乳幼児は要注意!ロタウイルスの症状・原因・治療・予防の方法

良ければシェアをお願いします。

乳幼児は要注意!ロタウィルスの症状・原因・治療・予防の方法

ロタウイルスはノロウイルスと並んでとても恐れられている病気です。特に乳幼児がいるお子さんの家庭では注意しなくてはいけません!今回は、ロタウイルスの症状や原因、治療方法や予防方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク

ロタウイルスは子どもの多くがかかってしまう

泣く

ロタウイルスは、実はそれほど特別なウイルスではありません。厚生労働省の出している見解によれば、「ほとんどの子どもが、5歳になるまでにロタウイルスに感染している」ということです。このロタウイルスは、とても感染力が強いという特徴を持っています。ほかのウイルスならば反応しないような量であっても健康に悪影響を与えます。

このような特徴を持っているため、実は私たち大人も、頻繁にロタウイルスに感染しています。ただ子どものころから何度もロタウイルスにかかってきているため、反応が出にくくなっています。しかし子どもの場合、ロタウイルスに慣れていないため、とても表面に現れやすいのです。

ロタウイルスの症状はどんなもの?

発熱

ロタウイルスは胃腸炎を引き起こすもので、「急性胃腸炎」に分類されています。ロタウイルスの症状は胃腸炎の典型的な症状に似ています。腹痛を伴う下痢がおき、吐き気がこみ上げてきます。また、嘔吐を伴うこともあります。ちなみに、便は黄色い色に変化することが多いようです。

ノロウイルスとの違いは「発熱」が起きる可能性があることです。高熱になることも多く、場合によっては39度を超える熱が出るケースもあります。ロタウイルスの場合、下痢と嘔吐、熱を伴うため、脱水症状も引き起こしやすいという恐怖があります。けいれんが起きたり、肝臓に異常が出たりすることもあります。死亡する可能性もあるため、とても怖いウイルスだと言えます。

ちなみにロタウイルスにかかっても、すぐに発症するわけではありません。2~4日間程度の潜伏期間を経たのちに発症します。

合わせて読みたい

1歳未満の赤ちゃんがかかりやすい!百日咳の症状・原因・治療方法
「咳」というと、「あまり大したことのないもの」と思う人もいるかもしれません。しかし、重い病気である可能性もあるので、決して楽観視はできません。今回は、「百日咳」について取り上げます。 百日咳とは呼吸器に起こる感染症 百日咳(ひゃくにちせき)は、呼吸器に...

ロタウイルスはすぐに感染をする

集団

もう一つ、ロタウイルスには厄介なところがあります。それが「感染しやすい」ということです。

上で紹介したように、ロタウイルスは非常に感染力が強いウイルスです。わずかでも入り込めば発症するのですが、「入り込んだ後の発症率」だけでなく、「入り込みやすさ」も特筆すべきものです。ロタウイルスを患った人の便などに触ってしまった場合、かなりの高確率で触った人にロタウイルスが感染してしまうでしょう。

「ウイルスならば、手を洗っておけば大丈夫だろう」「清潔にしていればかからないだろう」と思う人もいるかもしれません。しかしロタウイルスの場合、手をきちんと洗ったとしても、爪などに残ることが多く、それによってたやすく感染が広がってしまいます

これを防ぐためには、ノロウイルスと同じような対策が求められます。

  1. まず、子どもの下痢や吐しゃ物を処理する場合はゴム手袋をとマスクをつけてください。
  2. 指輪や時計の裏側にもロタウイルスが入り込みますから、これも外しておきます。
  3. 吐しゃ物などを入れたビニール袋は密閉して捨てます。
  4. 手は、30秒以上時間をかけて、爪の間までしっかりと石鹸で洗い上げます。
  5. 吐しゃ物などがかかってしまった洋服や床・じゅうたんは、次亜塩素酸ナトイリウムでしっかり消毒してください。
  6. 洗濯機にかける場合は、ほかの衣類とはわけて洗うようにします。

ここまで徹底すると、多くのウイルスから身を守ることができます。ただ、上でも挙げたようにロタウイルスは非常に感染力が高いため、ここまでしていても感染してしまうことはあります。この対策はあくまで「感染のリスクを下げる行動」であって、「感染を完全に防ぐ方法」ではないのです。

合わせて読みたい

鼻水が出たら要注意!1歳までになりやすい中耳炎の予防は?
中耳炎は、3歳までの乳幼児の70%がかかると言われていて何度もかかる子もめずらしくありません。ですが、赤ちゃんがかかりやすい病気とはいえ、耳が痛いのは可哀想ですし、パパママもお世話や通院が大変です。できる限り予防をしたり、軽い症状のうちに治したりしたいですよね。 そのためには普段の生活の中でか...

ロタウイルスの治療方法と予防方法

ワクチン

ロタウイルスにいったんかかってしまうと、とても厄介です。ノロウイルスのときと同様、ロタウイルスには特効薬は存在しないからです。そのため、脱水症状が起こらないようにするための点滴などが打たれるだけの「対処療法」にとどまります。

ただ、ロタウイルスの場合、しっかり予防することができます。ロタウイルスに対抗するワクチンが開発されているからです。ワクチンの種類は2種類あります。

生後1か月半~半年までの間に受けられるものと、生後1か月半~8か月までに受けられるものです。前者は2回、後者は3回受けることになります。どちらも接種期間にはある程度幅を持たせていますが、1回目の摂取は3か月と20日までに受けるように、と厚生労働省が通達を出しています。

おわりに

時には命の危険さえも招くロタウイルスは、とても感染力が高いとのことで、小さな子どもがいる家庭にとっては非常に怖いものです。特に兄弟姉妹がいるとうつりやすくて心配ですね。かかった後の対処方法がなかなか確率していないのも恐ろしい点です。ただワクチンを打てば、ロタウイルスは予防することができます。ロタウイルスのワクチン接種自体は任意ですが、ほとんどの子どもが感染するウイルスであることを考えれば、打っておくことをおすすめします。

ピックアップ

乳児湿疹の原因・症状・ケア方法まとめ
赤ちゃんは自分の異常を、「言葉」という形で誰かに訴えることができません。そのため、大人がきちんと体調を見てあげる必要があります。お肌の湿疹もそのひとつですね。今回は新生児期の赤ちゃんにできる乳児湿疹について、取り上げます。 乳児湿疹とは赤ちゃんに起きる湿疹のこと 「乳児湿疹」という特定の...
初めての予防接種にドキドキ!0歳で受ける予防接種の種類
幼少期の0歳から10歳くらいまでは免疫力が低く、さまざまな病気になるリスクがあります。子どもの体調の変化に敏感になる保護者の方も多いのではないでしょうか。 さまざま子どもがかかる病気を防ぐためには、0歳から予防接種を受けることが重要です。しかし実際のところ、予防接種と言われても「種類はいく...
赤ちゃんの突然死!乳幼児突然死症候群の原因・予兆・予防法はあるの?うつぶせ寝が原因?
「七つまでは神のうち」と言われていた時代を超え、現在では乳幼児に亡くなる子どもはとても少なくなっています。ただ現在でも、なんの前触れもなく乳幼児突然死症候群などが原因で亡くなる赤ちゃんもいます。今回はこの「乳幼児突然死症候群」について見ていきましょう。 乳幼児突然死症候群ってどんな...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
乳幼児は要注意!ロタウイルスの症状・原因・治療・予防の方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

0歳児・新生児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、人気のものは何なのかを知りたいという方が多いと思います。 ここでは、そういった悩みを解消するべく、粉ミルクの選ぶポイントやおすすめの粉ミルクについてご紹介しま...
【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
赤ちゃんの歯磨きのやり方と注意すべきこと
赤ちゃんの歯磨きは、大人の歯と違うので、磨き方も異なります。歯磨きはいつからはじめたらいいのか、また、どのように磨いたらいいのかなどの、磨き方のコツやタイミング、注意しなければいけないことをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに赤ちゃんの歯磨きができます。今回は赤ちゃんの歯磨きのやり方や注意す...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る