子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット

良ければシェアをお願いします。

おしゃぶり

赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回されて、ただ右往左往するのではなく、メリットとデメリットを良く理解して、お母さん自身が子供のことを考えて決めることです。

スポンサーリンク

おしゃぶりのメリット

指しゃぶり

1. お母さんにとって安心

赤ちゃんが指しゃぶりをする行為は本能的な反応です。早い子だと生後1ヶ月から、平均的には2~3ヶ月頃から、口に触れたものを吸う「吸啜(きゅうてつ)反射」を始めます。これは、生きていくために必要なことで、吸啜反射によって赤ちゃんはミルクやお母さんのおっぱいを飲んで成長していくことができます。

しかし、そうは言っても、赤ちゃんが指しゃぶりをしている姿を見ると、指には雑菌がたくさんついているため、衛生面で心配になるというお母さんは少なくないことでしょう。そんな時、赤ちゃんにおしゃぶりを与えておけば、指をしゃぶることはありません。もちろん、おしゃぶりはこまめに洗っておくことが必要ですが、体温によって温かい指のように急速に雑菌が繁殖することはありません。

また、衛生面以外でも、おしゃぶりを与えると赤ちゃんが落ち着くため、お母さんにとってのストレスを軽減するのにも役立ちます。例えば、外出先でミルクをすぐに与えられないような状況でも、おしゃぶりをくわえると多くの場合、赤ちゃんは静かになります。また、おしゃぶりをすることによって、赤ちゃんは安心感を覚え、寝付きが良くなることも多いようです。

2. 乳幼児突然死症候群を防ぐ

2005年のアメリカ小児科学会の研究報告によると、おしゃぶりを使うと、乳幼児突然死症候群のリスクを3割下げられるとのことです。2006年、有力医学雑誌BMJ誌は、逆におしゃぶりを使わない赤ちゃんの乳幼児突然死症候群のリスクは2.6倍程度に上昇すると報告しました。その詳しいメカニズムは不明ですが、これだけ権威のある報告が提出されている以上、おしゃぶりのメリットについて無視するわけにはいきません。

合わせて読みたい

覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲した時の4つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとって嬉しいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の1つは赤ちゃんの行動範囲が広がることです。 生まれたばかりの頃は寝てばかりいた赤ちゃんがハイハイをしたり、つかまり立ちができるようになったりすると、目につくもの、手にするものをすべて口に入...

おしゃぶりのデメリット

歯並び

1. 歯並びが悪くなる恐れがある

おしゃぶりの最も大きなデメリットとして、歯並びが悪くなるという点が挙げられます。日本小児歯科学会の報告は、おしゃぶりを長期に使用すると噛みあわせに悪い影響が及ぶと述べています。特におしゃぶりを使用している子供は使用していない小児と比較すると、上顎前突開咬(かいこう)および乳臼歯交叉咬合の発現率が非常に高いとのことです。開咬とは、おしゃぶりを加えている口の形が癖になってしまい、上下の歯がしっかりと閉じない状態のことを指します。

その結果、前歯で食べ物を噛みきれなかったり、正しく発音ができなかったりする弊害が生まれる可能性があります。こうした傾向は、1歳6ヶ月、2歳の時期であれば、おしゃぶりの使用をやめて改善されますが、乳臼歯が生えそろう2歳半、さらに3歳過ぎまで使用し続けると、噛み合わせの異常が改善されず、そのまま残り続けることになります。よって、小児歯科学会は2歳までにおしゃぶりの使用をやめるようにと提言しています。

2. 赤ちゃんとのコミュニケーションが減る

おしゃぶりを与えて、赤ちゃんが静かになり、お母さんの負担が減るメリットはありますが、これによって赤ちゃんをあやしたり、抱っこしたりする時間が減るとしたら、大きな問題です。やり過ぎると、あたかも幼児がぐずるからといって、お菓子を買い与えたり、テレビを見せて機嫌をとったりするのと同じパターンになってしまいます。

おしゃぶりをくわえていると赤ちゃんの表情も読み取りにくくなりますから、赤ちゃんが喜んでいるのか、寂しがっているのか、口の動きでは察知することができず、親子間のコミュニケーションの機会も減ってしまいます。赤ちゃんの健全な感情発育のためには、安易におしゃぶりに頼らずに、お母さんとのコミュニケーションをとってあげるようにしましょう。

合わせて読みたい

【レシピ付き】赤ちゃんが喜ぶ美味しい離乳食メニュー
離乳食は、赤ちゃんの食事をミルクから、私たちが普段口にしているような一般的な食べ物へと切り替えるための、いわば「つなぎ」の役割を果たす食事です。赤ちゃんごとに差はありますが、大体生後5ヶ月辺りから離乳食を与える期間(離乳期)に入り、1歳半くらいまでには完了するといわれています。 しかし、ひとく...

メリットはあるが、与え過ぎには注意

親子のふれあい

上記のメリットとデメリットを踏まえて、おしゃぶりは子供の発育時期に合わせて賢く使うとよいでしょう。前述した日本小児科学科は、噛み合わせの観点から発語や言葉を覚える1歳過ぎになったら、おしゃぶりを常時使用しないようにし、2歳半までには使用を中止するようにと勧めます。

噛み合わせの観点から見ると、おしゃぶりだけではなく、指しゃぶりもできるだけ早めにやめたほうが良いとのことです。ですから、そのためにも赤ちゃんとのふれあい、コミュニケーションの時間をできるだけ多くとるほうが良いでしょう。

おわりに

おしゃぶりは確かに便利なアイテムですが、身体的にも感情的にも赤ちゃんが元気に成長するためには、安易にそれに頼らず、賢く用いることが必要です。

ピックアップ

赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...
トイレトレーニング
用語トイレトレーニング 読み方といれとれーにんぐ トイレトレーニングは、3歳ぐらいの子供が行うトイレにいかせるためのトレーニングになります。小さい子供は当然おむつをしています。このおむつから普通にトイレに行けるようになるためのトレーニングです。最初のころは子供がトイレに行...
初めての赤ちゃんと、たくさんスキンシップを取りたいと思う人は多いでしょう。ただ、繊細な赤ちゃんとどのように接す&
22歳。B型。既婚。
現在妊娠9ヶ月。妊娠中の食欲が増す、太りやすくなるを完全になめきっていたため、妊娠前とくらべて20kg近く体重が増加しました。
妊娠の経験を活かし、妊娠中の注意点、妊娠中に必要な基礎知識の記事を担当。
購読はいいねが便利です!
子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

0歳児・新生児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、人気のものは何なのかを知りたいという方が多いと思います。 ここでは、そういった悩みを解消するべく、粉ミルクの選ぶポイントやおすすめの粉ミルクについてご紹介しま...
【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
赤ちゃんの歯磨きのやり方と注意すべきこと
赤ちゃんの歯磨きは、大人の歯と違うので、磨き方も異なります。歯磨きはいつからはじめたらいいのか、また、どのように磨いたらいいのかなどの、磨き方のコツやタイミング、注意しなければいけないことをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに赤ちゃんの歯磨きができます。今回は赤ちゃんの歯磨きのやり方や注意す...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る