想定外の妊娠?40代の妊娠中絶手術が多いという現実

良ければシェアをお願いします。

相談する女性

中絶と聞くと若者というイメージがありますが、じつは40代も多いという驚きの事実があるのです。厚生労働省から発表されているデータを見ると、平成25年度における人工中絶手術数のうち一番多い20~24歳の40,268人に対し、40~44歳では16,477人、45~49歳では1,237人もの人が中絶手術を受けているのです。今回はその理由を解説していきましょう。

スポンサーリンク

40代が中絶を選択する3つの理由

さまざまな人生経験を積み、会社でも責任のある立場を任されるなど大人として成熟した40代、そんな40代の人たちがときには出産ではなく中絶の道を選択することも。そこにはいったいどんな理由があるのでしょうか。

中絶理由その1~経済的な問題~

40代といえばキャリアを積み責任のある立場を任され、それなりの収入があるイメージを多くの方が持っているのではないでしょうか。たしかに現時点での収入はありますが、自分の定年のときに子どもが大学進学などお金のかかる時期に差し掛かることを考慮し、出産に踏み切れないケースです。

中絶理由その2~体力的な問題~

子育てはなんといっても体力勝負。若い時と比べて体力や筋力の衰えを感じている・肩こりもひどく足腰の関節が痛いなど、体の不調を感じているところに妊娠が発覚すると、育てる自信を持てず出産を選択するにちゅうちょしてしまい、中絶を選ぶケースです。

中絶理由その3~精神的な問題~

若い頃に1人目、2人目を出産し子育てをして、ようやく手が離れて自分の好きなことや仕事に打ち込める時間ができてきた、というところに想定外の妊娠が発覚すると、また振り出しに戻ったような気になり精神的にダメージをうけ中絶を選ぶケースです。

合わせて読みたい

夫婦で考える高齢出産 夫が妻にできること
高齢出産は、妊娠中から思いがけないトラブルが起きたり、産後も身体への負担が通常よりも大きくなる傾向にあります。 そんな高齢出産には、夫のサポートは絶対不可欠です。まずは夫は高齢出産について知り、妊婦にどのような変化が起こるのか、また夫はどのようなサポートができるのか考え、妻を精一杯支えていきま...

なぜ望まない妊娠をしてしまったのか

中絶するということは妊娠しているということです。妊娠しているということはパートーナーと性交渉をしたということになります。どうして中絶を選ぶことになったのに妊娠をしてしまったのでしょうか。3つの理由を紹介します。

まさか自分が妊娠するとは思わなかった

40代というと、卵子の質が低下したり等なかなか妊娠しづらいという情報が世の中に溢れてますし、不妊治療をしている40代以上の有名人をメディアが取り上げるなど、40代イコール妊娠しづらいという考えを持ち、まさか自分が妊娠するはずがないと根拠もなく思い込んでしまい、その結果避妊が疎かになったパターンです。

膣外射精で避妊したつもりになっていた

射精前から男性の性器からは微量でも精液がもれています。少しでも精液が膣内に入るだけで妊娠することは十分あり得るのです。それなのに膣内に射精するから妊娠すると思い込んでしまい、膣外射精いわゆる外出しをすれば妊娠することはないんだという間違った知識のもと性行為を行い、その結果望まない妊娠をしてしまったというパターンです。

コンドームを正しく使用しなかった

最後の射精前にだけコンドームを装着して妊娠したパターンです。100%の避妊方法はないといいますが、コンドームを正しい方法で使用すれば100%に近い確率で避妊することができます。コンドームに破れがないかチェックし、初めの挿入をする前には装着、装着時はコンドームの先端の空気を抜いておく、射精後は速やかに引き抜くこと等、正しく使用しましょう。

合わせて読みたい

高齢出産だったら出生前診断は受けるべき?慎重に検討しよう
昔に比べると女性が結婚する年齢が高くなり、高齢出産をする妊婦さんが年々増加しています。妊婦さんの年齢が上がるにつれて、脳や身体に生まれつき障害をもった赤ちゃんが産まれてくる確率や赤ちゃんが奇形になる先天異常が発生する確率が高まってくることはよく知られています。日本産婦人科学会の調査によると、妊婦...

中絶後にはどんな変化が起こるのか

中絶の方法は、搔爬(そうは)法といってハサミのような器具で胎児をかき出す方法が一般的に用いられています。自然の流れに反して妊娠を人工的にやめるわけですから、母体には様々な変化が起こります。どんな変化があるのでしょうか。

中絶後の変化~母体にかかる負担~

胎児をかき出す際に、子宮内が傷つくことも考えられます。また、その傷から感染症を起こしてしまうことだって考えられます。万が一そうなってしまうと妊娠しづらくなってしまうのです。よく「中絶すると妊娠しづらくなる」といういわれがありますが、それはこの理由からきているのです。また、術後には生理痛程度の痛みもあらわれます。

中絶後の変化~精神的にかかる負担~

だれも喜んで中絶する人はいません。望まない妊娠をし、悩みに悩んで中絶を選ぶ人、すぐに中絶を望む人と、中絶という道を選ぶに至った過程は違えど共通するのは、ともに精神的にダメージを受けるということです。1つの命を自分のせいで消してしまったという罪悪感は計り知れません。そんなときこそしっかりと家族やパートナーが寄り添いケアすることが大事です。

中絶後の変化~生活面では安静に~

中絶手術は妊娠初期であれば日帰りで行われることがほとんどです。妊娠中期の中絶手術であっても、2~3日の入院で済むところがほとんどでしょう。日帰り手術というと体への負担を軽視してしまいがちですが、術後は免疫力の低下から様々な感染症にかかりやすくなっています。早く回復するためにもできれば5日程度は安静にしましょう。

おわりに

中絶という現実を目の前にして喜ぶ人は1人もいないでしょう。40代だからといっても妊娠する可能性は残っています。もし妊娠を望んでいないのであれば、きちんと避妊をして、自分を含め誰も悲しい思いをしないよう未然に防ぐことが大事です。また、中絶以外にも出産して里親に出すという選択をする道もあります。様々な可能性を考え、後悔のない人生をおくれるようにしましょう。

ピックアップ

高齢出産だと子どもはかわいそう?高齢出産育児のリスク
「子どもがかわいそう」30代後半になり「妊活中」や「不妊治療中」と言うとどこからともなく言われるのがこの言葉。 赤ちゃんが欲しいと努力している時にこう言われると、自分のしていることは間違っているのかと不安になりますよね。ではなぜ高齢出産するとかわいそうなのでしょう。今回はよく言われるこの「かわ...
リスキーな高齢出産 その後に待ち受ける5つの注意点
平均初婚年齢が上昇傾向にあり、それにともない女性が第一子を産む年齢も高くなっています。現在では平均初産年齢が30歳を超えており、35歳を超えてから出産する人も珍しくなくなってきました。なかには、40歳を超えてから出産をする女性も増えてきています。 しかし、高齢出産にはリスクがともないます。無事...
高齢出産の年齢は何歳から?リスクを減らす5つのポイントと嬉しい3つのメリット
「30を過ぎてから結婚をしたので、妊活に取り組むのが遅くなってしまった…」昨今ではそう思っていらっしゃる方も多いかもしれません。 高齢出産とは、日本産科婦人科学会によると35歳以上で出産することを指し、流産や早産、難産の確率が上がるリスクがあると言われています。ですが一方で、若返り効果や精神的...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
想定外の妊娠?40代の妊娠中絶手術が多いという現実
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る