遷延分娩と分娩停止【コラム妊娠と出産】

遷延分娩と分娩停止【コラム妊娠と出産】

遷延分娩とは通常の分娩時間より赤ちゃんが生まれるまで長くかかる分娩で、陣痛が10分以内間隔になってから赤ちゃんが生まれるまで、初産婦で30時間、経産婦で15時間たっても分娩に至らないものをいいます。また、子宮口がほぼ全開大になって陣痛があるのに、2時間以上赤ちゃんが産道を下がってこられない状態を分娩停止といいます。今回は遷延分娩と分娩停止について解説いたします。

遷延分娩と分娩停止の原因について

陣痛
遷延分娩や分娩停止ではお母さんの疲労もたまり、食事もとれないことが多く、特に脱水にならないようにまめに水分補給を行うことが大切です。遷延分娩や分娩停止の原因はいろいろあります。

微弱陣痛(じんつうびじゃく)

エコー

原因の1つである微弱陣痛は文字通り、陣痛が弱いために子宮口が開かなかったり、赤ちゃんが産道を下がってこれなかった状態です。このような場合、子宮収縮薬を使って陣痛を強くします。子宮収縮薬には経口剤と点滴がありますが、いずれも陣痛が強くなりすぎて(過強陣痛)、赤ちゃんの心拍数が下がったり、子宮破裂を起こすこともあるので、子宮収縮と胎児心拍数を分娩監視装置で連続してモニターするなど慎重に管理することが決められています。

児頭骨盤不均衡(じとうこつばんふきんこう)

弱い陣痛

お母さんの産道が赤ちゃんの頭の大きさに比べ狭い状態を児頭骨盤不均衡といいますが、児頭骨盤不均衡では陣痛は十分強いのに赤ちゃんが産道を下がってこれず分娩停止となります。身長が低いお母さんでは骨盤が狭いことが多く、あらかじめ骨盤のレントゲン写真をとれって児頭骨盤不均衡がないかどうか調べることもあります。

軟産道強靱(なんさんどうきょうじん)

赤ちゃんの頭

骨盤が狭くなくても、子宮口や腟(ちつ)、外陰の伸展が悪いと軟産道強靱(きょうじん)といって、やはり、陣痛があってもなかなか赤ちゃんが下がってこられないこともあります。

児頭回旋(じとうかいせん)

赤ちゃんの心拍数

人間の赤ちゃんの頭はお母さんの産道に比べて大きいので、頭が産道を通りやすい方向に回りながら産道を下がってきますが、これを児頭回旋といいます。児頭回旋がうまくいかないと赤ちゃんの頭が産道を下がってこられないことがあります。

このようにいろいろな原因で遷延分娩や分娩停止になりますが、児頭骨盤不均衡や赤ちゃんの頭が十分に下がっていないのに赤ちゃんの心拍数が下がったりすれば、帝王切開に切り替えます。

また、赤ちゃんの頭が十分に産道を下がってきており、子宮口が全開大で分娩遷延や停止が起これば、鉗子(かんし)分娩や吸引分娩を行うこともあります。遷延分娩や子宮収縮薬を使用した方では、たとえ経腟(ちつ)分娩ができても産後の子宮収縮が弱くて、弛緩(しかん)出血を起こしやすいことも知っておいてください。

杏林大学医学部付属病院は、女性の生涯を通しての健康をサポートし、きめの細かい医療サービスを提供する理念のもとに、多摩地区の拠点病院として産婦人科の3大領域である、周産期医療、婦人科腫瘍、生殖医療のすべてにおいて高度な医療提供体制を備えています。外来においては通常の外来の他に、各専門医(指導医)が中心となって臨床遺伝外来、腫瘍外来、不妊・内分泌外来といった特殊外来を行っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る