産まれて間もない赤ちゃんに多くみられる「新生児黄疸(おうだん)」について知っておきたいこと

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃん
赤ちゃんを産んで、2、3日したころに赤ちゃんの肌や白目の部分が黄色っぽく変色をしていて、びっくりするママも多くいると思いますが、これは「新生児黄疸(おうだん)」というものです。新生児黄疸には、自然に治るものと、治療が必要なものがあります。また、黄疸の原因が重い病気の場合も。自分の赤ちゃんの黄疸が、どのようなものなのかしっかり見極め、必要があれば医師の判断を仰ぎましょう。

「新生児黄疸」についての基礎知識

新生児の実に9割に現れるという「新生児黄疸」。ほとんどが産院を退院して1週間たつころには治まっていますが、新生児黄疸はなぜ起こるのでしょうか?そもそも、どうして肌や目の白い部分が黄色くみえるのでしょうか?まずは、新生児黄疸について知ることが必要です。

新生児黄疸の原因と発生時期は?

生まれてから2、3日後に現れることが多い様です。よくみられる新生児黄疸であれば、生後2週間程度で治まります。原因は赤血球に含まれる「ビリルビン」の排出が上手に行われないことにあります。ビリルビンの排出は、肝臓で処理されたあと、腎臓によって行われます。しかし、赤ちゃんの肝臓が未発達なために新生児黄疸が起こるのです。つまり、黄疸が治まるのは赤ちゃんの肝臓の機能がいつ完成するかによって変わっていくのです。

新生児黄疸のおもな症状について

一番わかりやすい症状は、目や肌が黄色くみえることです。ほとんどのママが肌や目の色で気づくのではないでしょうか。ビリルビンがうまく外に出ていっていないために、ビリルビンの影響を受けた便が白っぽくなることも症状のうちの一つです。また、黄疸の原因が病気によるものの場合、発熱などの症状も出ますので、そうなった場合はすぐに医師に相談しましょう。

新生児黄疸になってしまった時の対処法は?

ほとんどの赤ちゃんは、自然に治まります。しかし、黄疸の原因が病気であったり、ママと赤ちゃんの血液型の不一致であったりする場合は、黄疸の症状も強く出ているでしょうから、「光線治療」を行うことが多いようです。この治療は、青色の光線を浴びることによって、黄疸の原因であるビリルビンが水に溶けて外に出やすくなるために行います。

出典:merckmanuals.jp

合わせて読みたい

心配でたまらない!赤ちゃんが保育器に入るときはどういうとき?
心配でたまらない!赤ちゃんが保育器に入るときはどういうとき?
赤ちゃんが保育器に入ることになると、何で?どうして?とパニックになってしまうママもいるかもしれません。赤ちゃんが2,500g以下で産...

心配のない「新生児黄疸」がほとんどです

新生児黄疸のほとんどが心配のないもので、時間がたつと赤ちゃんの肝臓がうまく機能するようになるため、自然と治っていくものがほとんどです。黄疸が出たからといって、慌てないように赤ちゃんの様子をしっかり見守りましょう。

一番多い新生児黄疸は「生理的黄疸」

新生児黄疸は、この生理的黄疸が一番多いです。これについては、時間の経過とともに赤ちゃんの肝臓が成長することによって解決しますので、特に心配はありませんので、経過を見守りましょう。ただ、2週間たっても黄疸が治まらない場合は、その他の原因も考えられますので、病院へ相談に行きましょう。

治るまでの期間が少し長め「母乳性黄疸」

生まれた時から母乳育児の赤ちゃんは、黄疸が出やすいといわれています。これは、母乳に含まれる女性ホルモンが、赤ちゃんの肝臓で働く酵素の動きを弱めてしまうからです。この場合でも、赤ちゃんの肝臓が成長していくことによって、女性ホルモンの影響を受けにくくなりますので、時間の経過とともに黄疸の症状が無くなっていきます。

ママと赤ちゃんの血液型が違う「新生児溶血性黄疸」

例えば、ママの血液型がO型なのに赤ちゃんの血液型がA型という「血液型不適合」だった場合に多くみられるのが、この黄疸です。ママと赤ちゃんの血液型が違う場合、妊娠中にママの体が赤ちゃんの血液に対する抗体を作り出します。その抗体が赤ちゃんへ送られ、赤ちゃんの赤血球が壊されてしまいます。それが原因で、黄疸の原因であるビリルビンが多くなってしまうのです。黄疸が強く出ることもあり、その場合は光線治療を行います。

合わせて読みたい

低出生体重児の出生体重は何グラム以下?原因やリスクを解説!
低出生体重児の出生体重は何グラム以下?原因やリスクを解説!
「低出生体重児」という名称をご存じでしょうか。正産期に生まれた赤ちゃんでも体重が通常より少なかったり、さまざまな要因で正産期よりも早く赤...
30代後半。家族構成は夫、長女8歳、次女6歳です。職歴はIT系企業でのWEBサイト制作、製造業企業でのECサイト運営補佐を経験。ライター以外にも、夫の仕事を在宅で手伝っていますので、あまり家事をする時間がありません。子どもたちには、自分のことはなるべく自分で出来る様に教えています。ただ、お勉強については、いっしょに出来る様に時間を確保しています。子どもたちには毎日の生活とお勉強で、考える力をしっかりと身につけて欲しいと思っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
産まれて間もない赤ちゃんに多くみられる「新生児黄疸(おうだん)」について知っておきたいこと
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る