産褥期のママの正しい過ごし方について

良ければシェアをお願いします。

産褥期のママの正しい過ごし方について

初産の方にとって、出産後の生活は想像することしかできなくて不安に思うことがたくさんありますよね。出産後はもちろん育児が待っていますが、育児と並行して気遣わなければいけないのはママの体です。妊娠中に産褥期の正しい過ごし方を知っておくことで、様々なトラブルに対応でき、心の準備を整えることができます。そういったことから、今回は産褥期の過ごし方についてご紹介します。

スポンサーリンク

産褥期とは

説明

産褥期(さんじょくき)とは、妊娠や出産によって変化した体がもとに戻るまでの6~8週間ぐらいまでの期間のことを指します

産褥期の「褥」という漢字は、「布団」といった意味があることから、産後一ヶ月で床上げするという言葉があるように、ママは一ヶ月間布団の上で体をしっかりと休める必要があるとされています。また、産後の肥立ちという言葉もありますが、この言葉も産褥期と同じ言葉の意味にあたります。

産褥期の体の変化

体の変化

子宮復古

妊娠すると、お腹の赤ちゃんや羊水の増加などにより子宮が大きく膨らみますが、産後には大きくなった子宮も小さく収縮し、約1ヶ月かけて元の大きさに戻ります。その際に、痛みが生じることがあり、これを後陣痛と呼びます。

骨盤

出産時に骨盤は大きく広がり、元に戻るまでとても不安定な状態になりますが、約1ヶ月かけてゆっくりと戻っていきます。

悪露

子宮に溜まっていた粘着性のある血液や分泌物などが混ざった悪露とよばれるおりものが産後しばらく続きます。赤ちゃんとママをつないでいた胎盤が赤ちゃんを出産することで取り出され、その際にできた傷によるものです。

産後2、3日は最も量が多く、色は赤や赤黒い色をしていますが、その後は出血量も減っていき産後1ヶ月経つとおりものの色も褐色から透明へと変化します。悪露がなくなるタイミングは個人差もあるため、よく観察することで、子宮の回復目安が分かります。

会陰切開後の経過

出産時に会陰切開を施された場合、産後すぐに縫合され一週間かからない内に傷もふさがるとされています。産後すぐは座ったり立ったりしていても痛みや違和感がありますが、長くても1ヶ月ほどで完治するとされています。

産褥期のトラブル

トラブル

排泄

出産時に骨盤が広がることによって緩んでしまい、産後2、3日は排尿をしづらく感じる場合があります。また、骨盤の筋肉が緩んだ状態のままだと、ふとした衝撃で尿漏れなどの症状を引き起こすことがあります。

その他にも、出産時のいきみによって切れ痔やいぼ痔になるなどして排便がしづらくなったり、母乳育児の場合、ママが摂取した栄養や水分が母乳に優先して回ってしまうため水分不足に陥りやすく便秘になったりします。

産褥熱

産褥熱とは、産後24時間以降から10日間までのうち、2日以上にわたって38度以上の発熱が続く症状のことを指します。会陰切開などの出産中にできた傷や前期破水によって細菌に感染した場合などのほかに、抵抗力の低下、胎盤遺残、悪露の影響もあって産褥熱を引き起こすとされています。

子宮復古不全

通常、出産後は子宮が元の状態に戻る子宮復古が見られますが、その際に子宮の収縮が見られない状態を子宮復古不全といいます。

原因としては、子宮の中に胎盤が残っていたり、卵膜のかけらが残ってしまったりといった場合が多く、子宮の回復が遅れることで、感染症や子宮内で炎症を引き起こし、子宮内宮癒着となる場合があります。その影響から不妊に陥ったり、流産しやすくなったりするため、産後一ヶ月をすぎても悪露がある場合やお腹の痛みが続く場合は病院に行くようにしましょう

産後うつ

産後すぐに体の状態が回復していないまま育児に追われることになると、睡眠不足に陥り疲れも取りにくくなります。また、初産の方の場合、はじめての経験ばかりで不安になったり自信をなくしたりと精神的に不安定な状態に陥りやすくなります。

産後うつは産後2~3週間のうちに発症しやすいとされています。もし産後うつの可能性があると感じた場合には、適切な治療を受けてください。

合わせて読みたい

産後の悪露はいつまで続く?出血量や匂いはどう?
初めて出産する方にとって、産後の出血“悪露(おろ)”は、どのように対処すればいいのか気になることでしょう。悪露は、産後の子宮をもとに戻す大切な機能ですが、正しい状態を知ることや、事前の準備などが重要となります。 特に、悪露の状態を知っておくことで、母体の回復や隠れた病気などを発見でき...

産褥期の過ごし方

ポイント

産後2週間

産後2週間までは布団を敷いたままの状態にし、ママは授乳・オムツ替えのみに専念して安静を心がけましょう。また、できるだけママも赤ちゃんと一緒に睡眠をとるよう心掛け、入浴はシャワーのみにし、会陰切開をした方はトイレ時に毎回消毒をするようにしましょう。

産後3週間

産後3週間が経過したら少しずつ家事を行い、体を日常生活にならすようにしましょう。かといっても無理は禁物です。疲れたらすぐに休憩をするなどして、できることをできるだけするようにしましょう。

産後1ヶ月

産後1ヶ月が経つ頃には、1ヶ月検診を受けに行きます。ママは会陰切開時の傷や子宮の状態を確認し、赤ちゃんは発育の状態を診ます。問題がないと医師にいわれたら、床上げをして、家事や買い物、短時間の外出などであれば、元の日常生活に戻ることができるようになります。

産後2ヶ月

体も妊娠前の状態に回復し、妊娠前と同じ生活が送れるようになります。育児と家事に追われていても気分転換に外出をするようにしましょう。出産と産後の影響で体力が落ちているため、簡単な体操や散歩などを取りいれて体力をつけることも大切です。

合わせて読みたい

産後の甲状腺異常の症状・原因・検査・治療法
無事に出産を終えても、さまざまな要因によって体調不良を感じる方が多いようです。出産と産後の育児で、単純に疲れてしまうケースもあります。しかし、「体重が大きく変化するようになった」「髪が抜けやすくなった」など、疲れ以外の症状を訴える人もいます。もしかしたら、それは「甲状腺異常」が原因になってい...

産褥期の過ごし方のポイント

ポイント

安静にする

上述でもご説明したとおり、基本的に産褥期は安静が第一です。赤ちゃんのお世話をする以外では、ママも極力横になって体を休めるようにしましょう。また、スマートフォンやパソコンの使用によって目を酷使することも極力控えましょう。目が疲れることによって頭痛や肩こりを引き起こしやすくなります。

清潔にする

産後は、免疫力の低下もあって、感染症や病気にかかりやすいとされています。そのため、悪露が続く間はこまめにナプキンを変えたり、会陰切開の傷跡の消毒を怠らないようにしたりと清潔にすることを心がけましょう。また、汗もかきやすくなるためシャワーも毎日浴びるようにしましょう。

バランスの良い食事をとる

産後の体を早く回復するためにも、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。特に母乳育児の場合であれば、質の良い母乳を赤ちゃんに飲ませるためにも気を付ける必要があります。タンパク質鉄分カルシウム・ビタミンをバランス良く食事に摂りいれ、糖分や脂肪分の多い食べ物は控えましょう

産褥体操をする

産後すぐに行える産褥体操が産褥期におすすめです。産褥期は安静が第一といっても全く動かないままでも回復が遅れてしまいます。産褥体操は、体の回復を早めるのはもちろんのこと、悪露の排出を良くさせ、子宮収縮を促進し、骨盤の緩んだ筋肉も引き締め、母乳の分泌も良くさせる効果があります。しかし、母体の状態にもよりますので必ず医師に確認をとってから行うようにしましょう

できれば母乳育児を行う

産後のママの母乳の出にもよると思いますが、母乳育児はママの体の回復を早める働きもあります。母乳を赤ちゃんが飲むことによってオキトシンと呼ばれるホルモンが分泌され、子宮収縮に働きかけ子宮の回復を早める効果があるため、できれば母乳育児を行うようにしましょう。

おわりに

産後、家庭の環境からどうしても体を休めることができない状況にある方もいらっしゃると思いますが、できるだけ家族や身内の協力を仰ぎ、産褥期は体を十分に休めるようにしましょう。

産後に安静にしていないと辛い更年期障害が襲ってくる、などと言われています。出産前に産褥期はどのようにして過ごすかということについて、一度ご家族と話し合っておくことをおすすめします。

ピックアップ

産後に便秘になる原因は?4つの解消法をご紹介!
妊娠出産に関わらず、便秘で悩む人は多いもの。特に女性は男性に比べて便秘になりやすいと言われています。母乳中は便秘薬を飲むのにも抵抗がある人は多いはず。そんなママたちのために今回は日々の生活で取り入れられる解消法をご紹介いたします! そもそも、どうして産後に便秘になるのか? まずは、「そも...
産後の膀胱炎の原因・症状・治療法まとめ
一般に、女性は男性より膀胱炎になりやすいといわれています。理由は尿道の短さによって大腸菌などの細菌が膀胱内へ侵入しやすいからです。また、妊娠、出産による体内の大きな変化にも原因があるようです。ここでは産後に膀胱炎になりやすい理由と症状、治療法などについてご紹介します。 膀胱炎について 膀...
妊娠中にできた正中線は産後に消えるの? その方法は?
「正中線」とは、本来「体の中央を、頭から足先までまっすぐに降りていく線」を指す言葉です。しかしこれが「妊娠中の症状」と結び付けられると、また違った意味を持ってきます。今まで見たことのないものなので、不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな「妊娠中の正中線」に着目してお話して...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
産褥期のママの正しい過ごし方について
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

出産後の悩みについて・・・あわせて読みたい

産後ダイエットで美しい体へ!骨盤矯正で痩せる3つの方法
出産を経験したことのある人であれば、産後、以前の体型へ中々戻らないというストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、赤ちゃんに栄養を行き渡らせるため、水分や脂肪を蓄えやすいよう体質が変化しています。一般的に10kg近く体重が増加しますが、その時に起こる現象が骨盤の歪みです。この骨盤...
産後ダイエットはいつからはじめるといい?目安体重は?
一般的に、女性は出産後体重が10キロ程度増加すると言われています。妊娠、出産は女性の身体にかかる負担が大きいため、様々な変化を引き起こしてしまい、体質などが変わってしまうことがありますが、体重の増加もそのひとつと考えられています。 妊娠・出産によって変わってしまった体型や体重を気にして、産後ダ...
産後の悪露はいつまで続く?出血量や匂いはどう?
初めて出産する方にとって、産後の出血“悪露(おろ)”は、どのように対処すればいいのか気になることでしょう。悪露は、産後の子宮をもとに戻す大切な機能ですが、正しい状態を知ることや、事前の準備などが重要となります。 特に、悪露の状態を知っておくことで、母体の回復や隠れた病気などを発見でき...
妊娠中にできた正中線は産後に消えるの? その方法は?
「正中線」とは、本来「体の中央を、頭から足先までまっすぐに降りていく線」を指す言葉です。しかしこれが「妊娠中の症状」と結び付けられると、また違った意味を持ってきます。今まで見たことのないものなので、不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな「妊娠中の正中線」に着目してお話して...
産後の女性はなぜ性欲がなくなるの?原因とメカニズムを解明
産後に性欲減退が起きてしまって、悩んでしまう女性もいらっしゃるようです。夫との夜の営みがなくなって、不安を感じている人も多いでしょう。しかし産後すぐは、休む暇もなく育児で目まぐるしい毎日を送ることになります。可愛い赤ちゃんを一生懸命育てていると、どうしても性行為をする気になれないものです。性欲減...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る