【医師監修】前駆陣痛から本陣痛にかわるまでの期間

監修医師プロフィール:清水なほみ 先生のイラスト 清水なほみ 先生

2001年広島大学医学部医学科卒業、広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。

日本産科婦人科学会専門医、日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性医療ネットワーク発起人・NPO法人ティーンズサポート理事長。

日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

http://www.vivalita.com/staff.html

考える妊婦

妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ナーバスになる妊婦さんはたくさんいます。特に陣痛に関して意識する方が多く、陣痛にちゃんと気づくことができるか、痛みはどのくらいなのかと不安を感じるものです。陣痛と一口に言っても、前駆陣痛・本陣痛と段階があるため、わかりづらく不安要素になってしまいがちです。
そこで今回は、前駆陣痛・本陣痛という2種類の陣痛の特徴に注目しながら、前駆陣痛から本陣痛にかわるまでの期間はどのくらいあるのか、そしてそれぞれの陣痛の見分け方などについてまとめてみました。

前駆陣痛とは?

前駆陣痛

そもそも陣痛とは、赤ちゃんを子宮の外へ押し出そうとするために、子宮が収縮することで生じる痛みのことを言います。陣痛と聞くと分娩(ぶんべん)時に起こる痛みのようなイメージがありますが、実際には臨月に入った頃から段階的に始まっていきます。それが「前駆陣痛」です。前駆陣痛は、通称「偽陣痛」とも呼ばれ、お産につながることはありません。
赤ちゃんが生まれる際に通る子宮下部や子宮頸管(けいかん)をやわらかくするために、子宮が収縮して起こる痛みです。本陣痛が始まる前に、予行練習のような感じで出産に向けて体を徐々に慣らしていくイメージです。痛みには強弱があり、不規則に起こります。
臨月に入るとお腹がますます張りやすくなりますが、この兆候も前駆陣痛の一種であると言われています。おなかの張りは日中よりも夜間や早朝に起きやすいため、夜中に前駆陣痛を感じて眠れない方も多いようです。

合わせて読みたい

【医師監修】陣痛ってどんな痛み!?三つの陣痛の兆候について
【医師監修】陣痛ってどんな痛み!?三つの陣痛の兆候について
「痛い、痛い」と聞いてはいても、実際に体験していない人にとっては未知数である陣痛の痛み。実をいうと出産は、生まれてくる赤ちゃ...

本陣痛とは?

本陣痛

本陣痛とは、赤ちゃんを子宮外へ押し出そうとして子宮の筋肉が収縮する、分娩(ぶんべん)時陣痛のことを言います。いよいよ分娩(ぶんべん)に向けて体が最終準備段階に入り、赤ちゃんが外に出ようと下がってくる状態です。子宮口が開き、激しい痛みを伴うといった特徴があります。
陣痛と陣痛の間隔が10~15分程度で規則的に起こるため、強い陣痛を感じたらその間隔を測ってみると、本陣痛かどうかの区別がしやすくなるでしょう。また、前駆陣痛の場合は横になるなど体勢をかえることで、痛みが和らぎます。しかし本陣痛の場合は、体勢をかえても痛みの度合いがかわらず、時間の経過とともにどんどん強くなっていきます。規則的な間隔や、痛みの強さが徐々に増していく状態であれば、それは本陣痛だと判断することができると言えます。

前駆陣痛から本陣痛にかわるまで

前駆陣痛が始まってから本陣痛に移行するまでの期間は、2週間~1カ月くらいが一般的です。基本的には、前駆陣痛→おしるし→本陣痛といった流れであることが多いですが、必ずしもこの通りに進んでいくわけではなく、個人差があります。
前駆陣痛が始まったことに気づいても、すぐに病院を受診する必要はありません。病院を受診したとしても、本陣痛が始まるまで様子を見てください、と告げられるだけです。そのため、「もしやこれは陣痛?」と思っても慌てず、陣痛から陣痛までの間隔や痛みの程度、長さを観察して様子を見るようにしましょう。そして、陣痛が10分間隔で訪れる、おしるしや破水が見られるなど本陣痛だと見極めた場合は、すぐに病院に連絡して受診することが大切です。また、初めてのお産でどのような場合に受診すべきなのかがよくわからない時や、前回のお産が急速に進行したケースなどは、自己判断せず迷ったらまず病院に電話をしましょう。

合わせて読みたい

立ち会い出産で後悔しないために!夫が気をつけるべき三つのこと
立ち会い出産で後悔しないために!夫が気をつけるべき三つのこと
夫婦の絆を深め、感動を共有することができる出産方法として、立ち会い出産を希望する夫婦が増えてきています。妊婦もリラックスして出産に臨むこ...

前駆陣痛と本陣痛の痛みの違い

痛みを探る妊婦

前駆陣痛と本陣痛の明らかな違いは、その痛みの度合いです。前駆陣痛の場合は弱い痛みであることが多く、ただの下腹部痛や排便前の痛みと勘違いして、前駆陣痛が来ていることに気づかない方もたくさんいます。また、痛みの程度も不規則で、一時的に強くなったり、弱くなったりします。
本陣痛の場合は、初めのうちは下腹部がキューっと痛む程度のものですが、徐々にその痛みは強くなり、子宮口の開きと共に我慢できないくらいの強い痛みへとかわっていきます。特に胎児を産み出すときの痛みがピークで、「鼻からスイカが出るくらい」「腰の骨が割れるくらい」と表現する方が多いようです。

本陣痛には、第1期~第3期まで3段階あり、子宮口が全開になって赤ちゃんの頭が現れはじめる第2期に最も強い痛みを感じやすいと言われています。第1期~第3期までの本陣痛のトータル時間は、初産婦で15~16時間ほど、経産婦では6~8時間ほどであるとされています。

おわりに

今回は、前駆陣痛と本陣痛それぞれの特徴や違い、前駆陣痛から本陣痛にかわるまでの期間をご紹介しました。特に初産婦の場合は陣痛の経験がないため、本当に陣痛に気づくことができるのか、と不安になってしまうことでしょう。しかし、本陣痛が来ると、経験のあるなしに関わらず「いよいよ来た」とほとんどの方が判別できるようです。前駆陣痛が始まったら「体がお産の準備を始めたのだ」と前向きな気持ちで向き合い、ゆっくりと心の準備を始めるとよいでしょう。あまり不安を抱えるとお腹の赤ちゃんに伝わってしまうため、もうすぐ赤ちゃんに会える喜びを感じながらリラックスして過ごすことが大切です。

ピックアップ

今からでも間に合う!安産を迎えるための七つのコツ
今からでも間に合う!安産を迎えるための七つのコツ
出産予定日が近づいてくると、誰もが不安になってきます。それこそ、幼いころから出産は本当に痛いと聞かされてきたなら、なおさらきちんと産める...
出産予定日に産まれる確率とは?出産予定日の計算方法
出産予定日に産まれる確率とは?出産予定日の計算方法
妊娠すると真っ先に気になる出産予定日、いつ生まれてくるのかワクワクドキドキし、楽しみになります。しかし、「2週間早く生まれた」、「予定日...
出産前にしっておきたい!帝王切開の基礎知識
出産前にしっておきたい!帝王切開の基礎知識
日本の帝王切開率は20%弱、約5人に1人が、帝王切開で出産しています。帝王切開の予定はなくても、緊急に必要になる場合もあります。 では...
29歳。A型。独身。 結婚についてよく聞かれるお年ごろ。専門知識に目がなく、探しものやコラムを書くのが好き。女性が安心して生活を送れるよう食品に含まれている添加物や成分について研究中。「食」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】前駆陣痛から本陣痛にかわるまでの期間
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る