前駆陣痛から本陣痛にかわるまでの期間

スポンサーリンク

考える妊婦

妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ナーバスになる妊婦さんはたくさんいます。特に陣痛に関して意識する方が多く、陣痛にちゃんと気づくことができるか、痛みはどのくらいなのかと不安を感じるものです。陣痛と一口に言っても、前駆陣痛・本陣痛と段階があるため、わかりづらく不安要素になってしまいがちです。

そこで今回は、前駆陣痛・本陣痛という2種類の陣痛の特徴に注目しながら、前駆陣痛から本陣痛にかわるまでの期間はどのくらいあるのか、そしてそれぞれの陣痛の見分け方などについてまとめてみました。

前駆陣痛とは?

前駆陣痛

そもそも陣痛とは、赤ちゃんを子宮の外へ押し出そうとするために、子宮が収縮することで生じる痛みのことを言います。陣痛と聞くと分娩(ぶんべん)時に起こる痛みのようなイメージがありますが、実際には臨月に入った頃から段階的に始まっていきます。それが「前駆陣痛」です。前駆陣痛は、通称「偽陣痛」とも呼ばれ、お産につながることはありません。

赤ちゃんが生まれる際に通る子宮下部や子宮頸管(けいかん)をやわらかくするために、子宮が収縮して起こる痛みです。本陣痛が始まる前に、予行練習のような感じで出産に向けて体を徐々に慣らしていくイメージです。痛みには強弱があり、不規則に起こります。

臨月に入るとお腹がますます張りやすくなりますが、この兆候も前駆陣痛の一種であると言われています。中には、息をつく間もないほどお腹が張った状態が続いてつらいと感じる方もいます。また、夜中に前駆陣痛を感じて眠れない方も多いようです。

合わせて読みたい

陣痛ってどんな痛み!?三つの陣痛の兆候について
陣痛ってどんな痛み!?三つの陣痛の兆候について
「痛い、痛い」と聞いてはいても、実際に体験していない人にとっては未知数である陣痛の痛み。実をいうと出産は、生まれてくる赤ちゃんによって全...

本陣痛とは?

本陣痛

本陣痛とは、赤ちゃんを子宮外へ押し出そうとして子宮の筋肉が収縮する、分娩(ぶんべん)時陣痛のことを言います。いよいよ分娩(ぶんべん)に向けて体が最終準備段階に入り、赤ちゃんが外に出ようと下がってくる状態です。子宮口が開き、激しい痛みを伴うといった特徴があります。

陣痛と陣痛の間隔が10~15分程度で規則的に起こるため、強い陣痛を感じたらその間隔を測ってみると、本陣痛かどうかの区別がしやすくなるでしょう。また、前駆陣痛の場合は横になるなど体勢をかえることで、痛みが和らぎます。しかし本陣痛の場合は、体勢をかえても痛みの度合いがかわらず、時間の経過とともにどんどん強くなっていきます。規則的な間隔や、痛みの強さが徐々に増していく状態であれば、それは本陣痛だと判断することができると言えます。

29歳。A型。独身。 結婚についてよく聞かれるお年ごろ。専門知識に目がなく、探しものやコラムを書くのが好き。女性が安心して生活を送れるよう食品に含まれている添加物や成分について研究中。「食」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
前駆陣痛から本陣痛にかわるまでの期間
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る