【医師監修】幼児がかかる場合もある?帯状疱疹(ほうしん)の症状・原因・治療・予防の方法

監修医師プロフィール:山中岳先生の写真山中岳 先生

平成8年医師免許取得 東京医科大学病院小児科。

子供の心身の成長に向き合う現場を20年以上経験する医師。経験に加え、日本小児科学会専門医・指導医、日本小児神経学会専門医・指導医、日本てんかん学会専門医・指導医、と数多くの資格を所持。日々、てんかんや熱性けいれんなどのけいれん性疾患、頭痛、発達の遅れ、脳性麻痺など、主に神経疾患のお子さんの診察を行っています。

http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/shoni/staff/294.html

幼児がかかる場合もある?帯状疱疹(ほうしん)の症状・原因・治療・予防の方法

帯状疱疹(ほうしん)とは、帯状に赤いぽつぽつとした発疹や水ぶくれができる皮膚疾患の一つです。以前は、高齢者に多くみられていましたが、最近は幼児でも発症することがあります。私の息子は、4歳の時に水ぼうそうにかかりましたが、6歳の時に帯状疱疹(ほうしん)になりました。なぜ帯状疱疹(ほうしん)になるのでしょうか。その原因と治療方法、予防方法を紹介します。

意外と身近な病気 帯状疱疹(ほうしん)とは

かゆがる子ども

帯状疱疹(ほうしん)は、ヘルペスウイルスの一種であり、体の中にひそんでいた水ぼうそうを発症するウイルスによって発症します。痛みやかゆみは個人差があり、ピリピリと刺すような痛みや、いたがゆく感じる場合があります。一方で痛みよりもかゆみが主な場合や、全く痛みがない人もいます。このような症状が先に現れてから、赤い帯状の発疹や水ぶくれといった皮疹が現れ、症状が続きます。症状は1、2週間でかさぶたとなり、快方に向かいます。

帯状疱疹(ほうしん)は高齢者の病気って本当?

昔は、帯状疱疹(ほうしん)は高齢者の病気とされていました。その理由として、帯状疱疹(ほうしん)の原因の一つが免疫力の低下と加齢によるものだからです。しかし、過労やストレスが引き金となり若い人でも発症する病気です。

また、帯状疱疹(ほうしん)後に神経痛として痛みが残る場合もあります。その原因の多くが発見の遅れです。関節痛や持病と勘違いし、受診が遅くなることがほとんどです。体に異変を感じたら、すぐに受診することがおすすめです。

かゆさと痛さを伴う帯状疱疹(ほうしん)の主な症状

帯状疱疹(ほうしん)とは、どんな病気なのでしょうか。原因は、人それぞれですが、症状としては、初めに皮膚にチクチクした痛みを感じます。その後、だんだんとその場所に赤いぽつぽつとした発疹が出てきます。主に、おなかや背中、胸などが中心にみられることが多いです。

ほとんどの場合、症状が現れるのは、体の左右どちらか一方の神経に沿って帯状に現れるのが特徴とされています(まれに両側性のこともあります)。治り方は、皮膚症状の発疹や水ぶくれがかさぶたになっていきます。痛みは個人差がありますが、数週間から1カ月ほどで治まります。

幼児の帯状疱疹(ほうしん)の発症例について

最近では、幼児でも帯状疱疹(ほうしん)になることがあります。私の息子の場合、夕方ごろに脇腹に痛みを感じ、夕飯ころに発疹ができました。夜間小児科で帯状疱疹(ほうしん)と診断され、軽症ですみました。しかし、帯状疱疹(ほうしん)は、水ぼうそうのウイルスが原因なので、水ぼうそうにかかったことがない人は、水ぼうそうとして発症します。念のためと、学校に行くことが禁止されました。また、乳児がいる家庭では、家庭内感染も気をつけなければなりません。

合わせて読みたい

【医師監修】アレルギー性鼻炎の原因・症状・治療法・予防法まとめ
【医師監修】アレルギー性鼻炎の原因・症状・治療法・予防法まとめ
今や、国民の5人に1人がアレルギー性鼻炎を持っているといわれます。最近では発症の低齢化も進み、子どものアレルギー性鼻炎も多くみられま...

帯状疱疹(ほうしん)にかかる主な原因とは

頭を抱える子ども

帯状疱疹(ほうしん)の原因となるウイルスは、『水痘・帯状疱疹(ほうしん)ウイルス』といいます。このウイルスに初めてかかると、水ぼうそうとして症状が現れます。水ぼうそうが完治した後も、ウイルスは体内の神経節に潜伏しています。しかし、通常であれば免疫が止めています。しかし、あるきっかけでそのウイルスが出てくることで帯状疱疹(ほうしん)を発症します。

疲れやストレスが原因となる帯状疱疹(ほうしん)

帯状疱疹(ほうしん)の原因となるウイルスは、水ぼうそうにかかったことがある人なら誰でも持っている、潜伏した水ぼうそうのウイルスによって発症します。そのため、疲れやストレスなどで、免疫力が低下している時に発症することが多いです。免疫力の低下で復活したウイルスが神経節から出てくることで帯状に発疹として現れます。日常的に疲れやストレスを感じている人は、注意してみましょう。また、ストレスの軽減を心がけましょう。

予防と治療のために免疫力を高めよう

帯状疱疹(ほうしん)にかかわらず、免疫力を高めることで、より健康な日常を過ごすことができます。その免疫力は、免疫細胞と呼ばれ、7割近くが腸で作られているといわれています。免疫力を高めるためには、腸を元気にすることが必要です。『腸内細菌』を増やすことで腸を元気にすることができます。代表的なものとしてビフィズス菌や乳酸菌が入った飲み物を飲むことです。また、発酵食品や食物繊維をとることで腸内環境がよくなります。

帯状疱疹(ほうしん)は一生に一度だけしかかからない?

帯状疱疹(ほうしん)は、一生に一度しかならないといわれていました。しかし、近年では、2回以上かかったという人が増えています。帯状疱疹(ほうしん)直後は、ウイルスに対して強い免疫力が働いているため、再発することはありませんが、数年たち、免疫力が低下したころに再発する人がいるそうです。再発した場合、一度目と違う場所にできることが多いです。一度なったからと安心するのではなく、2度目だからこそできる早期発見と対処があります。

合わせて読みたい

【医師監修】アデノウイルスの原因・症状・潜伏期間・治療法まとめ
【医師監修】アデノウイルスの原因・症状・潜伏期間・治療法まとめ
アデノウイルスとは 「アデノウイルス」は、主に乳幼児~学童に多い、風邪の原因となるウイルスの一つです。感染すると他にもさまざま...
10,8,2歳の男の子のママです。賑やかすぎる毎日を子どもたちと一緒に過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】幼児がかかる場合もある?帯状疱疹(ほうしん)の症状・原因・治療・予防の方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る