【レスリング】2020年!東京オリンピックを目指す子どもたち

レスリング

あと3年後に迫った東京オリンピックですが、東京でのオリンピック開催は1964年10月以来、実に56年ぶりということになります。過去の東京オリンピックは日本におけるスポーツ界に、大きな財産を残し、人々にとってスポーツはより身近なものとなりました。その中でも近年、オリンピックにおいてのレスリング選手のメダル獲得や活躍は素晴らしいです。今回はレスリングにスポットを当て、今後レスリングを子どもに習わせようかな、と考えている方の助けになればと思います。

レスリングってどんな競技なの?

レスリングは近年、日本の選手も多く注目されているスポーツであり、テレビで試合を見ていても白熱しますね。でもレスリングのルールを詳しく知らない方は意外と多いのではないかと思います。レスリングの歴史とルールについてまとめました。

実はとても長い歴史をもつレスリング

レスリングがいつから行われている競技か、知っている人はほとんどいないと思います。実は、1896年に開催された第1回アテネ大会の時からオリンピック競技です。かなり歴史ある競技なんですね。国際レスリング連盟(FILA)が1912年に設立され、体重による区分やルール整備が行われて、さらに競技として成熟しました。戦後すぐ行われていたオリンピック、世界選手権への参加国は10数カ国程度でしたが、1960年代に入ると20カ国を越え、FILAへの加盟国も増加しています。

オリンピックにおける実施スタイル

レスリングのスタイルは大きく分けると男子のフリースタイル、男子のグレコローマンと女子のフリースタイルです。フリースタイルとは、全身のどこの部位でも使って攻めたりも守ったりして良い種目です。従ってフリースタイルでは、相手の足を狙ったタックルを攻撃の主体とすることが多くなります。もう一つのグレコローマンスタイルは、防御や攻撃に使えるのは上半身だけというものであり、下半身を使った攻守が禁止されているため、投げ技を主体とした試合になるのが特徴です。

試合時間や勝敗の決定の方法について

試合は2分間3ピリオドであり、ピリオドの間のインターバルは30秒です。ピリオドごとに勝ち負けを決め、2ピリオド勝った選手が勝者となります。グレコローマンスタイルは、「スタンド・レスリング」と「グラウンド・レスリング」によって試合が進行します。

各ピリオド開始から1分30秒がスタンド・レスリングで、その続きの30秒はグラウンド・レスリングです。ただ、両肩をマットに1秒間つけさせることであるフォールを決めた場合は、どのような状況でも決めた選手が勝者となります。また、試合中に警告を合計3度受けた場合は、その段階で警告失格となり負けが決まってしまいます。

東京オリンピックに向けての期待の選手

2017年2月に開催されたクリッパン女子国際大会において、48kg級で見事優勝し、ベストレスラーにも選ばれたのが須崎優衣さんです(東京・安部学院高、17歳)。須崎さんは元早大レスリング部の父である康弘さんの影響で、7歳の時に千葉県の松戸少年クラブでレスリングを始めました。

小学生の頃から才能が光り、日本協会の勧めで中学2年生から日本オリンピック委員会(JOC)エリートアカデミーへと入りました。その後、全国中学選手権で1、2年時に優勝し全国中学選抜大会は1年時に制し、ジュニアクイーンズカップやジュニアオリンピックでそれぞれ4連覇を成し遂げています。

2017年1月のヤギリン国際大会でも優勝し、今回のクリッパン女子国際大会をも制覇。今後ますますの活躍が期待できそうです。北京オリンピックで金メダルを獲得した吉田選手のように金メダルを獲得するのが目標、とのことで東京オリンピックの期待の星、と言えそうですね。

参照元:日本レスリング協会

合わせて読みたい

走り回る子どもの撮影で困らないおすすめのデジカメ6選
走り回る子どもの撮影で困らないおすすめのデジカメ6選
子どもの成長はきちんと写真に残しておきたいものです。赤ちゃんの時には寝ている姿をパシャパシャ撮れたのに、歩き出すようになるとなかなかジッ...

日本においてのレスリングの位置付け

ここ近年のレスリングでは日本人選手が多く活躍し、注目される競技になっていますね。最近のリオオリンピックでも吉田沙保里選手、登坂絵莉選手や伊調馨選手などといった選手を筆頭に大活躍でした。古くからある競技ですがこれからますます注目を浴びる競技となりそうです。

日本のレスリングのレベルは世界から見てどうか

日本におけるレスリングのレベルは高く、レスリングが盛んなアメリカやドイツ、ロシアなどの国々と比べても負けないレベルです。さらには全体の平均で見ると日本のレベルの方が高いのではないかとも言われており、その理由として、世界のトップレベルにのし上がるための想像もつかないような練習量が日本にはあるからと言われています。その選手たちの練習量は海外と比べても、とてもハードなようです。

日本においてのレスリングの競技人口、費用

レスリングをやっている人口はそれほど多いわけではなく、日本では国内において女の人が全階級で250人程度、子どもも含めた場合は1,000人くらいと言われています。レスリングの教室に通う場合、体操教室などと同じように入会金、月謝がかかってきます。教室によってもさまざまですが、月々1万円前後はかかってくるでしょう。

過去にあったオリンピックにおいての除外問題

前にも説明したように、レスリングはとても歴史の長い競技なのですが、過去にオリンピックの中核競技から除外されてしまい、プレゼンテーションを行って、1枠をかけて他の6競技と争ったことがありました。IOC総会はこの時の決定の原因を、レスリングの人気度の低迷や競技人口の少なさなどがこの決定につながったと説明していました。

合わせて読みたい

英会話にスイミング!3歳に始めたい四つの習い事
英会話にスイミング!3歳に始めたい四つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えるこ...
わんことうさぎと共にわいわい暮らしている主婦です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【レスリング】2020年!東京オリンピックを目指す子どもたち
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る