良ければシェアをお願いします。

妊娠したら知っておくべき手続きと各種制度【コラム妊娠と出産】

vol2

婦人科で正常妊娠と診断された方はまず何をすればいいのか、また、妊娠・出産に対する社会の支援にはどのようなものがあるのかを理解しておきましょう。

妊娠届出書の提出と母子健康手帳の交付

妊娠がわかったら

妊娠がわかったら、お住まいの市区役所や町村役場に妊娠届出書を提出します。自治体によっては産科医が書いた妊娠届けが必要なところもあります。詳しくは受診した産婦人科で聞いてください。

妊娠届けを提出した自治体では、母子健康手帳を交付しますが(写真)、母子健康手帳は住民票のある市区町村で受け取れることに留意してください。母子健康手帳は産婦人科で妊婦健診を受ける際に必ず持参してください。医師が妊婦健診毎に記入する頁、出産の記録の頁、赤ちゃんの発育や予防接種を記録する頁のほか、妊娠に関するいろいろな情報が含まれており、出産後から赤ちゃんが小学校に入学するまでの成長の記録となりますので、大切に保管してなくさないようにしましょう。

妊婦健診の補助券の交付

母子健康手帳(三鷹市)

母子健康手帳の交付と同時に、自治体から妊婦健診の補助券が交付されます。これは妊婦健診費の公費助成制度で、自治体により異なりますが、だいたい14回分の妊婦健診費用を助成するものです。妊婦健診費用や妊娠中の血液検査、超音波検査費用が助成の対象となりますので妊婦健診を受ける際は母子健康手帳と一緒に補助券を持参してください。

母子健康手帳をもらうと同時に、各自治体からは母子保健サービスの一環として母親学級・両親学級の案内も受け取ります。母親学級・両親学級は妊婦健診を受ける病院や、市町村保健センター、保健所などで受講でき、妊娠中の体の変化、出産に関する知識、赤ちゃんを育てる上での準備など、いろいろなことを知ることができますので、予約の上是非受講しましょう。

杏林大学医学部付属病院は、女性の生涯を通しての健康をサポートし、きめの細かい医療サービスを提供する理念のもとに、多摩地区の拠点病院として産婦人科の3大領域である、周産期医療、婦人科腫瘍、生殖医療のすべてにおいて高度な医療提供体制を備えています。外来においては通常の外来の他に、各専門医(指導医)が中心となって臨床遺伝外来、腫瘍外来、不妊・内分泌外来といった特殊外来を行っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠したら知っておくべき手続きと各種制度【コラム妊娠と出産】
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る