良ければシェアをお願いします。

初めての予防接種にドキドキ!0歳で受ける予防接種の種類

良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんの予防接種

幼少期の0歳から10歳くらいまでは免疫力が低く、さまざまな病気になるリスクがあります。子どもの体調の変化に敏感になる保護者の方も多いのではないでしょうか。

さまざま子どもがかかる病気を防ぐためには、0歳から予防接種を受けることが重要です。しかし実際のところ、予防接種と言われても「種類はいくつくらいあるのか」「スケジュールはどのようになっているのか」など、分からないことが多く戸惑う方も多いでしょう。

今回は予防接種のなかでも、特に重要とされる0歳時の予防接種とスケジュールについて解説します。

スポンサーリンク

0歳で受けるべき予防接種の種類は?

注射

まず0歳で受けるべき予防接種と病気の種類、そして受けるべき時期を見てみましょう。

B型肝炎

ウイルス系の肝炎で、慢性肝炎や肝疾患に発展する場合や、肝臓がんへと発展する場合があり、最悪のケースでは死に至ることもあるため、確実に予防しておくことが大切です。母親が肝炎キャリアでない場合は生後2ヶ月目から予防接種を受けることが可能で、2016年10月から定期接種になりました。なお、0歳のうちに3回受けることが義務付けられています。

ロタウイルス

乳幼児を中心とした子供に悪影響を及ぼすウイルスで、激しい下痢と嘔吐を発症します。おもに2月と3月に感染しやすい病気です。予防接種は生後14週6日までに受けることが推奨されています。

ヒブ感染症

ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型Hibによって発生する病気で、多くの場合5歳未満の子供が感染します。症状が出ない場合もありますが、何らかの要因で発展すると敗血症、肺炎、髄膜炎などを起こす可能性があり、予防接種が必要です。期間については生後2ヶ月から4ヶ月以内に受けることが良いとされています。

小児用肺炎球菌

肺炎や細菌性髄膜炎を引き起こす菌で、重症化した場合死に至る危険性もあるほか、後遺症が残る可能性あるため、これを防ぐためのワクチンを接種する必要あります。生後2ヶ月から受けることが可能です。

四種混合(DPT-IPV)

ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオの4種類の症状を防ぐワクチンです。各種症状は以下のとおりです。

1.ジフテリア

喉の痛みなどの症状が出る感染症です。40度近い高熱や神経麻痺、失明のリスクがあり、場合によっては亡くなることもあります。

2.百日せき

痙攣を伴う咳発作が続く急性気道感染症です。こちらも、最悪の場合は死の危険性もあるため、必ず予防接種を受けるようにしましょう。

3.破傷風

脳や脊髄の運動中枢に破傷風菌が入ることで痙攣の症状が起こります。重症の場合、後弓反張(こうきゅうはんちょう)と呼ばれる、体が弓のように反り返る症状が起こり、背骨が折れたり呼吸ができなくなったりする危険があります。最悪の場合はそれが原因で亡くなるケースもあります。

4.ポリオ

急性灰白髄炎のことです。咽頭炎のあと、下痢や腹痛、嘔吐などの症状が出ます。0歳児は免疫力が低いため、脳炎を引き起こすこともあります。

このように四種混合ワクチンは、重症化すると亡くなる可能性もある病気を防ぐものですので、必ず受けさせる必要があります。これらは生後2ヶ月から予防接種を受けることができます。

BCG

BCG

昭和初期には重大な病気として多くの人々が亡くなった結核を防ぐための予防接種です。全世界で見ると、その致死率はHIVの次に多くなっています。今ではかかることは少なくなったとは言え、必ずこちらも予防接種を受けるようにしましょう。

以上が0歳から受けることができる予防接種です。どれも重大な病気を防ぐためのものです。症状が悪化すると亡くなる病気が多いことからも、重要性が分かるのではないでしょうか。

重症化しない場合でも、子供が苦しむことには変わりはありません。辛い思いをさせないためにも、忘れずに各種予防接種を受けさせましょう。

合わせて読みたい

赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...
星ねえ。蟹座のB型。既婚。旦那さんと息子の3人家族。 野球をしている息子のために土日は早朝からお弁当作りをしています。家事は手抜きをモットーにしています。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
初めての予防接種にドキドキ!0歳で受ける予防接種の種類
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る