赤ちゃんの最初の試練!突発性発疹の症状・原因・治療・予防の方法

良ければシェアをお願いします。

突発性発疹の赤ちゃん

ママたちの間で「突発もうかかった?」という会話が飛び交うほど、ほとんどの乳児がかかる病気といってよいでしょう。また1歳前後にかかるので、乳児から幼児に成長するための登竜門と言われています。今回は突発性発疹の症状とその対処方法についてご説明いたします。

スポンサーリンク

突発性発疹ってどんな病気?

熱が出た赤ちゃん

突発性発疹は、生後半年から2歳までの幼児の多くがかかる疾患で、季節に関わらず一年中感染の可能性があります。今のところワクチンはありませんが、水疱瘡のように子どもの頃にかかっておかないと大人になって大変ということはありません。

高熱が数日続いた後に赤い発疹が出るのが主な症状です。症状を具体的に確認しながら、対処法をご説明していきます。

高熱

突発性発疹が初めての高熱経験になる赤ちゃんが多いです。赤ちゃんを抱っこしてみて、「なんだかいつもより熱い」「機嫌が悪くて泣き止まない」と思ったら、まずは熱を測ってみましょう。

咳や鼻水など目立った異変もなく突然高熱が出た場合は、突発性発疹の可能性が高いです。熱の症状は3~4日ほど続きます。熱が出ている間は比較的ご機嫌で元気なのが、突発性発疹の特徴と言われています。

【病院での一般的な診断内容】

発熱した段階で病院に行っても、突発性発疹に効く抗生剤がないため解熱剤などで様子を見る場合がほとんどです。再診の際に発疹を確認してから、突発性発疹と診断されます。高熱に加えて下痢の症状が出る場合があり、そちらの薬が処方されることはあります。

【熱性けいれんに要注意】

40度近い高熱が出るため、熱性けいれんを起こす危険性があります。熱性けいれんとは、体温が急激に高くなった時に起きるけいれんのことです。突発性発疹にかかった赤ちゃんのおよそ10%が併発すると言われています。けいれんが数分でおさまれば、特に心配はいりません。

脳炎や脳症などを併発する可能性もあるので、異常を感じた場合はすぐに病院を受診してください。

合わせて読みたい

0歳児の子育ては大変!子育てに疲れた時のリラックス法7選
赤ちゃんは可愛いけれど、子育てはとにかく大変なもの。特に0歳児の子育ては体力と神経を消耗します。今まではこなせていた家事がこなせなくなったり、趣味の時間がとれなくなったりすることが増え、精神的な重荷になることもあります。産後うつや幼児虐待が問題視されていますが、子育てに疲れたら、無理をせず自分の...

発疹

高熱が下がると、今度は全身に細かい赤い発疹が出ます。お腹や背中に出る赤ちゃんが多いですが、顔や手足など全身に広がる赤ちゃんもいます。2~3日経つと発疹が現れた部位から順にきれいに消えていきます。高熱時の機嫌の良さから打って変わって、発疹が出始めたころから赤ちゃんは急にご機嫌ななめになります。ママたちの間で「不機嫌病」と言われるほどの解熱後の機嫌の悪さも、突発性発疹の特徴と言われています

似たような疾患に「はしか」がありますが、はしかは熱が出ると同時に発疹が出ます。赤ちゃんに発熱と発疹の症状が出た場合、はしかの可能性が高いです。

突発性発疹についてのよくある質問

発疹が出た赤ちゃん

大人も移るの?

赤ちゃんの病気で大人も注意しなくてはいけない病気も多いですが、突発性発疹に関しては心配の必要はありません。安心してじっくりと看病をしてあげてください。

また、はしかや水疱瘡など、乳幼児期にほとんどの人がかかり、稀に大人になってからかかった場合は症状が重い疾患もありますが、突発性発疹は違います。初めての高熱に戸惑っている赤ちゃんをしっかり抱きしめてあげてくださいね。

合わせて読みたい

慣らし保育はどのくらいの期間やるの?大まかな流れを確認!
1歳から5歳の間は、赤ん坊から成長した子どもが自分の意志でさまざまな行動をし始める時期です。その分、非常にわがままな振る舞いも多く、親としては大変な思いをする期間でもあります。そして、その時期は保育園に入り、子どもが外の世界を知り、社会性を身に付けていく時期でもあります。 保育園には、「慣らし...

保育園には預けられる?

働くママの多くが、とても気になるところだと思います。まず大前提として、突発性発疹に限らず別の病気でも、高熱が出た場合は登園することができません。その後、熱が下がり発疹が出た段階で突発性発疹の診断がおりますが、その後の対応は保育園の方針や赤ちゃんの状態によって変わります。

例えば、保育園側が登園を許可していても、高熱が数日続いた赤ちゃんがぐったりしていたらお家でゆっくり休ませてあげることが必要です。赤ちゃんの状態によっては、小児科の先生から登園を見合わせるように指示があるかもしれません。また、保育園側で「解熱後○日は登園禁止」というルールがあり、登園できない場合もあります。

突発性発疹は感染症ではないので、登園許可書の提出が必要ではない保育園が多いようです。いつから登園するかは、小児科の先生と保育園の両方に相談して、赤ちゃんのことを一番に考えて決めましょう。

お風呂に入ったり、お散歩に出たりしても大丈夫?

突発性発疹の赤ちゃんは高熱時に比較的ご機嫌なのが特徴ですが、機嫌と体調は全く別なので「ちょっとくらい大丈夫」などと思わず細心の注意を払ってください。

お風呂は、赤ちゃんの状況次第では、熱が比較的落ち着いたら入ってもいいと言われています。特に夏場などは、完治するまでお風呂に入らない方が、汗疹や排便のふき残りなど衛生面で悪い影響があります。お散歩は、医師から保育園の登園許可をもらうなど、完治するまでは控えた方がいいでしょう。

おわりに

赤ちゃんの初めての高熱や発疹にオロオロしてしまう新米ママも多いかと思います。ですが、突発性発疹はほとんどの赤ちゃんがかかる病気です。この病気にかかることは赤ちゃんが確実に成長している証ですのでお母さんはどっしりと構えていてくださいね。赤ちゃんの病気は大人とは違います。新米ママさんはひとつひとつ焦らず気張りすぎず、乗り越えてください。ママも赤ちゃんと一緒に成長していきましょう。

ピックアップ

初めての予防接種にドキドキ!0歳で受ける予防接種の種類
幼少期の0歳から10歳くらいまでは免疫力が低く、さまざまな病気になるリスクがあります。子どもの体調の変化に敏感になる保護者の方も多いのではないでしょうか。 さまざま子どもがかかる病気を防ぐためには、0歳から予防接種を受けることが重要です。しかし実際のところ、予防接種と言われても「種類はいく...
風邪?アレルギー?1歳の子がかかりやすい病気まとめ
乳児期の赤ちゃんはまだ体内に免疫を持っていないため、大人に比べ病気にかかりやすく、時には重症化するケースもあります。病気を防ぐためにも、乳児期にかかりやすい病気をチェックしておくことが大切です。そこで今回は、乳児期にかかりやすい病気についてまとめてみました。我が子の健康のために、ぜひご活用くださ...
はじめての行事!お宮参りの基礎知識と事前準備について
赤ちゃんが生まれてはじめて行う行事であるお宮参り。名前は聞いたことがあるけれど、実際にどんなことをするのか、いつ行うのか、服装は何を着たらよいのかと分からないことだらけですよね。そこで今回は、お宮参りについて知っておくべき基礎知識と神社と事前準備についてまとめました。ぜひ参考にしてみてください。...
購読はいいねが便利です!
赤ちゃんの最初の試練!突発性発疹の症状・原因・治療・予防の方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

0歳児・新生児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、人気のものは何なのかを知りたいという方が多いと思います。 ここでは、そういった悩みを解消するべく、粉ミルクの選ぶポイントやおすすめの粉ミルクについてご紹介しま...
【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
赤ちゃんの歯磨きのやり方と注意すべきこと
赤ちゃんの歯磨きは、大人の歯と違うので、磨き方も異なります。歯磨きはいつからはじめたらいいのか、また、どのように磨いたらいいのかなどの、磨き方のコツやタイミング、注意しなければいけないことをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに赤ちゃんの歯磨きができます。今回は赤ちゃんの歯磨きのやり方や注意す...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る