成長痛は痛い?幼児が成長痛になったときの対応方法

スポンサーリンク

座りながら泣いている子ども
さっきまで元気に遊んでいたのに、「足が痛いよ!歩けないよ!」と、突然泣き始めた子どもの様子がいつもと違うと、心配になりますよね。これはよく耳にする「成長痛」の可能性が考えられますが、幼児と児童ではその原因に若干の違いがあるようです。様子を観察して原因を探り、適切に対応すれば、痛みの緩和を早めることもできるかもしれません。

幼児の成長痛はどこがどう痛くなるの?

川で遊ぶ子どもの足
成長痛は幼児から中高生にかけての「特有の症状をもつ痛み」と捉えられていますが、明確な定義はありません。成長過程にある子どもの、骨の先端にある軟骨部分に障害が出て痛むことから、正式には「骨端症」と呼ばれ、幼児では膝やかかとに痛みを感じる場合が多いようです。

一般的な成長痛の症状と特徴について

夕方から朝方にかけて下半身に痛みがあり、朝起きたら治っているというケースが多いようです。痛くなっても30分から1時間で治まったり、5分で治まった痛みが数分後に再発するのを繰り返したり、子どもによって痛む時間が異なります。痛む場所は膝やかかと、股関節や足の付け根、甲の部分などで、痛みの度合いもそれぞれです。原因が不明な痛みの場合、病院で検査の結果「成長痛」と診断されれば治療は行われず、家庭療養することになります。

幼児に多い成長痛の症状と特徴とは

日中は元気だったのに、夕方から夜になると痛みを訴える傾向があり、夜中、睡眠中にいきなり痛みで泣いて起きるということもあります。膝とかかとに痛がる幼児は多いのですが、膝の裏側や太もも、ふくらはぎなど、下肢の痛みも成長痛と考えられています。完治まで1年以上かかる子どももいれば、1日で痛みがなくなる子どももいるので、その子どもに合わせて対応できれば早期完治が目指せるでしょう。

病院での受診が必要な症状について

家庭で数日間様子を見て、症状が改善されなかったり悪化したりしているようならば、整形外科のある病院で診察を受けましょう。その目安としては、1日中痛みが続く、痛みがひどくなるなど、痛みの改善がない場合、また、歩き方がおかしくなった、足が曲がってきたと思われる場合も受診をおすすめします。病院での診察の結果、特に問題がなければ、生活環境を整えることや心のケアで治る可能性がありますよ。

合わせて読みたい

あんなに小さい赤ちゃんだったのに!【年齢別】子どもの成長を感じた瞬間は?
あんなに小さい赤ちゃんだったのに!【年齢別】子どもの成長を感じた瞬間は?
子どもの成長って本当に早いですよね。ついこの間出産したばかりのように感じますが、育児に追われてドタバタしているうちに子どもはどんどん成長...

成長痛の原因が分かれば家庭で治せる?

芝生で遊ぶ子どもの足
病院で検査しても原因不明とされている成長痛ですが、痛がったり、痛みで遊べずしょんぼりしていたりする子どもを見るのは、パパやママにとってはつらいことですよね。成長痛の原因が生活環境や心の在り方にあるのならば、それを改善することで痛みは治まります。病院の検査では判断できない原因に、当てはまるものがないかを見ていきましょう。

骨端部分のダメージによる膝とかかとの痛み

骨の先端にある骨端軟骨に運動などの筋肉疲労が加わることで痛みが発生することがあります。また、それほど運動しない子どもでも、骨の急激な成長で骨が腱(けん)についている筋肉を引っ張り、骨と腱(けん)の結合している箇所に炎症が生じることで痛みを感じるようになることもあるのです。それが主に膝とかかとの痛みを訴える、幼児の成長痛の原因と考えられています。

本人には判断できない筋肉の疲労

幼児の成長痛は体をたくさん動かした日に起きやすいようです。筋肉も骨も関節も未熟な体で活発に動くことで、子どもは自分で気が付かないうちに疲れをため込みます。これは骨が成長するときの痛みではなく、筋肉の疲労が骨端に負荷をかけすぎたことによる痛みと考えられます。軽いものならば、炎症が治まるまで安静にするだけで回復しますよ。

家庭で判断できる子どもの精神的ストレス

ママの仕事が忙しくなり保育時間が長くなったり、保育園や幼稚園でつらいことがあったりしたときに痛みを訴える子どもがいます。また、弟や妹ができて寂しさを感じるときや皆が自分のことをかまってくれないときに、痛みを感じる子どももいます。精神的ストレスが成長痛の原因となることがあるので、生活の変化や子どもの表情などを観察してみましょう。

合わせて読みたい

6歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
6歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
6歳といえば、子どもとしての基礎が身についてくる時期です。身体的にも精神的にも目ざましい発達を見せてくれるため、驚いてしまう人も多いので...
22歳と18歳の二人の子どものママです。その時にやりたいことを楽しんでやる、楽しい毎日を過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
成長痛は痛い?幼児が成長痛になったときの対応方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る