とびひにかかったら保育園はお休みさせるべき?

良ければシェアをお願いします。

発疹

子どもはさまざまな病気にかかります。大人になればあまりかからなくなるような病気であっても、子どもにとっては大きなダメージとなることを知っていますか?そのひとつが「とびひ」という聞きなれない病気です。 感染力がとても強く保育園などで誰かがなると、あっという間に広がってしまう面倒な皮膚炎です。今回はそんな「とびひ」について取り上げましょう。

スポンサーリンク

とびひってどんな病気?

タオルをかぶった子ども

とびひは、「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と呼ばれる病気です。これは、「黄色ブドウ球菌」、もしくは「化膿レンサ球菌」によって引き起こされることの多い病気です。

実は、黄色ブドウ球菌も化膿レンサ球菌も、それ自体はそれほど強いものではありません。どちらも人間の体に常に存在している菌類だからです。ただ、傷などから入りこむと、皮膚の中に細菌が入り込んでしまいます。また顔周りにとびひができやすく、顔がただれてしまいます。そのため、子どもが保育園に行きたがらなかったり、落ち込んでしまったりすることもあります。

「とびひ」という名称で呼ばれるようになったのには、きちんとした理由があります。この菌類に接した手で、ほかの箇所を引っかいたり触ったりすることで、そこの部分にも同じような症状が見られるからです。これが、「飛び火」に似ていることから、この名前が付けられました。

このような特徴を持つことから、とびひは、感染経路が極めて限られています。空気感染や飛沫感染はせず、接触感染で人にうつります。ただし、プールなどで接触したらうつる可能性はありますし、タオルの共有でうつる可能性もありますから注意が必要です。とびひは子ども、特に乳幼児に起きやすい病気です。また、夏場に起きやすい病気としても知られています。

ちなみに、アトピーを患っている人の場合は、そうでない人に比べてとびひになる可能性が高いと言われています。なぜならアトピー状態の皮ふというのは、非常に刺激に弱く、防衛機能も低い状態だからです。このような症状が見られるケースの場合は、日常的な保湿が求められます。

合わせて読みたい

水いぼはつぶす?つぶさない?子どもが痛がらない方法
子どもがなりやすい病気のうちの一つ、「水いぼ」。これを患った時に気になるのが、「水いぼはつぶすべきか、それともつぶさないでおくべきか」ということです。 つぶす場合はどんな方法があるのか、子どもは痛がらないのか、など知らないことばかりではないしょうか。ここでは水いぼとは何か、水いぼの症状、水いぼ...

とびひの症状について

手

一口に「とびひ」といっても、「どちらの菌に感染したか」によってその症状は違います。黄色ブドウ球菌によるものの場合は水膨れを伴うことが多いと言われています。また、この水膨れが膿を持つこともあります。これらがやぶれてびらん症状を呈したり、かゆみを伴ったりすることもあります。ちなみに、「とびひ」のほとんどがこちらに分類されます。

対して、化膿レンサ球菌によるものは、水膨れなどができるのは同じですが、それがかさぶたのような形になることが多いようです。また、熱を伴うことも多いと言われています。ただ、「化膿レンサ球菌によってのみ起こるとびひ」というのは数が少なく、「化膿レンサ球菌と黄色ブドウ球菌、両方の菌に感染している」といったことが多いと言われています。

まれに腎炎などが起きることもありますが、出された薬をしっかり飲み続けることでリスクは下げることが可能です。

合わせて読みたい

りんご病ってどんな病気なの?症状・原因・治療・予防の方法
子どもがかかりやすい病気のうちの一つである「りんご病」は、とても特徴的な様相を呈します。りんご病=ほっぺが赤くなることは知っているけど、どんな病気かは実は知らない・・・という方は多いのではないでしょうか。 今回はりんご病の症状から治療法、また予防に関してご紹介していきます。 りんご病って...

とびひ、保育園に行っていいの?それともだめ?

保育園

「とびひのときに保育園に行っていいのかどうなのか」――この疑問に対する明確な回答はありません。一応厚生労働省からは「患部をきちんと覆うように注意。また、皮ふがきちんと乾いていたり、湿っている部分が覆えたりする程度ならば保育園などに行くことに制限はない」という見解が出されています。

ただ、実際のところは、「それぞれの保育園によって見解が異なる」というのが本当のようです。何しろ子どもですから、登園のときにはきちんと処理をしていても、それをはがしてしまったり、何かの拍子で水疱が破れたりすることも珍しくはないからでしょう。

とびひは、たしかに基本的には接触感染によってしか感染はしません。しかしその感染力はとても高いですし、患部に触れた手で触れることでどんどん感染が広がっていきます。このことを、まだ小さな子どもに理解させることは難しいのではないでしょうか。そのため、自分の子どもがとびひをかかったのであれば、まずは保育園にその旨を伝えましょう。そしてそのうえで、保育園の判断に従ってください

とびひの治療について

塗り薬

最後にとびひの治療方法について見ていきましょう。とびひの治療において何よりも大切なのは、肌を清潔に保つことです。シャワーやお風呂を使い、肌をきれいに保ちましょう。また、爪も短く切りそろえておき、手洗いも徹底します。これによって悪化する可能性を下げることができます。

また治療には、場合によっては薬が使われることもあります。薬の種類は主に塗り薬であり、抗菌剤がよく使われます。ただ、これでも症状がおさまらない、という場合は、かゆみどめの薬や炎症止めの薬が処方されることもあります。また、ケースによっては、点滴が必要になったり、飲み薬が必要になったりすることもあります。

おわりに

「飛び火のように症状があちこちにうつる」ということからその名前がつけられたという「とびひ」。子ども同士でうつしあうとなかなか大変です。
登園ができるかできないか、というのは保育園によって異なるというのも少し厄介な点ですね。自分の子どもがとびひになったのなら、すぐに保育園に「どうしたらよいのか」を聞くようにしましょう。

ピックアップ

急性気管支炎の症状・原因・治療法まとめ
幼児は風邪やインフルエンザなどがきっかけで、気管支炎を併発するケースが多いと言われています。重症化すると入院し、肺炎にいたってしまうことも。適切に対処するために、原因や症状、治療法などについて確認しておきましょう。 急性気管支炎について 喉から肺につながる気管支に炎症が起きた状態をいいま...
どこまで話せていればいいの?2歳児の発達の目安
小さな子どもを持つ保護者としては、我が子の発達具合が気になるでしょう。同じ年のよその子どもと比べて、成長が遅れていないかどうか心配になることもあると思います。同じくらいの年の子どもが言葉をスラスラ話せるのに、自分の子どもはほとんどしゃべらないと不安になることもありますよね。 ここでは2...

https://tamagoo.jp/childcare/with-child-food-poisoning-fear/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
とびひにかかったら保育園はお休みさせるべき?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る