子どもの歯並びや滑舌に影響する!舌小帯短縮症の症状・症状・原因・治療・予防の方法

良ければシェアをお願いします。

子どもの歯並びや滑舌に影響する!舌小帯短縮症の症状・症状・原因・治療・予防の方法

舌小帯短縮症という言い方をしてしまうと、耳になじみがないかもしれませんが、ハート舌という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?このハート舌は、可愛らしい俗称とは異なり赤ちゃんにとっては危険な症状です。こどもの場合は命には危険がなくても歯並びや滑舌に影響することもあるので、重症であれば早めに対処してあげましょう。

スポンサーリンク

舌小帯短縮症の症状は?赤ちゃんは危険?

舌小帯短縮症は年齢によって、成長を阻害することもありうる症状です。特に赤ちゃんの場合は重症であれば、哺乳すら困難になることもあります。まずは舌小帯短縮症の症状や具体的な危険、チェック法を確認していきましょう。

舌小帯短縮症とはどんな状態をさすのか?

舌小帯とは、舌の裏側にあるヒダ状またはヒモ状の部分を指します。そしてこの部分が通常と比べて短くなってしまっている状態を舌小帯短縮症と呼びま。この状態が顕著だと、舌を上手に動かすことが出来なくなるため、滑舌が悪くなったり、ものをうまく食べることが出来なくなったりしてしまいます。

また、人間の上顎は普段から舌で押し上げられることによって拡張されるため、舌が上手く上がらない状態の舌小帯短縮症は、歯並びを悪くする一因ともいわれています。

舌小帯短縮症の簡単なチェック方法

舌小帯短縮症のチェック方法は自分でも簡単に行うことが出来ます。方法は大きく口をあけ、舌を上あごにつけるようにしてみてください。このときに口を開けた長さの半分以上に舌が上がらないのであれば中度、まったく上がらないのであれば重度の症状です

他のチェック方法としては、上唇にをうまく舐めることが出来なければ中度以上、舌を前に突き出してみても唇より先にほとんど出ないようであれば重度の症状と判断できます。中度以上の症状の場合は、滑舌の悪さが目立ったり、ものをなめることが困難であったりと普段の生活でも、不便な状態が見られます。

赤ちゃんの場合は危険なことも?

赤ちゃんの場合は、哺乳が上手くできなくなることがあるので、特に注意してあげる必要があります。当然赤ちゃんに関しては、チェック方法を行ってもらうわけにもいきませんので、普段の生活の中から保護者の方が見極めてあげてください。

最も簡単な方法では、哺乳時の時にむせてしまうことが多かったり、よだれをうまく呑み込めていなかったりする状態を見つけてあげます。人は何かを飲み込むときに喉だけでなく、舌でそれをサポートしています。そのため、舌小帯短縮症の場合はそれが上手くいかず、むせたりよだれが垂れ続けてしまうことがあるのです。

合わせて読みたい

乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト
子供の乳歯が生え揃った頃、気になるのが大人の歯となる永久歯。乳歯はいつか抜けるものだからと安心していませんか?実は、その生え変わりの時期が永久歯になるにあたって大切な時期となるのです。今回は乳歯の生え変わりの時期についてと、永久歯になるにあたって注意しておきたいことについてご紹介します。 ...

舌小帯短縮症の原因や手術の方法は?

赤ちゃんにとっては危険な舌小帯短縮症は何が原因で起きるのでしょうか?また、その手術はどのように行っていくのでしょう?ここでは、その原因と手術の方法や費用、手術を行っていく際に注意すべき点を紹介していきます。

舌小帯短縮症の原因は遺伝によって引き起こされる?

舌小帯短縮症は遺伝によって引き起こされるとされていますが、それがすべてであるとも言えません。直接的には赤ちゃんがまだお腹にいる時点での発達不全である先天的なもの、生まれた後の発達不全や成長過程において舌が癒着してしまう等の後天的な原因も存在します。

しかし、先天的な舌小帯短縮症は、成長過程の中で通常の状態に戻っていくことも多いため、重度でなければ遺伝したとしても、早期に手術を行っていく必要はありません。

手術の方法やその費用はどのくらい?

舌小帯短縮症の手術は2種類あり、メスでの切開とレーザーによる切開です。費用は病院によってかなり大きな差が出てくるので、相談の時点で高額だと感じたら他の病院での施術も検討していきましょう。相場であれば保険が適応される場合では2,000円程度、適応外で入院などが必要になる場合は50,000円前後かかってしまいます。新生児の場合は保険が適応されるため費用は安く、中には500円程で施術してもらえる場合もあります。

手術を行う際の注意点には何がある?

手術を行う際に注意する点は、2つ手術の時期と値段についてです。まず、赤ちゃんの手術ですが、新生児に手術を行うことには賛否あります。しかし新生児の手術には麻酔がいらないため、体への負担、その後の成長、費用の面からおすすめです。そして大人が手術をする場合は、2~3日しゃべることが困難であったり入院の必要があるため時期に関してはよく考えてから実施しましょう。また、費用面では保険が適応されることが多いのは構音障害の場合や咀嚼障害がある場合です。そのため、そうでなければ一定額の費用は掛かるということを覚えておきましょう。

合わせて読みたい

子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法
子どもが成長する中で、「歯」について気がかりな保護者の方も多いでしょう。甘い物やジュースばかりを欲しがっていると、虫歯にならないか気になってしまいますよね。 歯の悩みで、虫歯などと並んで保護者の頭を悩ませることが多いものが、子どもの歯並びです。歯並びの悪さはどうしても外見上目立ってしまうだけに...

手術以外の舌小帯短縮症の治療や予防法は?

手術を受ける以外にも舌小帯短縮症を治す方法や予防法はあるのでしょうか?大人になってからでは、時間や金銭的な問題から手術を受けることが出来ない場合もあります。そんな方でもすぐに行うことが出来る治療方法等をご紹介していきます。

舌小帯短縮症自体の予防はできない?

基本的に舌小帯短縮症は、遺伝によっておこるため、予防方法はありません。後天的に起こるものだったとしても、その多くは赤ちゃんの頃の発達状態が原因となるため、予防することは難しくなります。そのため、予防法ではありませんが、成長してから苦しい思いをさせるのが嫌であれば、重度でなくても乳児の間に手術を行ってしまうこと自体が、実生活に害を与えないための予防法ということが出来ます。重度であれば、赤ちゃんの突然死の割合も高くなるため、手術が必要なのは当然ですが、中度以上の症状であれば必須ではなくても手術を推奨するお医者さんもいらっしゃいます。

舌小帯を伸ばすトレーニング方法

舌小帯短縮症は舌小帯自体を伸ばすトレーニングによって改善が可能とされています。1つ目のトレーニング方法は舌の先を上顎の前歯のあたりにつけます。そして、そのまま口を開いて上顎に舌を張り付けるようにして、最後にはじくように舌を離します。これを5~10回程度繰り返すことによって、舌小帯を伸ばしていくことが舌小帯を伸ばすトレーニングになります。ただし、最初のうちは痛みを伴うこともあるため、注意しましょう。

滑舌をよくしていくためのトレーニング方法

舌小帯短縮症の場合、舌を動かすことが苦手であるために必要最低限でしか舌を動かすことがなくなる傾向があります。そして、動かさなければ舌の動きはより鈍化していくという悪循環が生まれてしまいます。そのため、滑舌も悪くなりがちなのですが、これも簡単なトレーニングによって改善できる場合があります。

方法は、舌を口からとがらせて突き出し、そのうえで左右に振っていきます。そして他の方に手伝ってもらって、ランダムなタイミングで手を叩いてもらいます。手を叩いた瞬間に上顎の前歯のあたりに舌を持っていきます。これは、左右の動きだけでなく、前後、上下の動きもつけていくために有効です。

おわりに

舌小帯短縮症は予防こそできないものではありますが、乳児期の早期発見・治療によっては遺伝しても大人になってから生活に支障をきたすことはありません。そのため、子どもが乳児期に哺乳が上手くできない、よだれが常に垂れ流し状態になっているなどのサインを見つけてあげ、早めに対処してあげるようにしていきましょう。

ピックアップ

歯が生えてくるのが遅い?乳歯萌出遅延について解説!
初めての子育ては不安がたくさんあるものです。特に「発育の悩み」は、保護者の頭をよくよぎることでしょう。「乳歯萌出遅延」もそのような悩みのうちの一つではないでしょうか。今回は「乳歯萌出遅延」について詳しく見ていきましょう。 乳歯萌出遅延とは何か 「乳歯萌出遅延(にゅうしほうしゅつちえん)」とい...
子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...
嫌がる子供に上手に歯磨きをする方法~1歳児編~
赤ちゃんの歯磨きに関して、悩みを抱えている保護者の方は多いのではないでしょうか。「赤ちゃんがギャンギャン泣いて上手に磨けない」「歯ブラシを見ると怖がる」というケースもあれば、保護者自身が赤ちゃんの歯の上手な磨き方が分からないというケースもあるようです。 多くの場合、1歳になると上下の前歯が生え...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
子どもの歯並びや滑舌に影響する!舌小帯短縮症の症状・症状・原因・治療・予防の方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

3歳~6歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...
4歳児との接し方で気を付けたいポイント5つ
たくさんの言葉を話せるようになったり、自分ひとりでできることが増えたり、子どもの成長をみることは大きな喜びです。しかし、体が大きくなり体力もついた分、言うことを聞いてくれなかったり悪態をついたりされると、手に負えないと感じることもあるでしょう。 そうした「手の負えなさ」を多くの保護者が...
3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...
3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る