【医師監修】子どものアレルギーってどうやって気づけるの?卵や小麦粉は食べさせていい?

監修医師プロフィール:山中岳先生の写真山中岳 先生

平成8年医師免許取得 東京医科大学病院小児科。

子供の心身の成長に向き合う現場を20年以上経験する医師。経験に加え、日本小児科学会専門医・指導医、日本小児神経学会専門医・指導医、日本てんかん学会専門医・指導医、と数多くの資格を所持。日々、てんかんや熱性けいれんなどのけいれん性疾患、頭痛、発達の遅れ、脳性麻痺など、主に神経疾患のお子さんの診察を行っています。

http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/shoni/staff/294.html


0歳の赤ちゃんの離乳食がスタートして、かゆみを伴う発疹や皮膚の腫れ、嘔吐(おうと)などの症状があると「もしかしてアレルギー?」と不安になるママも多いでしょう。子どもの食物アレルギーに気づくポイントや食物アレルギーの原因「アレルゲン」になりやすい卵や小麦粉など、食べさせるのを迷う食材との付き合い方についてお伝えします。

子どもの食物アレルギーに気づくには?

食事をする子ども
子どもが食物アレルギーかどうかの見分け方のポイントを確認してみましょう。アレルギーがある場合、なるべく早く治療を始めたほうが経過も良好であり、また重篤なショック症状を未然に防ぐこともできます。該当する症状がある場合は医師の診察を受けましょう。

子どもの皮膚、目、口腔(こうくう)内の症状

食べている途中から顔や口の周りに発疹が出たり、かゆがったりします。ただ塩分の強い食べ物でも赤くかぶれることがあるので、これだけでアレルギーとは判断しづらいですね。同じ食材を食べたときに決まって発疹やかゆみがあればアレルギーである可能性が考えられます。食事中や食後に発疹などが出て時間がたつと消えるのも食物アレルギーによくある症状です。目をかゆがる、口の中に手を入れてかこうとする、唇が腫れる、などもアレルギーの可能性大です。

下痢や嘔吐、腹痛など消化器官の症状

食物アレルギーがある場合、嘔吐、または下痢の症状が出ることがあります。ただ、赤ちゃんはしょっちゅう下痢や嘔吐をするので皮膚症状がないと「食物アレルギー」と判断するのは非常に難しいと言えます。たびたび嘔吐や下痢をするようなら「何を食べてそうなったのか」メモをとりましょう。決まった食材で嘔吐や下痢を起こしているならアレルギーの可能性があります。かかりつけの小児科に相談しましょう。

くしゃみや喘鳴(ぜんめい)など呼吸器に出る症状

アレルギーのある食材を食べると、立て続けにくしゃみをしたり、急に鼻水が出たり鼻詰まりを起こしたりすることもあります。また、呼吸が荒くなったり痰(たん)がからむようにゼイゼイと音がしたりすることもあります。風邪をひいていないのにこのような症状が現れる場合は食物アレルギーの可能性があります。風邪と区別がつかないときは疑わしい食材を別の日に少量試し、やはり同じ症状が出るようなら小児科に相談しましょう。

合わせて読みたい

うちの子もしかして? 猫アレルギーの赤ちゃんの症状と対処方法
うちの子もしかして? 猫アレルギーの赤ちゃんの症状と対処方法
赤ちゃんが生まれると気になるのが、ペットに対してのアレルギーです。特に猫を飼っている人ならば、猫アレルギーになってしまわないか心配になり...

子どもに食物アレルギーが起こる原因は?

母乳を飲む赤ちゃん
10人に1人の赤ちゃんが食物アレルギーを持って生まれてくる、と言われる時代です。しかし原因については未知な部分も多いのが実情です。ここでは食物アレルギーの原因と考えられている事柄について見ていきましょう。

ママの食事は子どものアレルギー予防には関係ない!

妊娠中、授乳中の母親が抗原食物を摂取しないようにしても、子どものアレルギー感作を防ぐことはできないということが分かっています。妊娠中はバランスよくいろんな食材を食べることのほうが大切であると考えらます。

母乳を介してアレルギー症状が起こることも

母親がアレルゲンを摂取した場合、母乳に微量のアレルゲンが含まれます。
アレルゲンが含まれた母乳なんて・・・と、心配になりますが、アレルゲンの量が少ないため、症状も軽くすむことが多いようです。むしろ、アレルゲンが含まれないようにと、独自の判断で食事から特定の食材を除去することは、栄養バランスを損ねることになり危険です。
また、母乳を介してアレルゲンを微量ずつ摂取することによって身体を慣らす目的もありますので、神経質になりすぎないようにしましょう。もし母乳を飲んだ赤ちゃんに発疹が出る、皮膚がカサカサと乾燥するといったアレルギー症状がでたら、必ず医師に相談し検査を受けてください。「母親に除去食が必要である」と医師が判断した場合のみ除去食を実行しましょう

皮膚からアレルギー抗体が作られる

湿疹やかゆみがあってかきむしった場所から、ホコリや食物が付着することによって抗原が作られ、アレルギーを発症することもあります。ハウスダストやダニアレルギー、食物アレルギーにつながることがありますので、赤ちゃんの爪は常に短く切る、スキンケアなどで保湿をはかるとともに、なるべく赤ちゃんの肌に傷をつくらないケアが必要になります。乳児期に湿疹やアトピー性皮膚炎ある子どもは、その後食物アレルギーを非常に高い率で発症してくるということが分かっています。生後すぐから正しいスキンケアをしてあげましょう。湿疹がひどい場合は早めに受診しましょう。

合わせて読みたい

【医師監修】【アレルギーマーチ】次から次へとおこるアレルギーの予防策は?アトピー、食物アレルギー、気管支ぜんそく
【医師監修】【アレルギーマーチ】次から次へとおこるアレルギーの予防策は?アトピー、食物アレルギー、気管支ぜんそく
アレルギーは非常につらいものです。アレルギーを患うと、日常生活でさまざまな制限が出ますし、場合によっては命の危険にまで話が及びま...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
【医師監修】子どものアレルギーってどうやって気づけるの?卵や小麦粉は食べさせていい?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る