虫歯菌が母子感染する危険な「感染の窓」を閉じたままにするには?

スポンサーリンク

母子感染

歯は人間の身体でもとても大切な部位のひとつです。歳を重ねたとき、どれくらい自分の歯が残っているかは小さい頃からの歯の状態が重要となってきます。歯の代表的な病気と言えば虫歯ですね。今回はそんな虫歯菌の感染に関係している「感染の窓」というものに焦点をあてていきます。「そもそも感染の窓って?」「感染の窓ってどういうことが起きるの?」など多くの疑問を解決していきます。正しいお口のケアを知って健康な歯を保ちましょう。

感染の窓って一体なに?

「窓」という単語が入っていると「歯が開くの?」「歯茎に穴があくとか?」と考えてしまうかもしれませんが、感染の窓は特定の子がなるものではなく、全ての子が通る道です。感染の窓とはもっとも母子感染しやすい時期のことで、具体的には生後19ヶ月~31ヶ月の期間を指します。これは乳歯の奥歯が生え始めてから、乳歯が全て生えそろうまでの期間です。

赤ちゃんは初め虫歯菌というものを持っていません。多くの場合は母子感染と言われています。この感染の窓を閉じたままにするには、可能な限り感染の時期を遅らせることが重要とされています。

参考サイト:www.kamata-sika.com

合わせて読みたい

ママがむし歯だと赤ちゃんもむし歯に?唾液で感染するミュータンス菌について解説!
新生児の口の中には存在しないミュータンス菌。唾液で感染し、その感染源の多くはママからといったショックな事実もあります。そもそもミュー...

どうしたら感染のリスクを下げることができるの?

先ほど述べたように、赤ちゃんが虫歯菌をもらうのはお母さんです。赤ちゃんは歯がきちんと生えてくるまで自分で固形物を噛むことができません。そのためお母さんが咀嚼してから食べさせてあげることもあります。するとお母さんの口の中にある虫歯菌が赤ちゃんに移り、虫歯菌に感染してしまうことがあるのです。

母子感染を100%防ぐということは不可能ですから、感染のリスクを下げるためにはお母さんの口の中がきれいである必要があります。ご自身が口内をきれいに保つことで、お子さんの感染リスクも下がるのですから一石二鳥とも言えますね。

感染率とお母さんの口腔ケア

「子どもの虫歯と自分の虫歯は関係ない」と思ってはいませんか?実は子どもの感染率とお母さんの口内健康度は比例しているのです。きちんと歯医者さんなどの定期健診に行っているお母さんの場合、子どもの感染率は36ヶ月目でも4割弱となっています。しかしながら、定期健診に行かずお口のケアをさぼり気味なお母さんの場合、子どもの感染率は36ヶ月目で6割を超えているのです。

この結果を見るとお母さんの口内環境=子どもの口内環境といっても間違いではないくらいですね。さらに、お母さんが所持している虫歯菌が多ければ多いほど、子どもも感染しやすいというデータも出ています。次項では正しいお口のケアについて学んでいきましょう。

参考サイト:www.mi21.net

合わせて読みたい

赤ちゃんに虫歯が影響!?妊娠後期のオーラルケアを徹底しよう!
妊娠中は何かと不調を訴えやすいもの。それもそのはず、妊娠によってホルモンバランスの変化が生じるために仕方のないことなんです。でもだからこ...
漢方薬にハマっている21歳。昨年友人が出産したことをきっかけに、育児のお役立ち情報をリサーチしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
虫歯菌が母子感染する危険な「感染の窓」を閉じたままにするには?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る