳が出にくい状態になることが考えられます。

思春期以降、精神的に何かトラブルがあると、生理が遅れた経験はありませんか?それと同じで、精神的なストレスの影響をもろに受けてしまうということですね。

そして、母乳が出にくいというストレスがまたストレスを膨らませ、余計に出にくくなるという悪循環を生んでしまいます。ストレスもまた、要因のひとつです。

そしてもうひとつの要因は体力不足

育児は体力戦です。出産で疲労困憊な母体に遠慮も容赦もなくやってきます。特に産後すぐは、赤ちゃんが母乳を上手に飲めなかったり、飲めても少量で満たされてしまったりして、頻繁に授乳が必要になるので、十分な睡眠のとれない生活が続きます。

すると、母体は体力を充電する十分な睡眠が取れず、母乳が作られにくくなり、出にくくなるという事態を招くことになるのです。睡眠不足、体力不足、母乳不足が重なり、しんどいばかりで泣けてきます。

少しでも、母乳を出やすくするために

高齢だから母乳が出ない、出にくいというのはすべての人に決まっていることではなく、高齢でも溢れるほど母乳が出る人もいます。母乳育児を望むのであれば、先にお伝えしたような、母乳が出にくくなる要因を自分に近づけないことが大事になってきます。

自分の努力次第で、自分の望む育児に近づけるよう、できることから1つずつ、挑戦してみましょう。このあとは、母乳育児をするために気を付けるべき3つのポイントを紹介していきます。

合わせて読みたい

適齢期の出産とは違う高齢出産のリスクとは!?
平均出産年齢は、平均初婚年齢があがるにしたがって上昇していっています。これは初婚年齢が上がっているので、ある意味当然のことです。また、医療技術も発展していっていますし、ライフスタイルの多様化や共働きなどが影響を与えているため、昔に比べて高齢での出産も一つの選択肢となっています。 ただ、高齢出産...

母乳育児のためにできることは?

まずは、母体の健康のためにも、食事内容の改善をしましょう。次に、水分補給の見直し。そして、睡眠時間の確保です。詳しくは、以下に1つずつ紹介していきますが、やはり、一番大きな課題は母体の健康そのものに他なりません。

1つめは、食事内容の改善です。

油っぽいものや甘いものを多く摂取していると、乳腺が詰まってしまい、母乳の出を悪くしてしまいます。また、母乳の出は血流の良さに左右されてしまいがちです。

なので、血流が悪くなる事が予想される、体を冷やす特性を持った飲食物は控えるようにし、血の巡りが良くなり、体を温めてくれるような食べ物や飲み物を積極的に取り入れてみましょう。

特に夏場は、涼を求めて冷たいものを摂りがちですので、ほんの少し、我慢をしてみてください。

2つめは、水分補給の見直しです。

母乳は血液から作られていることをご存じですか?血液は体内の水分量とも大きく関わっています。ですので、体内の水分量が不足している場合も、母乳の出を悪くする要因になります。

したがって、授乳中はなるべくマメに水分補給をするようにしましょう。目安は1日2リットルですが、紅茶、緑茶、コーヒーなど、カフェインが含まれる飲み物はできるだけ避けてください。

母乳育児中の水分補給には麦茶や水、番茶、ほうじ茶、などを飲むようにするとよいです。

3つめは、睡眠時間の確保です。

母乳が作られる時間帯は母体が寝ているときだと言われています。なので、母乳育児中は、できるだけ多く睡眠をとることを心がけましょう。この時期のお母さんは夜だけの睡眠時間では足りないことも多いので、赤ちゃんと一緒に昼寝をすることがオススメです。

どうしても赤ちゃんの睡眠時間を利用して家事をしなくては!と思ってしまう方も多いと思います。特に日本のお母さんは昼寝をすることに罪悪感や後ろめたさを感じてしまう方が多い様です。

しかし、母乳を作るためには寝ることが大切です。母乳を作る事は、赤ちゃんにとっても大事なことですので、休息の時間を大切にしてください。

合わせて読みたい

リスキーな高齢出産 その後に待ち受ける5つの注意点
平均初婚年齢が上昇傾向にあり、それにともない女性が第一子を産む年齢も高くなっています。現在では平均初産年齢が30歳を超えており、35歳を超えてから出産する人も珍しくなくなってきました。なかには、40歳を超えてから出産をする女性も増えてきています。 しかし、高齢出産にはリスクがともないます。無事...
イヤイヤ期真っ盛りの我が子に奮闘する一児の母。休日は家族で公園に行き過ごしています!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
高齢出産でも母乳で育てられる!気を付けたい3つのポイント
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る