お散歩でコミュニケーション! 子どもと一緒に犬を飼うメリット

犬を飼う前に注意しておきたいポイント

赤ちゃんと犬

犬を飼うことでたくさんのメリットがありますが、大変なことも多くあります。犬を飼う前にどんな大変なことがあるのか?ということまで考えて、しっかりと検討しましょう。ここでは、犬を飼う前に注意しておきたいポイントを説明していきます。

親も一緒に世話をする覚悟を決めること

子どもに全ての世話を任せるのではなく、親も一緒になって世話をすることが大切です。また、犬を飼う前は子どもが世話をする!といっていても、いざ飼ってみたら全く世話をしない…なんていうケースもあります。かといって、返品をするということもできません。もし、そうなった場合でも、親が最後までしっかりと世話をするという覚悟を持って飼い始めるようにしましょう。

犬を飼うことで発生する費用について

犬がもたらすのは、子どもに与える影響や、かわいらしさだけではありません。犬の食事費用や健康管理費用、トイレ用品にかかる費用など、定期的な出費があることを念頭に置いておきましょう。特に、狂犬病予防接種やワクチン接種は毎年接種が必要なものです。飼い主が病気になった時や預けないといけなくなった場合のホテル代、ヘアカット代など意外と出費がかさむことが多いので、あらかじめ年間出費を算出しておくことをおすすめします。

親の意見ではなく子どもの意見を尊重する

子どもが犬を飼いたいといっているのであれば問題ありません。ただ、親が子どもの教育にいいからといって、無理に飼わせようとするのはおすすめしません。無理を押し付けてしまうと、家の中に、犬だけではなく、子どもの居場所もなくなってしまうこともあるからです。飼う時には、子どもの気持ちを尊重してあげることが大切です。

おわりに

犬を飼うことは、子どもにたくさんのいい影響を与えてくれます。しかし、さまざまな困難な場面も出てくるはずです。安易に飼うことを決めるのではなく、一緒に生活を共に送るということを考えてしっかりと検討してみてくださいね。

ピックアップ

5~6歳児におすすめの知育ゲーム6選
5~6歳児におすすめの知育ゲーム6選
5~6歳児は、基本的な生活習慣が身につき、さまざまなことを自分で考える思考力や認識力が発達する時期です。ものの考え方が本格的になり、集団...
3~4歳児におすすめの知育ゲーム6選
3~4歳児におすすめの知育ゲーム6選
3~4歳児は、頭も感性も敏感で、多くのものを吸収できる年齢です。今は、原材料やつくりなどさまざまな工夫を凝らしたおもちゃが身近に出回って...
子どもには何を習わせる?幼児期に人気の習い事TOP3
子どもには何を習わせる?幼児期に人気の習い事TOP3
幼児期の子どもの成長や物事の吸収力は、計り知れません。無限の可能性を秘めた子どもには、多くの経験をさせたいと思うのが親心です。そのため、...
2人の男の子のママとして毎日奮闘中!医療業界で働いていた経歴を生かし、健康・子育て情報を発信するフリーライター。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
お散歩でコミュニケーション! 子どもと一緒に犬を飼うメリット
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る