【医師監修】子どもが発熱した!飲ませていいものと飲ませるべきでないものとは

監修医師プロフィール:山中岳先生の写真山中岳 先生

平成8年医師免許取得 東京医科大学病院小児科。

子供の心身の成長に向き合う現場を20年以上経験する医師。経験に加え、日本小児科学会専門医・指導医、日本小児神経学会専門医・指導医、日本てんかん学会専門医・指導医、と数多くの資格を所持。日々、てんかんや熱性けいれんなどのけいれん性疾患、頭痛、発達の遅れ、脳性麻痺など、主に神経疾患のお子さんの診察を行っています。

http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/shoni/staff/294.html


風邪をひいた子ども
子どもの急な発熱は慌てますよね。熱があっても比較的元気な子どももいますが、ぐったりとして、飲んでも食べても吐いてしまえば困ってしまいます。
特に1歳前後は思うように言葉が出ないので、顔色や泣き方などでいつもとは違う様子で判断するしかありません。
そんな時に、飲ませていい飲み物と悪いものをピックアップしてみました。

子どもが発熱した時に飲ませていい飲み物

すりおろしたリンゴ
熱が出れば体外へどんどん熱を放出するので水分補給は必要です。
水分補給が足りないと脱水症状を起こしてしまい、合併症を引き起こすこともあります。
しかし、飲み物なら何でも飲ませて良いのではありませんので注意しましょう。

元気でもぐったりしていても・・・熱のある時の飲み物は?

母乳やミルクを飲む場合は、欲しがるだけしっかり与えてかまいません。
番茶や麦茶、湯冷まし、赤ちゃん用イオン水、リンゴジュースなども効果的です。
中でもリンゴは医者いらずといわれるほどの果物で、消化が良く、整腸作用や疲労回復効果があるので、すりおろしや果汁を絞ってジュースして与えるとよいですね。

発熱に伴って下痢や嘔吐(おうと)のある時の飲み物は?

熱がありさらに下痢や嘔吐(おうと)がある時は、大量の水分が失われています。
そのため、脱水症状を引き起こす可能性がより高まってしまうので水分を十分に与えましょう。その場合、子供用のイオン飲料水がおすすめです。
イオン飲料は発熱や嘔吐(おうと)、下痢で失った塩分の補給に役立ちます。ただし、嘔吐(おうと)後すぐに水分を与えても吐き出してしまうので、数時間空けて落ち着いてから少しずつ飲ませるようにしましょう。
それでも吐いてしまい、全く水分が取れなかったり、おしっこの量が少なくなっている場合には、薬を服用したり、または、点滴治療が必要なことがあります。
症状が重い時は受診するようにしましょう。

ゆっくりと少しずつ飲ませましょう

子どもが泣いている時や嫌がっている時は無理なので、落ち着いた時に与えるようにしましょう。
早く熱を下げたいために一度にたくさんではなく、少しずつ回数を分けて飲ませてあげます。
いつも通りの量では吐き出してしまうかもしれないので、最初は口の中を潤す程度で十分です。そして、徐々に欲しがってきたら、少しずつ量を増やしましょう。

絶対に焦らず、慌てないことです。

合わせて読みたい

初注入!赤ちゃんの発熱時に慌てないように座薬の入れ方を予習しておこう!どこに入れる?タイミングは?
初注入!赤ちゃんの発熱時に慌てないように座薬の入れ方を予習しておこう!どこに入れる?タイミングは?
赤ちゃんや小さな子どもが熱を出すと、病院では座薬を処方されることが多いですね。しかもお医者様からは、「熱が38度以上で、ぐったりしている...

子どもが発熱した時に避けたい飲み物

オレンジジュース
発熱した際には、いつも子どもが好んで飲んでいる飲み物を同じように飲ませてもいいのでしょうか?
実は症状によっては飲んだら悪化する飲み物もあるのです。発熱した時には避けた方がいい飲み物を紹介していきます。

オレンジやパイナップルなどの柑橘(かんきつ)系のジュース

症状を悪化させる恐れがあるので、吐き気やおなかの痛みがあるときは、オレンジなどの柑橘(かんきつ)系のものや牛乳類は飲ませないようにしましょう。
みかんや柿はビタミンCが豊富なので風邪の時には食べるともいわれていますが、熱に伴って嘔吐(おうと)や下痢の症状がある時は、消化が悪いのでかえってお腹が緩くなってしまう恐れがあります。
どうしても欲しがる時は、消化の良いリンゴジュースを与えましょう。

大人向けのスポーツ飲料よりも子供用を

同じイオン水でも、大人向けのスポーツ飲料と幼児向けのイオン水では成分が違います。
大人向けのスポーツ飲料はナトリウムとカリウムの濃度が低いのに対し、子ども向けイオン水は、塩分が多めでブトウ糖が入っています。
発熱している場合は、ナトリウム濃度や糖分が低いと元気も食欲も出ないので、大人向けのスポーツ飲料では病気の回復には不向きです。
ですから、もしイオン飲料を与えるのであれば大人用ではなく、なるべく幼児用のイオン水を与えましょう。

冷たい飲み物や熱い飲み物もNG

発熱時にのどの痛みがある場合は、冷たすぎたり熱い飲み物はのどを刺激するので避けましょう。
みそ汁やスープを与える時も健康な時なら温かくしていただきますが、ぬるめかまたはしっかり冷ましてから与えた方が飲みやすいかもしれません。
また、イオン飲料は冷えている方が美味しく飲めますが、こちらも常温に戻したものを飲ませてください。

合わせて読みたい

市販薬で済ませる?病院に受診する?子どもの様子を見極めるポイント
市販薬で済ませる?病院に受診する?子どもの様子を見極めるポイント
子どもが小さい頃は免疫力が低いためすぐに風邪をひいて熱を出してしまいます。熱があるけれど子どもは元気な時でも病院へ行った方がいいんだろう...
高校2年と小学6年の女の子の母です。パンとお菓子作りが生きがいです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】子どもが発熱した!飲ませていいものと飲ませるべきでないものとは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る