ぜんそくの子どもに役立つ!ネブライザーの種類と使い方

ネプライザー
ぜんそくの治療には吸入器が用いられます。その中でも乳児や幼児にはネブライザーという器具を使うのが一般的です。ここでは吸入に使うネブライザーの種類や使い方をはじめ、子どもに飽きずにネブライザーを使わせるポイントなどをご紹介します。子どもがぜんそく、または最近子どものせきがひどいような気がすると感じている方はぜひこの記事を参考にしてください。

ぜんそくには吸入が不可欠

吸入する子ども
ぜんそくでヒューヒューとせきをしている子どもの姿は見ていて痛々しいですが、ぜんそくの場合風邪で処方される「せき止め薬」は効きません。その代わりに気管支をひろげる薬として吸入薬や貼り薬などが処方されています。ここではまずぜんそくの概要や吸入器の種類をご紹介します。

ぜんそくとはどんな病気?

小児ぜんそくは1歳くらいからみられ、4~5歳が最も多い病気です。一過性の場合や症状の程度に差があるものの、国の調査によると子どもの15%がぜんそくを患っているといわれています。夜間や明け方、運動後などにぜんそくの発作が起きることが多いです。

どんな子どもがぜんそくになりやすいの?

アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎など、もともと何かに対するアレルギーを持っている子どもはぜんそくになりやすいといわれています。また、家族にぜんそく持ちの人がいる場合も遺伝しやすいです。ぜんそくは特定の物質に反応して起こることがあるため、ダニ、ホコリ、ペットの毛、たばこの煙が身近にあると発作が起きやすくなります。

吸入器の種類

ぜんそくの吸入器にどんなタイプがあるのかご紹介します。

エアゾール 大人向け。缶を押すと1回で必要な量の薬が噴射される。呼吸がしづらい発作時にも
有効。小型で携帯しやすい。スペーサーを使えば乳児~学童も使用可能。
ドライパウダー 学童~大人向け。粉末薬剤を自分の呼吸で吸入するタイプ。噴霧剤が不要だが、
自分でしっかり吸いこむことが必要。
ネブライザー 乳児~幼児向け。時間がかかるが、薬液が霧状になっているので意図的に吸い
こまず自然な呼吸で吸入できる。

合わせて読みたい

小児喘息
小児喘息
用語小児喘息 読み方しょうにぜんそく 小児喘息とは、アレルギー反応やその他の刺激によって咳やゼーゼー、ヒューヒュ...

ネブライザーの種類と使い方のポイント

ネプライザーの種類
ネブライザーは液体の薬を体に取り入れる際に利用する医療器具です。自然な呼吸で体に取り込むことができるため赤ちゃんでも使えるメリットがあります。一般的によく用いられるネブライザーはジェット式で、圧縮した空気で薬液を霧状するタイプです。

なお、ひとくちにぜんそくの薬といっても、気管支をひろげる薬や発作を予防する薬などいろいろな種類があります。薬剤によってはネブライザーが適さないタイプもあるため、使い方は医師や薬剤師などの指示に従いましょう。

ジェット式:マウスピースタイプ

マウスピースを口にくわえて口から薬を取り込みます。漏れなく薬を取り込めるメリットがありますが、口で呼吸ができる子どもでないと使えません。鼻炎や風邪で鼻がつまっている場合も注意しましょう。またマウスピースを数分くわえていないといけないので、だ液が口にたまりがちです。ネブライザーの中にだ液が流れてしまうと正しい効果が得られなくなるため、ときどきだ液を吐き出して使います。

ジェット式:マスクタイプ

マスクを鼻と口の周りにあてて自然に呼吸をすることで薬を取り込みます。マウスピースを口でくわえられない子どもや乳児でも使えますが、顔とマスクの隙間から多少薬が漏れてしまうデメリットがあります。子どもがマスクを口にあてるのを嫌がる場合もありますが、顔に強く押し付けすぎるのもよくありません。吸入が終わったあと顔の周りがぬれてしまうので、タオルを用意してから行うのがおすすめです。

その他ネブライザー

なお、ネブライザーはジェット式以外に以下のタイプもあります。

  • 超音波式:超音波の振動を利用し、液体の薬を霧にするタイプ
  • メッシュ式:液体の薬をメッシュの穴から押し出すことで霧にするタイプ

合わせて読みたい

咳こんで吐くときはどうすればいいの?咳こんで吐くときの四つの対処法
咳こんで吐くときはどうすればいいの?咳こんで吐くときの四つの対処法
子どもが咳をしていて、吐いてしまうことがあります。何度も咳が続くと苦しそうですし、嘔吐(おうと)は身体に負担がかかります。機嫌も悪くなり...
30代後半のママライターで夫、5歳娘、3歳娘、2歳息子の5人家族です。セットメーカーで技術者として10年ほど勤務していましたが、出産と夫の転勤が重なり退職。実家から遠く離れた土地で生活しています。子育てのポリシーは毎日が面白ネタです。大変なこともありますが、日々ボケと突っ込みで乗り切っています。また、できるだけ家族が揃う時間が作ってコミュニケーションを大切にしています。よろしくお願いします!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
ぜんそくの子どもに役立つ!ネブライザーの種類と使い方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る