【医師監修】何歳がなりやすい?手足口病の症状・原因・治療法

監修医師プロフィール:山中岳先生の写真山中岳 先生

平成8年医師免許取得 東京医科大学病院小児科。

子供の心身の成長に向き合う現場を20年以上経験する医師。経験に加え、日本小児科学会専門医・指導医、日本小児神経学会専門医・指導医、日本てんかん学会専門医・指導医、と数多くの資格を所持。日々、てんかんや熱性けいれんなどのけいれん性疾患、頭痛、発達の遅れ、脳性麻痺など、主に神経疾患のお子さんの診察を行っています。

http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/shoni/staff/294.html


手足口病
「手足口病」という病気をご存じですか?お子さんが保育園や幼稚園、小学校に通われている場合にはご存じの方も多いと思います。子どもを中心に、学校など人が密集するところで伝染する夏風邪のようなものです。「風邪なら大丈夫」と思われるかもしれませんが、油断をすると重症になりかねない怖い病気です。今回は新米ママさんのために「手足口病」について一つずつ解説していきます。まだお子さんが学校に通っていない場合には今後の参考にしてみてくださいね。

手足口病とは?

口の周り
手足口病とは文字通り、手や足や口の中に発疹ができてしまう病気です。英名も同様で「Hand Foot and Mouth Disease 」と書き、HFMDとの略称で呼ばれています。2歳以下の子どもの感染率が最も多く、4歳になるまでにはほとんどの子どもに感染経験があるとされています。ウイルス性の感染症で、4歳以上の子どもでも学校などで流行した場合発症することがあるとされています。手足口病のウイルスは数種類あり、それぞれのウイルスで手足口病と同様の症状が出ると報告されています。一度感染すると免疫ができますが、ウイルスの種類がいくつかあるため、以前と別のウイルスに感染すると何回も発症してしまうことがネックとされています。

先述のように手足口病は夏風邪の一種とも捉えられており、感染時期は7月がピークとされています。人が多く集まる場所で感染することが多いため、プールなどでは注意が必要です。数年に一度のサイクルで流行しており、近年ですと2015年に大流行したとのデータが残っています。ほとんどの場合、重症に至ることはないですがまれに症状が進行する場合もあるので注意が必要です。

合わせて読みたい

【医師監修】赤ちゃんに多い?爪がスプーンのように反ってしまう「スプーンネイル」とは?
【医師監修】赤ちゃんに多い?爪がスプーンのように反ってしまう「スプーンネイル」とは?
スプーンネイルとは爪がスプーンのように反ってしまう状態を言います。通常の爪は真ん中が少し膨らんだ形状ですが、スプーンネイルでは膨らん...

手足口病の症状は?

熱で診察
手足口病には代表的な三つの症状が挙げられます。それは「発熱」「咽頭痛」「水疱」の三つです。初期症状は2~3日発熱が見られ、まれにかゆみの症状が出ることがあります。中期症状は初期症状から1~2日たった後で、水疱や発疹が確認されます。水疱や発疹は手のひらや足の裏、膝裏、臀部(でんぶ)、尻、口周り、口の中またはのどの奥にできます。子どもの場合、これらの発疹の痛みやかゆみは大人に比べると少ない場合が多いですが、個人差があります。大人の場合はかゆくてしょうがなかったり、足裏にできた場合には痛くて歩けなくなったりすることもあるようです。また、この他に「下痢や嘔吐(おうと)」と言った症状もあります。以下、それぞれの症状をさらに細かく見ていきましょう。

1.発熱

手足口病患者のうち、3割程度は発熱の症状が見られます。38℃以上の高熱が出ることはあまりなく、38℃以下の熱である場合がほとんどです。長引くこともなく、2~3日程度で治まるでしょう。

2.のどの痛み

発熱に加え、食欲不振などの症状が出ている場合にはのどが痛い可能性もあります。手足口病の発疹は口の中やのどの奥にできることもあるため、それらの影響だと考えられます。

3.水疱や発疹が身体の各所にできる

大きさとしては2~5㎜程度の小さなプツプツとした水疱が見られるようになります。ウイルスの種類によって異なりますが、ほとんどの場合は5~7日でなくなり、かさぶたになることもないとされています。これらの発疹にはあまりかゆみはありません。まれに少しのかゆみを伴うことがありますが、子どもはあまり感じないとされています。

4.下痢や嘔吐(おうと)

手足口病のウイルスには胃腸風邪ウイルスと同種のものがあります。その影響で下痢や嘔吐(おうと)の症状を引き起こすことも考えられます。下痢や嘔吐(おうと)をすると脱水症状を引き起こすこともあるので、その点は合わせて注意しておきましょう。長期間下痢が続くことはないとされていますが、下痢や嘔吐(おうと)が治まらない場合には髄膜炎などの合併症を引き起こしている可能性もあります。ひどい下痢や吐き気が続くようなら、早めに病院へ行きましょう。

合わせて読みたい

【医師監修】【夏に子どもがかかりやすい感染症】ヘルパンギーナの原因・症状・対処方法は?
【医師監修】【夏に子どもがかかりやすい感染症】ヘルパンギーナの原因・症状・対処方法は?
「ヘルパンギーナ」という名前は、ノロウイルスやロタウイルス、インフルエンザなどに比べると知名度は高くないかもしれません。しかしこれも...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る