良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんの最初の試練!突発性発疹の症状・原因・治療・予防の方法

良ければシェアをお願いします。

突発性発疹の赤ちゃん

ママたちの間で「突発もうかかった?」という会話が飛び交うほど、ほとんどの乳児がかかる病気といってよいでしょう。また1歳前後にかかるので、乳児から幼児に成長するための登竜門と言われています。今回は突発性発疹の症状とその対処方法についてご説明いたします。

スポンサーリンク

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

突発性発疹ってどんな病気?

熱が出た赤ちゃん

突発性発疹は、生後半年から2歳までの幼児の多くがかかる疾患で、季節に関わらず一年中感染の可能性があります。今のところワクチンはありませんが、水疱瘡のように子どもの頃にかかっておかないと大人になって大変ということはありません。

高熱が数日続いた後に赤い発疹が出るのが主な症状です。症状を具体的に確認しながら、対処法をご説明していきます。

高熱

突発性発疹が初めての高熱経験になる赤ちゃんが多いです。赤ちゃんを抱っこしてみて、「なんだかいつもより熱い」「機嫌が悪くて泣き止まない」と思ったら、まずは熱を測ってみましょう。

咳や鼻水など目立った異変もなく突然高熱が出た場合は、突発性発疹の可能性が高いです。熱の症状は3~4日ほど続きます。熱が出ている間は比較的ご機嫌で元気なのが、突発性発疹の特徴と言われています。

【病院での一般的な診断内容】

発熱した段階で病院に行っても、突発性発疹に効く抗生剤がないため解熱剤などで様子を見る場合がほとんどです。再診の際に発疹を確認してから、突発性発疹と診断されます。高熱に加えて下痢の症状が出る場合があり、そちらの薬が処方されることはあります。

【熱性けいれんに要注意】

40度近い高熱が出るため、熱性けいれんを起こす危険性があります。熱性けいれんとは、体温が急激に高くなった時に起きるけいれんのことです。突発性発疹にかかった赤ちゃんのおよそ10%が併発すると言われています。けいれんが数分でおさまれば、特に心配はいりません。

脳炎や脳症などを併発する可能性もあるので、異常を感じた場合はすぐに病院を受診してください。

合わせて読みたい

0歳児の子育ては大変!子育てに疲れた時のリラックス法7選
赤ちゃんは可愛いけれど、子育てはとにかく大変なもの。特に0歳児の子育ては体力と神経を消耗します。今まではこなせていた家事がこなせなくなったり、趣味の時間がとれなくなったりすることが増え、精神的な重荷になることもあります。産後うつや幼児虐待が問題視されていますが、子育てに疲れたら、無理をせず自分の...

発疹

高熱が下がると、今度は全身に細かい赤い発疹が出ます。お腹や背中に出る赤ちゃんが多いですが、顔や手足など全身に広がる赤ちゃんもいます。2~3日経つと発疹が現れた部位から順にきれいに消えていきます。高熱時の機嫌の良さから打って変わって、発疹が出始めたころから赤ちゃんは急にご機嫌ななめになります。ママたちの間で「不機嫌病」と言われるほどの解熱後の機嫌の悪さも、突発性発疹の特徴と言われています

似たような疾患に「はしか」がありますが、はしかは熱が出ると同時に発疹が出ます。赤ちゃんに発熱と発疹の症状が出た場合、はしかの可能性が高いです。

みき。O型。犬五匹とオウムと生活。 今まで特に妊娠・出産に興味はなかったが、たまGOO!の担当になってから妊活に興味を持ち、本格的に検討中。「子育て」「ペット」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃんの最初の試練!突発性発疹の症状・原因・治療・予防の方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る