良ければシェアをお願いします。

鼻水が出たら要注意!1歳までになりやすい中耳炎の予防は?

耳を痛がる赤ちゃん

中耳炎は、3歳までの乳幼児の70%がかかると言われていて何度もかかる子もめずらしくありません。ですが、赤ちゃんがかかりやすい病気とはいえ、耳が痛いのは可哀想ですし、パパママもお世話や通院が大変です。できる限り予防をしたり、軽い症状のうちに治したりしたいですよね。

そのためには普段の生活の中でかかりやすい原因を取り除いたり、お喋りできない赤ちゃんからの中耳炎のサインを見逃さなかったりすることが大切です。今回は、中耳炎の予防と、赤ちゃんからの中耳炎のサインについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

中耳炎ってどんな病気?

赤ちゃんの耳

中耳炎は知名度がある病気ですが、耳が痛くなる症状があること以外、よくわからない方も多いのではないでしょうか。まずは、中耳炎がどんな病気なのか確認しましょう。

【中耳炎ってどんな病気?】

中耳炎は、耳の中に炎症がおこって膿が溜まり、発熱・耳の奥の痛み・耳だれ・難聴などの症状を引き起こす病気です。完治まで早くても1ヶ月、長いと2~3ヶ月かかります。

【赤ちゃんがかかりやすいのはなぜ?】

赤ちゃんの耳管は大人と比べて短く太いので、ウィルスや細菌を取り込みやすくなっています。そのため、鼻水に含まれたウィルスや菌が耳の中に到達してしまいやすいことが原因です。

合わせて読みたい

乳児湿疹の原因・症状・ケア方法まとめ
赤ちゃんは自分の異常を、「言葉」という形で誰かに訴えることができません。そのため、大人がきちんと体調を見てあげる必要があります。お肌の湿疹もそのひとつですね。今回は新生児期の赤ちゃんにできる乳児湿疹について、取り上げます。 乳児湿疹とは赤ちゃんに起きる湿疹のこと 「乳児湿疹」という特定の...

予防するのはどうすればいい?

ミルクを飲む赤ちゃん

普段の生活の中でこまめに気遣うことで、中耳炎を予防することができます。パパママも、赤ちゃんと一緒に生活改善をしましょう。

【エアコンを効かせすぎない】

細菌やウィルスは乾燥を好むので、エアコンで部屋ををあまり使い過ぎないようにしましょう。 特に冬は、エアコンと一緒に加湿器をつけるなどして部屋の乾燥に気をつけましょう。オイルヒーターは空気を汚さず乾燥を防ぐので赤ちゃんにはメリットが高いです。

【室内で喫煙しない】

煙草の煙は、赤ちゃんのまだ未発達の粘膜に悪影響を与えます。粘膜の調子が悪くなると鼻炎にかかりやすくなり、すなわち中耳炎にもかかりやすくなります。中耳炎以外にも、赤ちゃんの小さな肺に煙草の煙はダメージを与えてしまいます。

喫煙者のパパママは、いい機会なので赤ちゃんのために禁煙しましょう。難しい場合は、換気扇の近くやベランダなど、赤ちゃんが煙を吸い込まないところで喫煙してください。

【鼻水をこまめに吸い取る】

中耳炎を防ぐには鼻水を溜めないことが一番です。上で述べた通り、中耳炎の主な原因は、鼻水に含まれたウィルスや菌が耳の中に到達してしまうことだからです。風邪をひいて鼻水が出てきた時には、中耳炎になる可能性が高いことを意識して、赤ちゃんのお世話をしてください。

赤ちゃんの鼻水を吸引する専用のスポイトが市販されているので、こまめに鼻水を吸い取ってあげましょう。鼻づまりをしている場合は、耳鼻科で吸い取ってもらいましょう。中耳炎が防げますし、赤ちゃんもスッキリしてぐずらなくなります。

【ワクチン】

3歳未満の赤ちゃんがかかる中耳炎の主な原因となる菌は、肺炎球菌です。そのため、小児用肺炎球菌ワクチンが、中耳炎に効果があるとされています。現在この小児用肺炎球菌ワクチンは、細菌性髄膜炎や敗血症の予防のため生後2ヶ月から無料で接種できるので、多くの赤ちゃんは接種している可能性が高いです。お子さんが生後2ヶ月以上で未接種の場合は早めに行いましょう。

【寝かせたままミルクを飲ませない】

赤ちゃんが仰向けに寝ている状態で授乳をすると、耳に液体が流れ込みやすくなります。、それが原因となる中耳炎を「ミルク中耳炎」と呼びます。
ベビーベッドに寝かせたままや添い寝をしながら授乳せず、赤ちゃんを縦に抱っこして飲ませましょう。まだ首が座っていない状態の時は、首を支えて頭を寝かさないようにして飲ませましょう。

ただでさえやることが多い赤ちゃんのお世話に一手間かかってしまいますが、ちょっと体勢を変えるだけで、中耳炎以外にも誤飲や嘔吐も防ぐことができます。

合わせて読みたい

アレルギー性鼻炎の原因・症状・治療法・予防法まとめ
今や、国民の5人に1人がアレルギー性鼻炎を持っているといわれます。最近では発症の低齢化も進み、子どものアレルギー性鼻炎も多くみられます。命にかかわる病気ではありませんが、そのまま放っておくと日常生活に影響を及ぼすことも。さっそく原因や症状から予防法までご紹介していきます。 アレルギー性鼻炎につ...
みき。O型。犬五匹とオウムと生活。 今まで特に妊娠・出産に興味はなかったが、たまGOO!の担当になってから妊活に興味を持ち、本格的に検討中。「子育て」「ペット」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
鼻水が出たら要注意!1歳までになりやすい中耳炎の予防は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る