初めての予防接種にドキドキ!0歳で受ける予防接種の種類

良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんの予防接種

幼少期の0歳から10歳くらいまでは免疫力が低く、さまざまな病気になるリスクがあります。子どもの体調の変化に敏感になる保護者の方も多いのではないでしょうか。

さまざま子どもがかかる病気を防ぐためには、0歳から予防接種を受けることが重要です。しかし実際のところ、予防接種と言われても「種類はいくつくらいあるのか」「スケジュールはどのようになっているのか」など、分からないことが多く戸惑う方も多いでしょう。

今回は予防接種のなかでも、特に重要とされる0歳時の予防接種とスケジュールについて解説します。

スポンサーリンク

0歳で受けるべき予防接種の種類は?

注射

まず0歳で受けるべき予防接種と病気の種類、そして受けるべき時期を見てみましょう。

B型肝炎

ウイルス系の肝炎で、慢性肝炎や肝疾患に発展する場合や、肝臓がんへと発展する場合があり、最悪のケースでは死に至ることもあるため、確実に予防しておくことが大切です。母親が肝炎キャリアでない場合は生後2ヶ月目から予防接種を受けることが可能で、2016年10月から定期接種になりました。なお、0歳のうちに3回受けることが義務付けられています。

ロタウイルス

乳幼児を中心とした子供に悪影響を及ぼすウイルスで、激しい下痢と嘔吐を発症します。おもに2月と3月に感染しやすい病気です。予防接種は生後14週6日までに受けることが推奨されています。

ヒブ感染症

ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型Hibによって発生する病気で、多くの場合5歳未満の子供が感染します。症状が出ない場合もありますが、何らかの要因で発展すると敗血症、肺炎、髄膜炎などを起こす可能性があり、予防接種が必要です。期間については生後2ヶ月から4ヶ月以内に受けることが良いとされています。

小児用肺炎球菌

肺炎や細菌性髄膜炎を引き起こす菌で、重症化した場合死に至る危険性もあるほか、後遺症が残る可能性あるため、これを防ぐためのワクチンを接種する必要あります。生後2ヶ月から受けることが可能です。

四種混合(DPT-IPV)

ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオの4種類の症状を防ぐワクチンです。各種症状は以下のとおりです。

1.ジフテリア

喉の痛みなどの症状が出る感染症です。40度近い高熱や神経麻痺、失明のリスクがあり、場合によっては亡くなることもあります。

2.百日せき

痙攣を伴う咳発作が続く急性気道感染症です。こちらも、最悪の場合は死の危険性もあるため、必ず予防接種を受けるようにしましょう。

3.破傷風

脳や脊髄の運動中枢に破傷風菌が入ることで痙攣の症状が起こります。重症の場合、後弓反張(こうきゅうはんちょう)と呼ばれる、体が弓のように反り返る症状が起こり、背骨が折れたり呼吸ができなくなったりする危険があります。最悪の場合はそれが原因で亡くなるケースもあります。

4.ポリオ

急性灰白髄炎のことです。咽頭炎のあと、下痢や腹痛、嘔吐などの症状が出ます。0歳児は免疫力が低いため、脳炎を引き起こすこともあります。

このように四種混合ワクチンは、重症化すると亡くなる可能性もある病気を防ぐものですので、必ず受けさせる必要があります。これらは生後2ヶ月から予防接種を受けることができます。

BCG

BCG

昭和初期には重大な病気として多くの人々が亡くなった結核を防ぐための予防接種です。全世界で見ると、その致死率はHIVの次に多くなっています。今ではかかることは少なくなったとは言え、必ずこちらも予防接種を受けるようにしましょう。

以上が0歳から受けることができる予防接種です。どれも重大な病気を防ぐためのものです。症状が悪化すると亡くなる病気が多いことからも、重要性が分かるのではないでしょうか。

重症化しない場合でも、子供が苦しむことには変わりはありません。辛い思いをさせないためにも、忘れずに各種予防接種を受けさせましょう。

合わせて読みたい

赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...

スケジュールはどのように立てればいいのか?

予防接種問診票

ここまで0歳で予防接種を受けねばならない病気の内容と時期を確認しました。受けさせる必要性が高いことは理解できたと思いますが、どんなスケジュールを立てれば良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。なかには、どのようにして予防接種を受けたら良いのかわからず、「忘れたらどうしよう」と不安を抱えている保護者のかたもいらっしゃると思います。

しかし、心配することはありません。自治体から予防接種の予診票が送付されてきますので、記載された案内にしたがって予防接種を受ければ大丈夫です。

さらに、近所にかかりつけとなる小児科を見つけておけば、予防接種に関するアドバイスや何か気になる症状が出た際にもすぐに診断してもらうことができます。最近はさまざまな情報が飛び交う世の中ですが、お子さんそれぞれの体質や体調などによるところですので、迷った時には早めに医師の判断を仰ぐようにしましょう。

おわりに

0歳という時期は非常に身体が弱く、少しの変化から体調を崩したり、場合によっては重症化したりこともあります。日本も医療制度が整うまでは、不幸にも幼い命が病気で亡くなることも少なくありませんでしたが、予防接種の充実と国の支援によって、現在の日本における0歳児の致死率はわずか1パーセントになっています。

子供の健やかな成長のために、予防接種について正しい知識を身に付け、スケジュールをしっかりと立てるようにしましょう。

ピックアップ

いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの3つの原因と対策法
赤ちゃんはお母さんにとっても、家族にとっても愛らしい存在です。よく「目に入れてもいたくない。」などといいますが、赤ちゃんの寝顔はまるで天使のようです。しかし、この天使のような赤ちゃんも、お母さんを悩ませる時があります。それが夜泣きです。あやしても、抱っこしてもなかなか泣き止んでくれず、夜中に一人...
夫への愛情が激減!?産後クライシスのなぞと克服方法とは
産後クライシスという言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。もともとは2012年9月にNHKのテレビ番組「あさイチ」の中で取り上げられ、反響をよんだ現象です。 その意味は出産後に夫婦の関係が悪化し、結婚関係が危機に陥ることを指します。以下では産後クライシスの現状と原因をまず分析し、その問題を...
子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...
購読はいいねが便利です!
初めての予防接種にドキドキ!0歳で受ける予防接種の種類
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

0歳児・新生児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、人気のものは何なのかを知りたいという方が多いと思います。 ここでは、そういった悩みを解消するべく、粉ミルクの選ぶポイントやおすすめの粉ミルクについてご紹介しま...
【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
赤ちゃんの歯磨きのやり方と注意すべきこと
赤ちゃんの歯磨きは、大人の歯と違うので、磨き方も異なります。歯磨きはいつからはじめたらいいのか、また、どのように磨いたらいいのかなどの、磨き方のコツやタイミング、注意しなければいけないことをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに赤ちゃんの歯磨きができます。今回は赤ちゃんの歯磨きのやり方や注意す...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る