1歳未満の赤ちゃんがかかりやすい!百日咳(ぜき)の症状・原因・治療方法

スポンサーリンク

1歳未満の赤ちゃんがかかりやすい!百日咳の症状・原因・治療方法

「せき」というと、「あまり大したことのないもの」と思う人もいるかもしれません。しかし、重い病気である可能性もあるので、決して楽観視はできません。今回は、「百日咳(ぜき)」について取り上げます。

百日咳(ぜき)とは呼吸器に起こる感染症

咳

百日咳(ぜき)は、呼吸器に起きる感染症の一つです。これを引き起こすのは「百日咳(ぜき)菌」といわれるものなのですが、非常に強い感染力を有しています。上気道(鼻~喉頭にまでを指す言葉です。喉の奥~肺のことは「下気道」といいます)にとりついてどんどん増えてしまいます。

この百日咳(ぜき)は、子どもによく起こる病気として知られていました。ただ現在では、「16歳以上の発病者の方が多く、その割合は全体の60パーセント~70パーセントにも上る」といわれています。そのため、大人も警戒が必要です。病児の世話をしているうちに大人の方が感染してしまった・・・というケースも珍しくありません。

もっとも、発病者は大人の方が多いにも関わらず、「百日咳(ぜき)は子どもの病気だ」と思われるようになったのには理由もあります。(後述でしています)

合わせて読みたい

乳児湿疹の原因・症状・ケア方法まとめ
赤ちゃんは自分の異常を、「言葉」という形で誰かに訴えることができません。そのため、大人がきちんと体調を見てあげる必要があります。お肌の湿...

百日咳(ぜき)の症状について

マスク

百日咳(ぜき)は、病気のなかでも比較的潜伏期間が長いものです。感染した後は5日~10日間ほどの間潜伏しており、なかなか症状として現れません。最大では「20日間ほどもの間潜伏していた」というケースもあります。これはノロウイルスやロタウイルスとのとても大きな違いです。

百日咳(ぜき)の症状は、風邪のときに出るせきと同じような形で表れ始めます。このため、「寝ていれば大丈夫だろう」「安静にしていれば治るだろう」「風邪薬を飲ませておけば大丈夫だろう」と考えてしまいがちです。ただ百日咳(ぜき)の場合、どんどんせきがひどくなります。はじめの方はコンコンとせきこんでいたのに、どんどんひどくなり、ひゅーっと音が出るような発作が起きることもあります。また、せきによって強い吐き気が襲ってくることもあります。場合によっては目の部分にむくみが出たり、顔に出血が見られたりすることすらあります。

「百日咳(ぜき)は恐ろしい」といわれたり、「子どもの病気だ」と思われたりすることには、実は理由もあります。百日咳(ぜき)で出てくるこれらの症状は、乳幼児を死に追いやることがあるからです。まだうまく自分で動いたり痛みを訴えたりすることができない新生児の場合、百日咳(ぜき)によって呼吸ができなくなってしまうことがあります。このため、百日咳(ぜき)が原因で死に至るケースもあります。また、死亡まではいかなくても、脳症などを患うことがあり、決して油断できない病気なのです。

ちなみに百日咳(ぜき)は、医師がその症状を認めた場合や死亡した場合は届け出を出さなければいけない病気でもあります。

合わせて読みたい

初めての予防接種にドキドキ!0歳で受ける予防接種の種類
幼少期の0歳から10歳くらいまでは免疫力が低く、さまざまな病気になるリスクがあります。子どもの体調の変化に敏感になる保護者の方も多いので...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
1歳未満の赤ちゃんがかかりやすい!百日咳(ぜき)の症状・原因・治療方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る