歯が生えてくるのが遅い?乳歯萌出遅延について解説!

良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんの歯

初めての子育ては不安がたくさんあるものです。特に「発育の悩み」は、保護者の頭をよくよぎることでしょう。「乳歯萌出遅延」もそのような悩みのうちの一つではないでしょうか。今回は「乳歯萌出遅延」について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

乳歯萌出遅延とは何か

「乳歯萌出遅延(にゅうしほうしゅつちえん)」という言葉は、あまり聞きなじみがない、という人の方が多いのではないでしょうか。子どもは成長の過程において、「歯」を獲得していきます。そしてその歯も成長とともに変化し、生え代わりを経て乳歯から永久歯に変わっていきます。

しかしこの最初の段階である「乳歯」が出てこないことがあります。それが「乳歯萌出遅延」と呼ばれる症状です。

合わせて読みたい

乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト
子供の乳歯が生え揃った頃、気になるのが大人の歯となる永久歯。乳歯はいつか抜けるものだからと安心していませんか?実は、その生え変わりの時期が永久歯になるにあたって大切な時期となるのです。今回は乳歯の生え変わりの時期についてと、永久歯になるにあたって注意しておきたいことについてご紹介します。 ...

乳歯萌出遅延の判定基準

歯並び

では、いつからが「乳歯萌出遅延」と判断されるのでしょうか。

一般的な成長をしている場合、生後6か月程度で最初の歯が生えてきます。ちなみに生えてくるのは常に下からです。そのあとも成長するに従い徐々に数が増えていきます。個人差はありますが、1歳になるころまで歯が見られない、という子はあまりいません。

1歳をすぎてもまだ歯が生えてくる様子がない状態のことを、「乳歯萌出遅延」と言います。実際には歯茎の下にすでに作られた歯が存在していることはありますが、それがなかなか表に出てこないのです。

乳歯萌出遅延はなぜ起こるのか

母と子

乳歯萌出遅延は、そもそもどうして起こるのでしょうか。これにはさまざまな理由があります。

まず、「全身的原因」と呼ばれるもの。これは歯全体に対して起こることが多いものであり、病気の症状として出てくることがあります。病気の内訳としては、内分泌障害やターナー症候群、ダウン症候群などが挙げられます。

「局所的原因」と呼ばれるものもあります。これは歯や口のなかの異常によって乳歯萌出遅延が起きるものです。たとえば、歯肉が非常に厚かったり、歯胚(歯の芽。乳歯や永久歯もこれによって出てくる)がうまく形作れなかったり、歯胚の位置がおかしかったりすることです。これらのトラブルがあると、なかなか歯が生えてきてくれません。

また、で生まれた場合も、おなかのなかでの発育が十分ではなかったために乳歯萌出遅延が起こる可能性があります。一つ理解してほしいのは、乳歯萌出遅延が起こるのは「親の育て方が悪かったから」ではない、ということです。体の内側の問題で起こることで、そこには育て方は関係しません。

合わせて読みたい

子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...

乳歯萌出遅延の治療について

早産

保護者としては、やきもきすることの多い「乳歯萌出遅延」ですが、実のところ、これはそれほど頭を悩ませなければならない症状ではないと言われています。

成長にはどうしても個人差がありますし、子どものころに乳歯萌出遅延がみられたとしても、3歳になるころまでには乳歯が生えそろっているケースが多いからです。そのため、特別な治療などをしなくても、そのまま様子を見ていれば大丈夫だ、と言えます。

ただ、あまりにも成長が遅い場合は、やはり病院に行った方がいいでしょう。多くの場合は「とりあえず様子を見ましょう」ということになりますが、まれに対策が必要になることがあります。乳歯萌出遅延の歯医者での治療としては、「開窓(かいそう)」と「開窓牽引(かいそうけんいん)」があります。

歯は通常、歯茎の下の骨の中に埋まっています。歯は成長に従い、その骨を突き破って伸びてくるわけです。ただ、骨を破れない状態で埋まってしまっている歯もいます。この歯を外に出してやるために、歯茎の下の骨を破ってやる手術が「開窓」と呼ばれる手術です。

邪魔な骨に穴があいたので、歯はこれで表に出てくることができるようになります。この後に、さらに歯を表に出す手助けをする手術がなされることがあります。それが「(開窓)牽引」と呼ばれるものです。

開窓手術であけた穴のなかに道具を突っ込み、歯の頭を引き上げてあげてやります。こうすると歯は、すぐに出てくることができます。これらの手術を行うかどうかは、歯医者さんでよく話をして決めるとよいでしょう。

乳歯萌出遅延以外のほかのトラブルについて

家族

ここまでは「生えてくるのが遅い」というトラブルである乳歯萌出遅延について見てきました。

ただ、乳歯萌出「遅延」があれば、「もっと早くに生えてきてしまう」というトラブルもあります。それが「早期萌出」です。

生まれた時にはすでに乳歯が生えていた、という子どももいます。これの場合、おっぱいを飲むときにお母さんの乳首を傷つけてしまうこともあるため、歯を覆ったり、削ったりする治療がとられることもあります。

また、「生えてくる速度は正常だが、生えてくる場所がおかしい」という「異所萌出」と呼ばれる症状もあります。これも、自然に治らない場合はかみ合わせを誘導するための治療が必要となります。

おわりに

「歯」は、食事をしていくためにもしゃべるためにもとても重要なもの。一生使っていくものです。異常が見られたらすぐに病院に相談をするなどして、対策に努めたいものですね。

ピックアップ

赤ちゃんの歯磨きのやり方と注意すべきこと
赤ちゃんの歯磨きは、大人の歯と違うので、磨き方も異なります。歯磨きはいつからはじめたらいいのか、また、どのように磨いたらいいのかなどの、磨き方のコツやタイミング、注意しなければいけないことをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに赤ちゃんの歯磨きができます。今回は赤ちゃんの歯磨きのやり方や注意す...
いつから始める?トイレトレーニングに適した時期と方法とは
赤ちゃんがおむつを必要としなくなると、かつては大人が「おむつはずし」をしなければいけないといわれてきました。しかし、最近では「おむつはずし」ではなく、「おむつはずれ」という言葉が使われるようになりました。つまり、おむつは大人が無理に「はずす」わけではなく、自然と「はずれる」ため、それができるよう...
保育園と幼稚園の違いとは?どっちが良いの?
ご両親がお仕事をされている場合、預かってくれる時間が長い保育園といった考えが定着されていますが、現在では預かってくれる時間が長い幼稚園も増えてきました。では、実際に保育園か幼稚園かを選ぶ際には、何をポイントに選べばよいのでしょうか。ここでは、保育園と幼稚園の具体的な違いを紹介します。 ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
歯が生えてくるのが遅い?乳歯萌出遅延について解説!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

1歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

1歳になるとどんな症状になる?自閉症の赤ちゃんの特徴4つ
生まれつきの障がいである「自閉症」。自閉症を患っている子どもは、どのような特徴を示すのでしょうか。そこで今回は自閉症という病気と、1歳前後で見られるその特徴についてお話していきます。 自閉症という病 「自閉症」という言葉だけを聞くと、「自分の世界に閉じこもっている」「精神的につらいことが...
あいさつができる子に育てたい!1歳からできるしつけとは
気持ちよくあいさつができる子どもは周囲に好印象を与えます。感情や言葉が芽生える1歳頃があいさつのしつけを始める適齢期ですが、上手くいかずに悩む親も多いようです。 あいさつのしつけで気をつけたいポイントや、発育や個性に合わせた段階的なしつけの対応についてまとめました。 あいさつはしつけの...
1歳の子におすすめなおうち遊びとお外遊び6選
「子どもの遊ばせ方がマンネリになってきた」「1歳に合った遊びは何だろう……?」など、そんな悩みを抱えているママやパパは多いことでしょう。発育に良いゲームや運動能力を伸ばす遊びを考えても、なかなか思いつかない方も多いと思います。 そこで今回は、1歳の子におすすめしたい「おうち遊び」と「お...
【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多いことでしょう。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて、食べものの固さ・量・回数を調整していきます。徐々に大人と同じような食事ができるよう、ステップを踏んで進めていきま...
子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る