子どもの受け口はすぐに対処した方がよい?成長するまで見守る?

歯を見せる赤ちゃん
歯が生えはじめたばかりの赤ちゃん。みてみると「受け口」なっているということはありませんか。これは果たして親からの遺伝なのでしょうか?それとも、他に原因があるのでしょうか?受け口だとしたら、何かした方がよいのでしょうか、心配や疑問の種は尽きませんよね。そこで今回は、子どもの「受け口」についての情報をまとめてみました。

受け口ってどういう状態?

歯ブラシをかむ赤ちゃん
普通の状態では、下顎の上に上あごが重なり、上あごの方が前方に出ています。それが逆に、下顎が上あごよりも前に出ているのが受け口です。顎が前に突き出ていて横顔が三日月型、「しゃくれている」と言われることもあります。まずは、もう少し詳しく受け口について理解していきましょう。

受け口は遺伝する?

歯の生える方向が前方に向かう、下顎が出てしまうという体質は遺伝で受け継がれるため、、受け口の原因は遺伝の場合が多いようです。両親のどちらかが受け口の場合は、子どもにも受け継がれる可能性が高いです。

その他の原因としては、上下の顎の成長バランスが悪いと受け口になる可能性があります。また、下の歯を舌で押す癖があると受け口になると言われています。舌により下の前歯が押し出されて歯並びがずれてしまうためです。

受け口には二種類ある?

受け口のことを医学的用語では、「下顎前突症(かがくぜんとつしょう)」と言います。下顎前突症には、歯性(しせい)下顎前突症と骨格性(こっかくせい)下顎前突症の2種類があります。

歯性(しせい)下顎前突症 骨格性(こっかくせい)下顎前突症
状態 上の前歯よりも下の前歯が前に出ている 奥歯を含めた下顎全体が、上あごよりも前に出ている
原因 前歯(切歯)のかみ合わせ 遺伝的な要素が強い
治療法 歯科で、固定式の矯正装置などを使う 外科的な処置が必要な可能性が高い

合わせて読みたい

パパ・ママとどこがそっくり?優性遺伝と劣性遺伝の違いと特徴
パパ・ママとどこがそっくり?優性遺伝と劣性遺伝の違いと特徴
赤ちゃんができると「どんな顔かな?」「パパ似?」「ママ似?」「性格は?」といろいろ想像してしまいますよね。女の子は父親に似るなんてこ...

赤ちゃんの「受け口」に気づいたときには

笑う赤ちゃん
赤ちゃんが受け口になっていたら、親としては心配ですよね。すぐに治療をした方がいいのか、乳歯の生え変わった後まで見守ればいいのか迷うところではないでしょうか。ここでは、歯が生えはじめたころの赤ちゃんの口元が受け口のようになっていた場合はどうしたらよいのか、そのときの対処方法についてもご紹介します。

かみ合わせが安定するまで

一般的には2歳半から3歳くらいになり、子どものかみ合わせが安定してしたときが「受け口」かどうかの判断時期と言われています。まずは、その年齢に達するまでの受け口について確認していきましょう。

歯が生えはじめてくる乳時期の「受け口」

赤ちゃんの歯は、一般的に前歯から生えてきます。まだ奥歯がないので前歯のみでかみ合わせようとするため、どうしても下顎が前に出てしまい、その結果として「受け口」のようにみることが多いのです。ですから、まだこの段階では本当に「受け口」なのかの判断をするのは早すぎます。やがて奥歯が生えそろい、全体の歯でかみ合わせができるようになるまで、焦らずに経過を見守ってあげてください。

奥歯が生えそろう幼児期の「受け口」

1歳を過ぎるころに最初の奥歯が生えてくると、赤ちゃんは、奥歯を使ってかみ合わせができるようになります。しかし、この時期の赤ちゃんのかみ合わせはまだまだ不安定です。歯は次々に生えてきますし、歯の本数が増えてくるとかみ合わせの状態も刻々と変化するため、この段階で受け口かどうかの判断は難しいと言えます。かみ合わせが安定してくれば、受け口も自然に治っていくケースも多いので、あまり心配せずに様子をみるようにしましょう。

3歳くらいになってかみ合わせが安定したら判断を

受け口かどうかの判断が可能な時期は、乳歯が生えそろう2歳半から3歳くらいです。1歳くらいのころに受け口が気になっていた赤ちゃんでも、奥歯(第2乳臼歯)が生えたら自然に治っていたということも少なくありません。かみ合わせが安定したこの時期に受け口が気になるときは、一度歯医者さんに相談してみるとよいですね。

受け口は子どもの発育に影響する?

基本的に「受け口」が、子どもの発育を遅らせるということはありません。しかし、「受け口」により発生する問題点は、大きく分けて三つあげられます。一つ目は「見た目の問題」、二つ目は「発音の問題」、三つ目は「食べ方の問題」です。受け口の場合、サ行やタ行の発音が舌足らずになる特徴がみられ、食べるときに音を立ててしまうこともあります。また、思春期には、「下顎が出っ張っている」という外見が、子ども本人にとって切実な問題になってしまう可能性があるでしょう。

合わせて読みたい

隔世遺伝も関係あり?子どもの背の高さはやっぱり遺伝?
隔世遺伝も関係あり?子どもの背の高さはやっぱり遺伝?
子どもの背の高さで悩んでいることはありませんか?特に、子どもの身長が低い場合は、親の遺伝かな?と諦めてしまう人もいるかもしれませんね...
22歳17歳10歳三人の子持ちママ。恋愛小説や趣味で育児4コマ漫画を描いてます。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子どもの受け口はすぐに対処した方がよい?成長するまで見守る?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る