初注入!赤ちゃんの発熱時に慌てないように座薬の入れ方を予習しておこう!どこに入れる?タイミングは?

スポンサーリンク

座薬
赤ちゃんや小さな子どもが熱を出すと、病院では座薬を処方されることが多いですね。しかもお医者様からは、「熱が38度以上で、ぐったりしていたり、辛そうで眠れない時に使ってください。」などと言われ、座薬を使うタイミングの判断がなんとも難しく感じてしまいます。そこでここでは、座薬を使うタイミングとその入れ方についてお話をしていきたいと思います。

まずは子どもの発熱について学びましょう

赤ちゃんや小さな子どもが熱を出すと、パパやママは慌ててしまいますね。元気に遊んでいたのに、触ってみたらなんだか少し熱っぽい?なんてこともよくあります。しかし、熱は子どもの身体にとってすべてが悪いものとは限りません。急な子どもの熱でも慌てることのないように、子どもの発熱について学んでおきましょう。

病気になるとどうして発熱するのか

発熱は病気を治そうとする身体の働きです。ウィルスは熱に弱いため、身体がウィルスに感染すると、熱をあげてウィルスをやっつけようとします。それが、身体の発熱するしくみです。ですので、子どもが熱を出したからと言って、むやみに下げようとしてはいけません。身体が病気と一生懸命戦っている証拠ですので、あまり不安がらず、しばらく様子をみることも必要でしょう。

危険な熱~こんな発熱には要注意~

発熱にも様々な原因があり、なかには気をつけなければいけない発熱もあります。生後3か月以内の赤ちゃんの発熱や、暑い場所にいて40度以上の下がらない熱。また、意識がはっきりしない、水分がとれなくておしっこも出ない、苦しそうに呼吸をしている、強い腹痛を訴えている、けいれんをおこしている、などの症状がある場合は重篤な病気が潜んでいる危険がありますので、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

夜間に熱!救急に行く?朝まで待つ?

子どもは夜に具合が悪くなるケースがよくあります。そんな時、まだ子育てになれていないパパやママだと、子どもの急な発熱で夜間の救急外来に連れていくべきか、明日の朝まで様子をみて近くの病院に連れて行くべきか判断に迷ってしまいますよね。そんな時には、厚生労働省や日本小児科学会が、夜間でも電話で子どもの急な病気で困ったときの対処法についてアドバイスしてくれるサービスがあるので、一度調べてみると良いかもしれません。基本的に、水分が取れて眠るようなら様子をみても良いでしょうが、子どもの呼吸が苦しそうだったり、水分も取れなくて脱水症状をおこしているような時には、迷わず夜間の救急外来にかかるようにしましょう。

合わせて読みたい

子どもの急な発熱にびっくり!基礎知識と四つの対処法
小さな子どもの場合、さっきまで外で元気で遊んでいたと思ったら、急に発熱することがあります。そんなときにすぐに病院に連れていったほうがよい...

子どもの熱を把握しましょう。平熱は何度?

子どもは、一般的に大人よりも1度くらい熱が高いと言われています。37度を超えていると、熱があるのでは?と心配になってしまうママもいるかも知れませんが、子どもにとっては平熱より0.2~0.5度くらいしか高くなっていないかも知れないのです。普段から平熱を知っておくことで、具合が悪くなったときにどのくらいの発熱をしているのかが分かるようになります。

平熱はいつに測るのが良いのか?

人の熱は、一日のうちで時間によって変化します。明け方4時くらいが一番低く、午後から夕方にかけてがもっとも高くなり、1度くらいの差が出ることもあります。平熱の測り方としては、起床前、午前中、午後、夜とそれぞれの熱を測り、時間ごとの平熱を把握しておくのがよいでしょう。病院の問診票に平熱を記入する際にも、役に立ちそうですね。

熱っぽいかな?と思った時にまずしてみる事

赤ちゃんや子どもは、部屋の温度や気温が高いだけでも熱があがってしまうことがあります。元気に遊んでいるのに、すこし頬が赤いかな?とか、ふと触ってみたら、あれ?熱っぽい?なんて思ったら、まずは、洋服を一枚脱がせてみる、部屋の中にいたら窓を少し開けてみる、暖房を切る、おむつを替えてみる、などを試してみてください。そのようなふとした事で、平熱に戻ることもあります。

やっぱり熱か!?まずは状態をよく観察しましょう

熱に関して言えば、平熱の体温との差が発熱の目安になると思いますが、やはり朝から38度あるような場合は、その後まだ熱が上がる可能性もありますので病院を受診するのが良いでしょう。また、熱以外でも子どもの状態をよく観察することが大切です。熱はなくてもずっと横になってだるそうにしていたり、食欲がなかったり、咳や鼻水が出ているなどと言った場合は、注意深く子どもの様子をみておいてあげてください。

合わせて読みたい

市販薬で済ませる?病院に受診する?子どもの様子を見極めるポイント
子どもが小さい頃は免疫力が低いためすぐに風邪をひいて熱を出してしまいます。熱があるけれど子どもは元気な時でも病院へ行った方がいいんだろう...
小学生と中学生の女の子2人を持つママです。娘が成長するにつれ、女子トークに花が咲き楽しい毎日を送っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
初注入!赤ちゃんの発熱時に慌てないように座薬の入れ方を予習しておこう!どこに入れる?タイミングは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る