娘が初めての生理を迎えるにあたって 準備しておくべきものや母親としての心構え

Gジャンを着た女の子
娘がいつ初めての生理を迎えるのかはとても気になることですね。どのような状況で生理になるのかを想像すると、ドキドキして自分のこと以上に心配してしまったりもしませんか。今は昔と違って、生理になる年齢が早くなっているともいいます。「その日」が来る前に、親として準備するものや、娘に話す内容について考えてみましょう。

スポンサーリンク

初めての生理、前兆はあるのでしょうか

初めての生理を迎える前に前兆があったという人もいれば、全く何の前兆もなく、突然生理が始まってしまったという人もいます。前兆について、一概に語ることはできないのですが、いくつかの主な目安についてご紹介します。

年齢や身長、体重の目安はあるのでしょうか

初めての生理を迎える年齢は10才〜13才が一番多いようです。学年でいうと小学校5年生6年生です。もちろん、4年生で生理を迎える子もいれば、中学生になっても生理が始まらない子もいます。その子の体格にもより、身長145センチ体重42キロ、体脂肪率17パーセントを超えたころが目安とも言われています。体格がよくても生理が来ないこともよくあります。

どのような体の変化がみられるのでしょうか

生理は女性ホルモンを分泌する環境が整ったときに始まります。子ども自身が気がつく前兆としては、胸にしこりや痛みがでてきた、陰部や脇の下に毛が生えてきた、が下着につくなどです。親が気がつく変化としては急激に身長が伸びた、胸が出てきた、骨盤が成長して体に丸みをおびてきたなどです。このような変化が見られると生理を迎える日も遠くはないのかもしれません。

このようなときは受診しましょう

10才未満で始まる生理は「早発月経」とよばれ、病気の可能性があります。主に脳の病気が原因で早発月経になりますが、その場合、生理だけが早いというのはあまりありません。7才になる前から胸がふくらんだり、陰部や脇の下に毛が生える「早発思春反応」も同時に見られるようです。このような場合は一度、病院を受診しましょう。また、15才後半になっても生理がこない場合は、甲状腺機能の低下が考えられるので、一度、内科を受診しましょう。子宮や卵巣異常の場合も考えて、内科で問題がない場合は婦人科も受診するとよいでしょう。

合わせて読みたい

美しさに感動!冬は子どもとイルミネーションへ行こう! おすすめスポット6選
子どもと一緒に行くのにピッタリな全国の厳選イルミネーションスポットをピックアップしてみました。お子さんに壮大なイルミネーションを見せて、心ときめく経験をさせてあげましょう!いつもの遊園地などがパワーアップしているところもあるので、特に楽しめる季節です!少し遠くても、近隣のレジャーや温泉などと...

実際に必要なものはなんでしょう

初めての生理を慌てることなく、落ち着いて迎えられるように実際に必要になるものの準備をして子どもに持たせておきましょう。今は可愛くて便利なものが沢山あります。子どもと一緒に選んでも良いかもしれないですね。

どのようなナプキンが必要でしょうか

初めての生理のときに経血が出ることは少ないです。ほとんどの子は茶色っぽいおりものから始まります。昼用のナプキンを2枚ほど持たせておいたら良いでしょう。濃い色の下着だと、茶色っぽいおりものに気がつかないこともあります。日頃から下着の色も薄めのものにし、おりものの状態が分かるようにしましょう。おりものシートを使っていれば、ナプキンを使うときの練習になります。

生理用のショーツも用意しましょう

生理用のショーツは汚れが落ちやすくなっているなどと機能的にできています。ポケットがついているものもあり、ポーチを持たずにトイレに行けるので思春期の子どもにとっては嬉しいようです。子どもが好きな柄にして、生理がくるのを楽しみに待てるようにするのも素敵ですね。1枚は持たせておくようにしましょう。家に2、3枚あれば生理をいつ迎えても安心ですが、生理を迎えることもなくサイズが変わる可能性もあります。

ナプキンとショーツはポーチにいれて持たせましょう

少なくとも昼用のナプキンが2つショーツが1枚入る大きさのポーチを選びましょう。ポーチの中にビニール袋もいれておくと、汚れた下着をいれられます。タオルハンカチにチャックのついたハンカチ型ポーチもあり、これだと生理用品を目立たせずに持ち運ぶことができます。子どもと一緒にポーチを買いに行けば、生理について話す良いタイミングになるでしょう。

合わせて読みたい

失敗しない塾選びを!6つの比較ポイントで決める
お子さんの学力レベルや、将来の進学プランを見据えた時、それを助けてくれるひとつとして「塾」は重要な存在です。しかし毎月の塾代は決して安いものではありませんし、折角入れたのにお子さんに合っていない等で時間を無駄にしてしまうのは避けたいものです。失敗しない塾選びとは、どこをポイントとして考えるべ...

どのようなことを伝えればいいのでしょう

いつ、どこで、どのような内容を伝えるのか、あらかじめ考えておくと良いでしょう。生理用品を売っているメーカーのホームページには子ども向けに分かりやすく解説しているものもあります。子どもと一緒にホームページを見てもいいですね。子どもが安心して初めての生理を迎えられるように考えましょう。

話をするタイミングについても考えておきましょう

子どもが4年生に進学したとき、10才の誕生日、林間学校の前になどと話すタイミングをあらかじめ決めておくと親も話しやすいものです。子どものほうから聞いてきたときは、詳しく話をするチャンスです。授業でどのようなことを習ったのかをしっかりと聞いて、何を知りたいのかを探り、疑問に答えてあげられるといいですね。

どこで話をするかについても考えておきましょう

できれば1対1でゆっくりと話をしてあげましょう。子どもの表情を見ながら目を見て話ができるとよいのですが、そのような状況に照れてしまう子のようでしたら、買い物に行きながらなどいつもと違う状況で子どもがリラックスできる状態を演出してあげましょう。夜寝る前にベッドで横になって、ゆっくりと話すのもよいでしょう。

どのようなことを話せば良いのでしょうか

生理を前向きに捉えられるように話してあげましょう。生理を迎えるということはきちんと成長しているということで、体が大人の女性になった証拠です。将来赤ちゃんを産むための準備をしているので、望まない妊娠をしないためのことについても話せれば良いですね。自分の初めての生理のときの話をしてあげられると、安心感を与えられるかもしれません。また初めての生理のときは茶色っぽいおりものから始まることが多いことや、ナプキンの使い方、捨て方なども教えてあげましょう。

おわりに

子どもが10才くらいになると、いつ初めての生理を迎えてもおかしくありません。どこで生理になっても大丈夫なように、あらかじめ必要なものを持たせて、話をしてあげましょう。日頃から何でも話やすい関係を作っていれば何も心配する必要はありません。

ピックアップ

もし子どもが学校でいじめられたら…親がするべき対処法6つ
このところ、心が痛くなるようないじめのニュースが続いています。もし、我が子が学校でいじめにあったら、親は誰に相談し、どのような行動をとるべきなのでしょうか。そして、どうすれば最悪の事態に至らぬよう子どもを守り抜くことができるのでしょうか。ここでは、いじめの見抜き方から対処法に至るまで重要なポイン...
スマホは何歳から持たせる? 今どきの子どもたちの携帯事情
スマホの普及率が上がり、スマホを持っている小学生を見かけることが多くなってきました。今どきの子どもたちはいつからスマホを持っているのでしょう。また、何歳から持たせるのがベストなのか、周りが持っているからと言って与えていい?トラブルに巻き込まれる危険はない?持たせるときに気を付けるポイントなど...
修学旅行・林間学校・遠足 遠出をするときの持ち物チェックリスト
子どもが小学校に上がると遠足や林間学校、修学旅行など遠出をする行事が多くなってきます。その際に忘れずに持っていくべきものは何なのか、必要最低限の持ち物は入れたものの、他に持っていくべきものがないか、気になってしまいますよね。どういったものを持っていけば便利なのでしょうか。今回は、遠出をする際に持...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
娘が初めての生理を迎えるにあたって 準備しておくべきものや母親としての心構え
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る