冬になると大流行ノロウイルスの症状・原因・治療・予防・家庭ケア

良ければシェアをお願いします。

病気に苦しむ赤ちゃんのイラスト

冬になると大流行する「ノロウイルス」。大変恐ろしいこのウイルスですが、「名前だけは知っているけれど、どういうものかよくわかっていない」という人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、「そもそもノロウイルスとはどんなもので、どんな症状を伴うのか」「原因は何なのか」「予防や治療はどうしたらいいのか」について見ていきます。

スポンサーリンク

ノロウイルスとは検知が難しいウイルス

ウイルス

ノロウイルスの歴史は、古くは1968年ごろにまでさかのぼれると言われています。ただそのときには、「ノーウォークウイルス(ノーウォークとは、ウイルスが発生した町の名前です)」と言われていました。これは小型球形ウイルスである、とされて2002年までずっとそう呼ばれてきました。ただ、研究の結果、小型球形ウイルスには2種類ある、ということが判明しました。片方は「サポウイルス」、もう片方は「ノロウイルス」と名付けられました。

ノロウイルスは、非常に凶悪なウイルスでありながら、検出が難しいと言われています。なぜならノロウイルスの遺伝子の型はとても多いからです。そのうえ、治療や発見のために培養しようとしても増やすことができないという特徴を持っています。

ノロウイルスが感染する原因と対策~食材などを介す場合

あさり

ノロウイルスが感染する原因はいくつかあります。まずは、「ノロウイルスを含む水を飲んだ」という場合。アウトドアなどで井戸水を飲んだことがある、という経験を持つ人も多いのではないでしょうか。ひんやりとした自然の井戸水は大変おいしいものですが、なかにはノロウイルスに汚染されているものもあります。これを飲むことでノロウイルスに感染してしまうのです。安全性が担保されていない水は飲まないようにしましょう。

ノロウイルスに侵されている食品、特に二枚貝などを食べた場合でも感染します。ノロウイルスは熱に弱く、90℃程度の熱で1分半以上加熱することで失活化します。そのため、生食や半生の状態のものでなければほぼ安全です。

合わせて読みたい

赤ちゃんの最初の試練!突発性発疹の症状・原因・治療・予防の方法
ママたちの間で「突発もうかかった?」という会話が飛び交うほど、ほとんどの乳児がかかる病気といってよいでしょう。また1歳前後にかかるので、乳児から幼児に成長するための登竜門と言われています。今回は突発性発疹の症状とその対処方法についてご説明いたします。 突発性発疹ってどんな病気? 突発性発...

ノロウイルスが感染する原因と対策~人を介す場合

ゴム手袋

ノロウイルスは、「人」からも感染します。ノロウイルスは便や吐しゃ物によく含まれます。「子どもがノロウイルスに感染して吐き戻したり、お腹を壊したりした」ということでその処理をする際に保護者が感染してしまうことも多いのです。ただこれらは、正しい手順でしっかりと処理することで対処できます。

手順

(1)まずは手袋とマスクを着用しましょう。

(2)ペーパータオルで該当物をふき取ります。

このときに乱暴にこすってしまうとノロウイルスが空気中に舞ってしまうので、必ず静かに行います。

(3)次塩素酸ナトリウム(濃度は200ppm)で拭き、水拭きも行います。

(4)ペーパータオルなどはしっかり密閉して捨てます。

このなかにも次塩素酸ナトリウムを入れておくとよいと言われています。

ノロウイルスはせきやくしゃみなどによって飛沫感染もします。家族がノロウイルスに感染している、という場合はマスクや手袋を着用し、十分に気をつけましょう。

なかなか避けがたいのが、「食べ物を扱う人がすでにノロウイルスに感染していた」という場合です。家の中でなら避けることができますが、外食に行った際に、そこで働いている従業員がノロウイルスに感染していた・・・ということになると、避けることはほとんど無理でしょう。飲食店を経営している人間に対しては、「せきや腹痛が激しい人は休ませるように」と国も警告をしていますが、業務をまわしていくためになかなか徹底していないのが現状のようです。

合わせて読みたい

鼻水が出たら要注意!1歳までになりやすい中耳炎の予防は?
中耳炎は、3歳までの乳幼児の70%がかかると言われていて何度もかかる子もめずらしくありません。ですが、赤ちゃんがかかりやすい病気とはいえ、耳が痛いのは可哀想ですし、パパママもお世話や通院が大変です。できる限り予防をしたり、軽い症状のうちに治したりしたいですよね。 そのためには普段の生活の中でか...

ノロウイルスのかかってしまったら?

吐き気

ノロウイルスにかかると、激しい吐き気や下痢、腹痛などが起こります。熱が出ることはあまりなく予後も比較的良好ではありますが、平成25年には2569件の死亡例が報告されています。もっとも厚生労働省では、「高齢者の場合、ノロウイルスが直接的な死亡原因になっているかどうかは断定できない」としています。

ノロウイルスが厄介なのは、感染した場合、「特効薬」がないということです。ワクチンも開発されていませんから、治療はあくまで対処療法に限られます。下痢止めを使ってしまうと回復が遅くなりますので、安易な判断で飲まないようにしてください。

ノロウイルスは冬場によく発生します。ただ2012年は11月~12月に大流行していますし、2015年は1月から3月にかけて大流行しました。そのため、秋口から警戒が必要だと言えるでしょう

おわりに

ノロウイルスは、非常に強力なウイルスです。また、治療方法が対処療法しかない、というのもつらいですよね。子どもが吐き戻したり下痢になっていたりすると親としてはとても不安ですが、二次感染を防ぐためにきっちりと防御して処理をしなければいけない、というのも苦しいところです。ただノロウイルスの場合、症状は激しくても、1週間前後の期間で症状は沈静化していきます。死亡する可能性は少なく後遺症も残りにくい病気なので、この点は少しだけ救いですね。

ピックアップ

乳児湿疹の原因・症状・ケア方法まとめ
赤ちゃんは自分の異常を、「言葉」という形で誰かに訴えることができません。そのため、大人がきちんと体調を見てあげる必要があります。お肌の湿疹もそのひとつですね。今回は新生児期の赤ちゃんにできる乳児湿疹について、取り上げます。 乳児湿疹とは赤ちゃんに起きる湿疹のこと 「乳児湿疹」という特定の...
いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの3つの原因と対策法
赤ちゃんはお母さんにとっても、家族にとっても愛らしい存在です。よく「目に入れてもいたくない。」などといいますが、赤ちゃんの寝顔はまるで天使のようです。しかし、この天使のような赤ちゃんも、お母さんを悩ませる時があります。それが夜泣きです。あやしても、抱っこしてもなかなか泣き止んでくれず、夜中に一人...

https://tamagoo.jp/childcare/characteristic-of-the-mongolian-spot/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
冬になると大流行ノロウイルスの症状・原因・治療・予防・家庭ケア
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

0歳児・新生児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、人気のものは何なのかを知りたいという方が多いと思います。 ここでは、そういった悩みを解消するべく、粉ミルクの選ぶポイントやおすすめの粉ミルクについてご紹介しま...
【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
赤ちゃんの歯磨きのやり方と注意すべきこと
赤ちゃんの歯磨きは、大人の歯と違うので、磨き方も異なります。歯磨きはいつからはじめたらいいのか、また、どのように磨いたらいいのかなどの、磨き方のコツやタイミング、注意しなければいけないことをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに赤ちゃんの歯磨きができます。今回は赤ちゃんの歯磨きのやり方や注意す...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る