2歳児の平均睡眠時間って?どれくらい寝るといいの?

良ければシェアをお願いします。

睡眠

子どもにはそれぞれ個性があるため、一概に「このようなライフスタイルを送らなければならない」「○○をしていないのはおかしい」「××ができない子は、何かに問題がある」と言い切ることはできません。ただそれでも、子どもについて「平均的な数字」というのがあります。また、その「平均的な数字」と見比べるような形で、「理想的な数字」というのも算出されます。

今回は、2歳児の睡眠について、「平均的な数字」と「理想的な数字」について見ていきましょう。

スポンサーリンク

2歳児の平均睡眠時間とはどれくらいか

時間

2歳児の平均睡眠時間については、約10.5時間程度だと言われています。日本のこの数字は、スイスに比べてかなり低い数字であると言われています、スイスの場合は14時間程度が平均値となっています。

特に気になるのが、「22時以降に寝る子どもが、意外なほどにたくさんいる」ということです。22時以降にならないと眠らない、という2歳児は、全体の3割を超えており、かなりの多くの子どもが「宵っ張り(よいっぱり)」になっていると言われています。

合わせて読みたい

いつから始める?トイレトレーニングに適した時期と方法とは
赤ちゃんがおむつを必要としなくなると、かつては大人が「おむつはずし」をしなければいけないといわれてきました。しかし、最近では「おむつはずし」ではなく、「おむつはずれ」という言葉が使われるようになりました。つまり、おむつは大人が無理に「はずす」わけではなく、自然と「はずれる」ため、それができるよう...

では、理想的な睡眠時間はどれくらいか?

寝ている赤ちゃん

ただ、「日本の睡眠時間が短いと言われてるが理想的な睡眠時間がどれくらいなのか教えてほしい」と考える人もいるのではないでしょうか。これについては、アメリカの睡眠財団が出した見解がわかりやすいです。

「1歳~3歳くらいまでの子どもの場合、13時間程度の睡眠時間を確保することが望ましい」となっています。スイスの場合はこれを完全にクリアしていますね。

睡眠不足がもたらすものとは

ホルモン

「子どもが寝ないのならば、無理に寝させても・・・」「子どもも元気そうだから、特別早寝をさせる必要はない」と考える人もいるかもしれません。しかしこの考えはすぐに改めるべきです。なぜなら、睡眠時間が足りないことによるさまざまな弊害が起こりうるからです。

睡眠時間が短か過ぎたり夜更かしがすぎたりすると、まず規則正しく起きることが難しくなります。そのため、保護者の活動時間も後ろ倒しになることがあります。こうなると悪循環で、「親が起きている→子どもが寝ない→やっと寝たので親も眠る→翌朝が起きるのが遅くなる」・・・という状況になりがちです。

睡眠が不足すると、人間はうまく成長することができません。成長ホルモンは睡眠中にたくさん放出されています。「寝不足であること」「十分な睡眠時間を確保できないこと」は、子どもの成長を阻害します。

遅くまで起きている子は成長がしにくく、スポーツ面や知能面で遅れをとるようになってしまいがちなのです。私たち大人もまた、睡眠時間が不足をしていると、うまく頭が回らないことがあります。集中力が欠けることもあるでしょう。同じことが2歳児のなかでも起こっているのです。

合わせて読みたい

2歳児のイヤイヤ期を乗り越える7つの効果的な方法
2歳を迎えるにあたって、可愛い可愛いと赤ちゃんの成長を見守ってきたママやパパにとって大きな壁となるのが「イヤイヤ期」です。はじめての妊娠・出産を迎えたママやパパにとっては、はじめて経験することだと思いますが、そんなイヤイヤの原因となる子供の気持ちを知ることがまず大切です。今回は、イヤイヤ期を...

親の生活習慣も見直さなければならない

騒音

親の生活習慣が子どもに直結する、というのはよく言われることです。これは「眠り」にも当てはまります。親の眠る時間が遅くなると、子どももなかなか寝付きません。子どもは親が大好きですし、親から社会性を学んでいきます。そのため、「親が起きている時間は自分も起きている時間」と思ってしまい、夜更かししてしまうのです。

また、大人が起きている場合、そこにはたくさんの「音」が存在します。特に、テレビや音楽を付けている場合、その「音」が邪魔になって眠れない、ということもあるでしょう。子どもに早く寝てほしいのであれば、大人自身の生活を変えることもまた非常に重要なのです。

周囲の環境を整える

アロマ

子どもを早く寝かせたい、ということであれば、まず親自身が早く寝ることを徹底しましょう。そのためには、早めに夕ご飯をとるようにしなければなりません。

朝の7時に起床し、かつ13時間の睡眠を確保しようとすると、18時には寝なければいけません。しかしこれは現実的な数字ではないので、お昼寝をすることになるでしょう。お昼寝の時間は2時間程度と考えます。

ただそれでも、眠り始める時間の理想時間は20時前後です。そのため、夕飯は18時くらいまでにとることは理想的である、とわかります。

もちろん、「毎日絶対にこの時間に眠らなければならない」と考えることは、逆にストレスとなります。ただ、「大人以上に早い時間に食事をとる必要がある」という大前提はしっかりと覚えておいてください。

教育者のなかには、「ぐっすりと眠りたいのであれば、アロマオイルなどを使うのが有効だ。これは副作用もないので、子どもにも効果がある」としている人もいます。

アロマオイルは手軽に買うことができる癒しグッズなので、「保護者への効果」も一緒に期待して、数種類買ってみるのもよいでしょう。

枕元に置くハンカチやティッシュなどに数滴のオイルを落としておくと、「香りが強すぎて気持ち悪い」ということもありません。おすすめのアロマとしては、ラベンダーやゼラニウム、マジョラムなどがおすすめです。柑橘系のさわやかな香りが欲しいのであれば、オレンジなどもいいでしょう。子どもとも相性のよい香りです。

おわりに

子どもが成長する過程で睡眠はとても大事な要素となります。早く寝かせるためには添い寝をしたり、絵本を読み聞かせたり、眠りを誘う音楽をかけたり、と工夫をしながら眠りに導いてあげてください。そして小さいうちから基本的な生活習慣を身につけておきましょう。そうすることで夜になると眠くなり寝てくれる子どもになってくれるはずです。

ピックアップ

足が痛い!? 2歳でも成長痛になる原因と対処法
夜寝ていると子どもの「いた~い!」という泣き声で目が覚めた、ということはお母さんなら経験があると思います。「夜泣きかな?」と思ったけれど、よくよく話を聞いてみたら成長痛の症状だった、なんてことも。2~12歳のお子さんに多いのがこの「成長痛」です。小さい子は大人に比べて痛みに弱いです。そのため、成...
2歳でトイレトレーニングをするメリットとデメリット
子どもが2歳前後になると、オムツ卒業を意識するママも多いのではないでしょうか。早くオムツが外れてほしいと願う反面、「うちの子にはまだ早すぎるかな」と躊躇するなど、タイミングをはかるのが難しいトイレトレーニング。2歳で始めるにはどんな良い点があるのでしょうか? 今回は、2歳でトイレトレー...
2歳児におすすめなおうち遊びとお外遊び12選
2歳児は走ったり、ジャンプしたりとダイナミックに体を動かせるようになり、それと同時に手先も器用になります。体だけでなく心も大きく成長する2歳児。その成長を促すには、どんな遊びや体験をさせてあげるのが良いのでしょうか。今回は2歳児におすすめなおうち遊びと外遊び12選をご紹介します。 心と体の...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
2歳児の平均睡眠時間って?どれくらい寝るといいの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る