赤ちゃんの五感を刺激するベビーマッサージの効果とは

良ければシェアをお願いします。

ベビーマッサージ

初めての赤ちゃんと、たくさんスキンシップを取りたいと思う人は多いでしょう。ただ、繊細な赤ちゃんとどのように接するのが正解であるのか、わからないという人も多いと思います。赤ちゃんとは言葉でのコミュニケーションが図れないからこそ、体で触れ合うことが最も大切になります。今回は、赤ちゃんの五感を刺激するベビーマッサージの効果をご紹介していきます。

スポンサーリンク

ベビーマッサージとは?

オイルのベビーマッサージ

ベビーマッサージとは、赤ちゃんとスキンシップをとる方法の一つとして注目されています。赤ちゃんの目をきちんと見て、 お母さんの手で肌に触れてあげることで、親子の愛情を高めたり、赤ちゃんをリラックスさせてあげたりすることが可能です。

ベビーマッサージは、素手で行いますが、赤ちゃんが痛くないよう、基本はオイルを使用して行います。マッサージをする人はもちろん、赤ちゃんのお母さんとお父さんです。

次でベビーマッサージの効果について見ていきましょう。

合わせて読みたい

覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲した時の4つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとって嬉しいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の1つは赤ちゃんの行動範囲が広がることです。 生まれたばかりの頃は寝てばかりいた赤ちゃんがハイハイをしたり、つかまり立ちができるようになったりすると、目につくもの、手にするものをすべて口に入...

1. 脳の発達を促す

触覚を刺激することにより、脳の発達を促すことができます。触覚を刺激すると、脳の神経細胞が活発になります。このことにより、脳が持つ記憶力や思考力、感情などの育成も促すことができると言われています。

2. 運動機能の向上

脳の発達から、神経系、運動機能が発達していきます。マッサージでは赤ちゃんの体に圧が加わることから、赤ちゃんの筋肉も弾力のあるものへと発達します。

3. 内臓機能の向上

自律神経の働きが正常になります。また、消化吸収力の向上も望めます。消化吸収力が向上することで、赤ちゃんの下痢や、便秘などにも良い影響を与えます。腸の働きを正常にします。

4. 免疫力の向上

肌へ刺激を与えることで、赤ちゃんのストレスホルモンが下がります。それが免疫力の向上につながっていきます。合わせてリンパの流れや、血流も改善すると言われ、循環機能の全体的な向上も期待できます。

5. 呼吸機能の改善

マッサージにより、赤ちゃんがいつもより深い呼吸ができるようになります。良い意味で、体力を使うことで、お昼寝の時間が長くなったりもします。またお母さんにとって助かるのが、夜泣きや、寝ぐずりにも効果があることです。

合わせて読みたい

【レシピ付き】赤ちゃんが喜ぶ美味しい離乳食メニュー
離乳食は、赤ちゃんの食事をミルクから、私たちが普段口にしているような一般的な食べ物へと切り替えるための、いわば「つなぎ」の役割を果たす食事です。赤ちゃんごとに差はありますが、大体生後5ヶ月辺りから離乳食を与える期間(離乳期)に入り、1歳半くらいまでには完了するといわれています。 しかし、ひとく...

ベビーマッサージはお母さんにも効果アリ?

母親と赤ちゃん

ベビーマッサージの効果は、赤ちゃんだけではありません。マッサージを通して、赤ちゃんの成長などを直に感じることができ、それによって育児に対して活力が生まれ、自信を持つことができるなど、マッサージをしているお母さん自身にも、とても良い影響を及ぼします。また、赤ちゃんの体調変化などにも敏感になることができます。

さらにマッサージ中は、赤ちゃんにエンドルフィンという幸福ホルモンが分泌されます。これはお母さんも感じることができ、言葉がないからこそ、愛情を強く感じることができるでしょう。つまりベビーマッサージで、親子の絆を深めることが可能になります。

ベビーマッサージのやりかた

ベビーマッサージ2

マッサージには、いくつかのコツがあります。しかしここで肝心なのは、テキストやネットを見ながらマッサージをしないことです。目的はあくまで赤ちゃんとのコミュニケーションです。

初めての人は、人形などを使って練習をしてもいいでしょうし、実際にママ友達から色々と情報収集をしてもいいでしょう。ベビーマッサージは決まった順番があるわけでもありません。情報をある程度踏まえた上で、赤ちゃんが気持ちよくなるようにだけ、意識してあげましょう。

ベビーマッサージの準備

以下の点を確認するようにしましょう。

  • 爪は切り、マニキュアなどもとっておくようにしましょう
  • アクセサリーなども外す
  • 使用するオイルの準備
  • 赤ちゃんは裸なため風邪をひかないように部屋は暖かくしておく(温度は25~26度くらい)
  • 大きな音を出さないようにする

大前提として、体調が優れない時は、しないようにしましょう。特に予防接種のあとはもちろんですし、はしか、水ぼうそう、おたふく風邪、風疹などの感染症の時も当然してはいけません。また、マッサージは赤ちゃんの機嫌が悪い時にしてしまうと逆効果になってしまいます。機嫌の良い時にするよう心がけてください。

おわりに

ベビーマッサージの目的はあくまで、赤ちゃんを気持ちよくさせてあげること、そして、言葉でとれないコミュニケーションをとることです。こうしたマッサージは、赤ちゃんの時にしかできません。親子の絆とよく言いますが、その第一歩が、こうした肌での触れ合いになります。お母さんが優しく、思いやりを持ってやってあげることで、赤ちゃんはお母さんのことを大好きになってくれます。大切な期間を、有意義に過ごしてください。

ピックアップ

赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...
子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...
トイレトレーニング
用語トイレトレーニング 読み方といれとれーにんぐ トイレトレーニングは、3歳ぐらいの子供が行うトイレにいかせるためのトレーニングになります。小さい子供は当然おむつをしています。このおむつから普通にトイレに行けるようになるためのトレーニングです。最初のころは子供がトイレに行...
22歳。B型。既婚。
現在妊娠9ヶ月。妊娠中の食欲が増す、太りやすくなるを完全になめきっていたため、妊娠前とくらべて20kg近く体重が増加しました。
妊娠の経験を活かし、妊娠中の注意点、妊娠中に必要な基礎知識の記事を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃんの五感を刺激するベビーマッサージの効果とは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る