【夏に子どもがかかりやすい感染症】溶連菌感染症の症状・原因・治療・予防の方法

スポンサーリンク

【夏に子どもがかかりやすい感染症】溶連菌感染症の症状・原因・治療・予防の方法

子どもはさまざまな病気にかかります。その病気のなかには、あまり聞き覚えのないものも多く、両親をとまどわせることもあるでしょう。

ただ、子どもの健康を守ってあげられるのは、やはりお父さん、お母さんです。

子どもがかかりやすい病気を知って、しっかり対策を練りましょう。

今回取り上げる病気は、「溶連菌感染症」です。

溶連菌感染症とはどんな病気?

喉を抑える子

溶連菌(ようれんきん)感染症とは、喉に異常をきたす病気です。

喉に異常をきたす原因の大半は、ウイルスによるものです。しかし細菌でも同様の症状を示す場合もあります。その細菌のうちの一つが、「溶連菌」です。

溶連菌感染症を引き起こす溶連菌は、正しくは、「溶血性連鎖球菌」という名称を持っています。これはまず2種類に大別されます。その種類は「α溶血」と「β溶血」なのですが、β溶血はさらにいくつかの種類に分けられます。

一般的に「溶連菌感染症」と言った場合、これは「β溶血のなかの1種類である、A群の引き起こした病気」を指します。

ほかの菌も原因になることはたしかにありますが、可能性としては極めて低いのがその理由です。溶連菌感染症のうちの9割以上が、β溶血A群を原因としています。

また、この溶連菌感染症は特別な病気ではなく、誰でも5回程度は感染するのではないか、と考えられています。

合わせて読みたい

風邪?アレルギー?1歳の子がかかりやすい病気まとめ
乳児期の赤ちゃんはまだ体内に免疫を持っていないため、大人に比べ病気にかかりやすく、時には重症化するケースもあります。病気を防ぐためにも、...

溶連菌感染症の症状を知りたい

発熱

上でもお話しましたが、溶連菌感染症は「喉」を攻撃する症状です。へんとう炎や喉頭炎といった病気も、この溶連菌感染症によって引き起こされます。

これがでると、喉の痛みが強くなったり、喉が真っ赤になったりします。

また、この溶連菌感染症による喉頭炎やへんとう炎は、極めて高い確率で発熱を伴います。38度以上40度未満の熱がでることが多く、病気にかかった人の90パーセント以上にこの症状が見られます。
(ただし、幼児の場合は熱はでにくい、とする説もあります)

この「発熱」や「喉の痛み」は、症状が現れ始めたその日~翌日と、比較的早い段階で見られます。

溶連菌感染症のなかでももっとも特徴的なのは、「イチゴ舌」と呼ばれるものでしょう。これは舌にブツブツとした発疹が発生する症状であり、発病後2日~4日あたりに起きることが多いものです。

また、喉だけにとどまらず、全身に発疹ができることもあります。これも熱と同じタイミングででることが多いもので、顔から体まで場所を問わずにできてしまいます。赤く、かゆみも強いのが特徴です。

これらの異常がすべておさまった後も、溶連菌感染症は「皮ふが向ける」「皮ふが落ちる」といった症状がでることがあります。ただしこれは永遠に続くわけではなく、自然におさまるのでそれほど警戒はしなくてよいでしょう。

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【夏に子どもがかかりやすい感染症】溶連菌感染症の症状・原因・治療・予防の方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る