2016年10月からB型肝炎 ワクチンが公費で受けられることになった理由

良ければシェアをお願いします。

ワクチン

怖い病気である「B型肝炎」。しかし一つ朗報があります。実は、2016年の10月から、これのワクチンが公費で受けられることになったのです。
でも、どうしてそうなったのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか。ここでは、B型肝炎とはどういったものか、その症状や原因は何なのかとあわせて、「B型肝炎のワクチンが公費で受けられるようになった理由」について見ていきます。

スポンサーリンク

B型肝炎とは何か

赤ちゃん

B型肝炎とは、そもそも何なのでしょうか。まずはそれから見ていきましょう。

B型肝炎は、名前の通り、「B型肝炎ウイルス」と呼ばれるものに感染して起こる病気です。このB型肝炎ウイルスは「HBV」と略されることもあるもので、母子感染によって小さな子どもにもうつります。それ以外にも、ピアスや入れ墨をする際に、本来は許されないことではありますが清潔ではない医療器具を使ったことなどによっても感染します

このB型肝炎の恐ろしいところは、「一時的なもの」だけでなく、「生涯にわたって続くもの」がある、ということです。

また、B型肝炎には「B型急性肝炎」と呼ばれるものと「B型慢性肝炎」と呼ばれる2種類のものがあります。前者は半年以内の潜伏期間ののちにわかりやすい「症状」として出てくるものであり、場合によっては非常に重度の状況になってしまいます。

ただ、お子さんをお持ちのご家庭にとって恐怖となりうるのは、後者の方かもしれません。これは、子どもを産んだときや、子どもが小さいときにかかるものです。このときにかかってしまうと、上で述べたような「生涯にわたって続く病気」になってしまいます。B型慢性肝炎の場合、潜伏期間は非常に長いと言えます。症状が出るまでにかかる時間は、なんと数年単位! 場合によっては10年以上経っても出てこないことがあります。

しかしだからといって油断はできません。成長期に入ると、私たちの体は免疫力が強くなります。この免疫力があるからこそ私たちの体は健康な状態でいられるのですが、これがB型肝炎ウイルスを発見するとちょっと厄介なことになります。

免疫機能がB型肝炎ウイルスを攻撃するところまではよいのですが、B型肝炎にすでにかかっているほかの細胞まで同時に攻撃してしまうのです。その結果として、肝炎が起こります。このため、一時的ではありますが、非常に強い症状が出てしまいます。

もっとも、「生涯にわたって続く病気」ではあるものの、一度このような経過を経たウイルスの大半は、それ以上悪さはしません。そのため、基本的には安全です。
ただ、この病気を患った人のうちの1~2割の人は、「おとなしい状態」にはならないと考えられています。慢性的な肝炎になってしまい、場合によっては命にかかわる「肺がん」などになってしまうことも……

合わせて読みたい

乳幼児は要注意!ロタウイルスの症状・原因・治療・予防の方法
ロタウイルスはノロウイルスと並んでとても恐れられている病気です。特に乳幼児がいるお子さんの家庭では注意しなくてはいけません!今回は、ロタウイルスの症状や原因、治療方法や予防方法について見ていきましょう。 ロタウイルスは子どもの多くがかかってしまう ロタウイルスは、実はそれ...

B型肝炎の治療について

ウィルス

B型急性肝炎は、実はウイルス対策などは必要ないと言われています。一般的なB型肝炎ならば栄養補給と休息で治ります。ただ、あまりにもひどい場合は、透析や臓器移植を必要とする場合もあります。

一度B型肝炎ウイルスにおかされてしまうと、それを完全に取り除くことは不可能である……このような事実から問題視されているのが、B型慢性肝炎の方です。そのため、生涯にわたりウイルスを抱え込むことになります。これが、B型肝炎とC型肝炎の違いだと言われています。

合わせて読みたい

冬になると大流行ノロウイルスの症状・原因・治療・予防・家庭ケア
冬になると大流行する「ノロウイルス」。大変恐ろしいこのウイルスですが、「名前だけは知っているけれど、どういうものかよくわかっていない」という人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、「そもそもノロウイルスとはどんなもので、どんな症状を伴うのか」「原因は何なのか」「予防や治療はどうしたらい...

B型肝炎ワクチンが無料で打てるようになったそのわけは?

注射

このように、B型肝炎はとても怖い病気です。特に、「ウイルスを全て取り除くことができない」という点に注目したいものです。

「取り除けないのであれば、入ってこないようにすればよい」ということで、ワクチンが広まりました。実はこの背景には、「感染経路は本当に先に挙げたものだけか?」ということもあります。感染経路がはっきりしていない病人なども出てきているため、国が、「ひょっとしたら分泌物でも感染するのではないか」という見解を出したのです。

そのため、従来のような「予防」では追いつかなくなってきているという現状があります。

また、新しい形のB型肝炎ウイルスが出てきたこと、世界的にもB型肝炎ワクチンを打つことが当たり前であることから、2016年の10月から公費によるワクチン接種が始まった、というわけです。任意接種では6,000~8,000円ほどが無料になります。

【対象】2016年4月以降に生まれる0歳児。原則として生後2か月、3か月、7~8か月に1回ずつ(計3回)の接種を推奨しています。

ちなみに、B型肝炎にかかった場合、100人に1~2人ほどは命を落とします。こう聞くと、「ぜひともワクチンを!」と思いますよね。

おわりに

B型肝炎は、急性と慢性があります。子どものころにかかってしまうと、一生ウイルスを持ち続けることになります。これを避けるために、国も公費でのワクチン接種を勧めるようになりました。今までは「母子感染や注射などで感染する」と言われていたのに、「唾液などの分泌物でも感染する可能性がある」ということですから、ぜひワクチンを打ってほしいものです。今は無料で打てますよ!

ピックアップ

赤ちゃんに高い高いは厳禁?!揺さぶられっ子症候群の症状・原因・治療・後遺症まとめ
「子どもに高い高いをしてあげるお父さん」という図柄は、昔からドラマや映画、漫画や小説などでよくみられるものでした。大人になってからも、「よくお父さんに高い高いをしてもらったなぁ」という微笑ましい思い出を持っている人もいるのではないでしょうか。しかし現在、この「高い高い」が危険なのではないか?...
赤ちゃんの突然死!乳幼児突然死症候群の原因・予兆・予防法はあるの?うつぶせ寝が原因?
「七つまでは神のうち」と言われていた時代を超え、現在では乳幼児に亡くなる子どもはとても少なくなっています。ただ現在でも、なんの前触れもなく乳幼児突然死症候群などが原因で亡くなる赤ちゃんもいます。今回はこの「乳幼児突然死症候群」について見ていきましょう。 乳幼児突然死症候群ってどんな...
1歳未満の赤ちゃんがかかりやすい!百日咳の症状・原因・治療方法
「咳」というと、「あまり大したことのないもの」と思う人もいるかもしれません。しかし、重い病気である可能性もあるので、決して楽観視はできません。今回は、「百日咳」について取り上げます。 百日咳とは呼吸器に起こる感染症 百日咳(ひゃくにちせき)は、呼吸器に...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
2016年10月からB型肝炎 ワクチンが公費で受けられることになった理由
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る