いよいよ幼稚園!入園準備で必要なものをジャンル別にすべて紹介!

良ければシェアをお願いします。

制服

幼稚園生活が近付いてくると、ワクワク楽しみな反面、何から準備したら良いのか不安な方も多いのではないでしょうか?しかし、ご安心ください。ここでは幼稚園生活で必要なものをジャンル別にご紹介します。用意するものの中には園の指定がある場合もありますので、通われる幼稚園の案内とあわせて参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

園指定の場合が多い「制服」「体操服」

体操

制服と体操服は指定のものがある幼稚園が多いので、入園前の説明会でお知らせがあれば幼稚園の案内に沿ってご準備くださいね。

合わせて読みたい

保育園・幼稚園・保育所・託児所の違い知ってますか?
新米ママさんは日々子育てにおいてさまざまな壁にぶつかると思いますが、中でも大きな壁は「保育園・幼稚園」選びでではないでしょうか。「保育園がいいのか、幼稚園がいいのか、でも保育所や託児所もある…」と頭を抱えているお母さんも多いはず。実際、それぞれの違いを正確に述べられるかと言われると難しいですよね...

通園に必要な4つのもの

バックと帽子

毎日使うものだからこそ使いやすいものを選びたいですよね。ここでは選ぶ際のポイントとともにご紹介します。

通園バッグ

リュックサックやショルダーバッグは両手が空くので便利です。ポケットの多いものや撥水加工のあるものなど、機能性に優れたものもあります。市販の防水スプレーを振れば濡れても染みになりにくくなります。

帽子

日射しや雨から肌を守ってくれるだけでなく、お子さんの目印にもなります。風で飛ばされないようにゴムの付いたものを選びましょう。

外靴

マジックテープで留めるものやファスナータイプのものは口が大きく開くので、お子さんが自分で着脱しやすくなります。実際に履いてみて歩きやすいもの、足のサイズに合ったものを選びましょう。

レッスンバッグ

お道具箱を入れたり絵本を入れたり、あれば便利なレッスンバッグ。汚れてしまっても良いように洗濯できる素材のものが良いでしょう。お子さんの好きな布地で手作りしても素敵ですね。

雨の日に必要な3つのもの

雨の日の登園

子どもにとっては雨の日も楽しい通園路。安全に通園できるよう、雨の日グッズもしっかりと選びたいですね。

遠くからでもよく見えるように目立つ色を選びましょう。一部分が透明のビニール素材になったものは視界を遮らないので安全です。傘を閉じた時にも持って歩きやすいように、お子さんに合った長さを選んでくださいね。

レインコート

お子さんの身長に合った長さを選びましょう。通園リュックを背負っても着用できるゆとりのあるものが使いやすいです。視界を妨げないようにフード部分が透明になったものや、反射テープが付いているものなど、安全面にもこだわりましょう。

長靴

雨の日でも歩きやすいように、サイズの合ったもの、ゴム底が滑りにくく履きやすい型のものを選びましょう。

室内で必要な4つのもの

スモッグ

1日の多くを過ごす室内で必要なものをご紹介します。

上履き、上履きバッグ

園で履き替える上履きは、何度も洗濯ができる丈夫なものを選びましょう。人気のキャラクターがデザインされたものや、自由にアレンジできる布用のペンも売っていますが、幼稚園によっては色の指定がある場合やアレンジが禁止されている場合もありますので、ご確認くださいね。

上履きバッグは口が大きく開いて出し入れしやすいものが便利です。丈夫な持ち手が付いているもの、巾着袋など、持ちやすいものを選びましょう。

座布団

園によっては毎日座る座席が決まっていて、目印のために座布団が必要な場合があります。クッション性のある柔らかなものや、災害時に防災頭巾として使えるものが安心です。カバーが取り外せて洗濯できると便利です。

ハンカチ、ティッシュ

毎日の身だしなみの基本です。洗い替えも含めて多めに持っておくと良いでしょう。アイロンの要らないタオル地のもの、角に紐が付いていてぶら下げられるものが便利ですよ。

着替え

園での生活では、衣類を汚してしまうこともあります。そんな時に備えて、着替えを用意しておくと良いでしょう。特に靴下は汚れてしまったり濡れてしまったりすることが多いので、替えがあると便利です。汚れた衣類を入れられるビニール袋があると、他のものに汚れが移ってしまうのを防げます。

合わせて読みたい

保育園と幼稚園の違いとは?どっちが良いの?
ご両親がお仕事をされている場合、預かってくれる時間が長い保育園といった考えが定着されていますが、現在では預かってくれる時間が長い幼稚園も増えてきました。では、実際に保育園か幼稚園かを選ぶ際には、何をポイントに選べばよいのでしょうか。ここでは、保育園と幼稚園の具体的な違いを紹介します。 ...

遊びの時間に必要な4つのもの

入園用品

幼稚園で過ごす中で1番長い、遊びの時間に必要なものをご紹介します。

スモック

園によって違いがありますが、多くの幼稚園では衣服が汚れないよう、お絵かきなど遊びの時間に着用します。衣服の上から着用するので、サイズに少しゆとりを持って選びましょう。色や形に指定がある場合もありますので、入園前にご確認くださいね。

文房具

はさみ、のり、クレヨンなど工作の時間に使う文房具です。小さな手でも使いやすい子ども用の文房具も売っていますので、お子さんの使いやすいものを選びましょう。

楽器

鍵盤ハーモニカやカスタネットなど、自分専用の楽器を揃える幼稚園が多いようです。園によって必要な楽器が違いますので、購入前にご確認くださいね。

プールセット

幼稚園の大きなプールを楽しみにしているお子さんも多いはず。水着は園の指定がある場合もあります。水着の他に水泳キャップ、ゴーグル、ビーチサンダル、バスタオルも忘れずにご用意くださいね。ラップタオルと呼ばれる体に巻くタイプのバスタオルは、ゴムが入った筒状のものや、スナップボタンで留め外しできるものがあります。お子さんの使いやすいタオルを選びましょう。

食事の時間に必要な5つのもの

お弁当

子どものお楽しみ、お昼ごはん。ここでは幼稚園での食事の際に必要なものをご紹介します。

お弁当箱、お弁当袋

お弁当箱は傾いても汁漏れがしないよう、蓋がしっかりと閉まるものを選びましょう。お弁当袋は開閉しやすい巾着袋が使いやすいですよ。お箸セットも一緒に収納できる大きさのものがあると便利です。

おしぼり、おしぼりケース

食事前には手洗いをしますが、食事中に手を汚してしまった際に、おしぼりがあると便利です。おしぼりは子どもの手でも絞りやすい薄手のもの、ケースは開閉が簡単なものを選びましょう。

水筒

園によっては飲み物が用意されている場合もあります。水筒が必要な場合は、蓋がコップになっているものが洗いやすく衛生的です。紐が付いていると肩へ掛けることもでき、便利ですよ。

お箸、スプーン、フォーク

幼稚園でお箸の持ち方を練習する場合もあります。一般的には2~3歳児には13cm、3~4歳児には14.5cm、5歳児には16cmのお箸が使いやすいそうですが、お子さんの持ちやすいものを選びましょう。スプーン・フォークは2~3歳児には13cm、3歳児以上には15cmが目安となっています。

歯磨きセット

楽しいお昼ごはんの後は歯磨きタイムです。歯ブラシはお子さんの年齢に合ったものを選びましょう。グリップが太く握りやすいものが良いでしょう。歯磨きが苦手なお子さんには、好きなキャラクターが付いているものだと楽しく歯磨きができるきっかけになるかもしれません。うがいのコップは落としても割れないプラスチック製のものを選びましょう。取っ手が大きいもの、安定感のあるものが使いやすいですよ。

あると便利な名前シール

名前シール

持ち物には忘れずに名前を書いておきましょう。手軽に貼れるシールタイプのものや、アイロンで貼り付けるタイプのものなど、用途に合わせた様々な名前シールもありますので参考にしてみてくださいね。子どもの好きなキャラクターで名前シールを作ってあげるとテンションがあがること間違いなしです!シールはインターネット通販で購入できます。ポケモン、サンリオ、妖怪ウォッチ、プリキュラ・・・などなんでも揃っていますよ。

おわりに

初めての幼稚園、ドキドキしているのはお子さんも同じです。一緒に入園準備をすることで、不安な気持ちがだんだんと楽しみな気持ちに変わってくるはず。準備万端、笑顔で入園式を迎えられるように、ぜひこちらの記事を参考にしてくださいね!

ピックアップ

英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...
悪魔の3歳!?加速する3歳児のイヤイヤとは
子どもは、2歳から4歳にかけての成長が著しいと言われています。特に3歳で目立つのが、イヤイヤ期です。「買ってくれないとイヤ!」、「持たせてくれないとイヤ!」など、自分の思い通りにならないと気が済まないのが、3歳児の特徴です。イヤイヤ期は2歳から始まって、4歳ごろになると落ち着きます。2歳のときよ...
人気の2歳差兄弟!2歳差にしたい時はいつ妊娠すればいい?
子どもの兄弟の年齢差にはさまざまな場合がありますが、育てる上で多くのママやパパから一番の理想と言われているのが「2歳差兄弟」です。その理由は、常に兄弟がお互いの遊び友達になれるため、他者との関わりを兄弟間で学びやすいからだと言われています。 他にも、幼稚園や保育園の通園期間が重なること...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
いよいよ幼稚園!入園準備で必要なものをジャンル別にすべて紹介!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

3歳~6歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...
4歳児との接し方で気を付けたいポイント5つ
たくさんの言葉を話せるようになったり、自分ひとりでできることが増えたり、子どもの成長をみることは大きな喜びです。しかし、体が大きくなり体力もついた分、言うことを聞いてくれなかったり悪態をついたりされると、手に負えないと感じることもあるでしょう。 そうした「手の負えなさ」を多くの保護者が...
3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...
3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る