【夏に子どもがかかりやすい感染症】ヘルパンギーナの原因・症状・対処方法は?

スポンサーリンク

【夏に子どもがかかりやすい感染症】ヘルパンギーナの原因・症状・対処方法は?

「ヘルパンギーナ」という名前は、ノロウイルスやロタウイルス、インフルエンザなどに比べると知名度は高くないかもしれません。

しかしこれも、子どもがいる家庭ならば気を付けたい病気です。

名前からはどんな病気なのか、ちょっと想像しにくい「ヘルパンギーナ」について丁寧に見ていきます。

ヘルパンギーナはウイルスを原因とする病気

夏の子ども

ヘルパンギーナはウイルス性の喉頭炎です。ただ、ヘルパンギーナの場合、「○○というウイルスによってこの病気が起こる」とは言い切れません。なぜかというと、ヘルパンギーナを起こすウイルスは1つではないからです。

ヘルパンギーナを引き起こすウイルスのなかでもっとも有名なのは、「エンテロウイルス」という属に分類されるウイルスです。ただ、この「テンテロウイルスにもいろいろな種類があります。

「コクサッキーウイルス群」と呼ばれるものによって起こる確率がもっとも高いといわれていますが、それ以外にも、「コクサッキーウイルス」などによって引き起こされることもあります。

このヘルパンギーナは、5月くらいから患者数が増えていきます。そのピークは7月であり、後は緩やかな下降線を描きます。秋に入る9月~10月くらいにはほとんど見られなくなるので、夏に気を付けたい病気だといえるでしょう。

ヘルパンギーナの場合、大人がかかると熱が39度を超えてしまうことがあります。また、妊婦さんが感染することで子どもにも影響が及ぶこともありますので妊婦さんは注意してください。

ただ、それでも大人がかかる率はそれほど高くはありません。1歳台の子どもに頻出する病気であり、かかる人のうち、90パーセント以上が5歳以下の子どもである、といわれています。

ちなみにこのヘルパンギーナは、プール熱や手足口病と同じく「夏風邪」の一種に分類されています。

合わせて読みたい

風邪?アレルギー?1歳の子がかかりやすい病気まとめ
乳児期の赤ちゃんはまだ体内に免疫を持っていないため、大人に比べ病気にかかりやすく、時には重症化するケースもあります。病気を防ぐためにも、...

ヘルパンギーナの症状は?

口が痛い子ども

ヘルパンギーナの症状の特徴として挙げられるのが、まずは「」です。38度以上の高熱が出ることが多いといわれています。

ヘルパンギーナのなかでも特徴的なのは、「水泡」でしょう。ヘルパンギーナにかかると、口のなかが赤くなり、さらにそこに充血を伴う小さな水泡ができてしまいます。

これが破れるときに痛みが起きるため、子どもにとってはとてもつらい症状です。

また、まれにではありますが、熱が出ているときにけいれんが起きることもあります。喉にできものができていて大変痛いため、食べ物を食べたくないと抵抗したり、水を飲むことを嫌がったりすることもあります。食事ができないということで、体力が消耗しやすくなるのも大きな問題です。

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【夏に子どもがかかりやすい感染症】ヘルパンギーナの原因・症状・対処方法は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る